モールス / Let Me In|無料動画をフル視聴【リメイク版】

「ぼくのエリ 200歳の少女」をアメリカがリメイク

映画『モールス』のフル動画を無料視聴する方法を、素早く整理案内。
今すぐ『モールス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Let Me In / アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年8月5日 / 116分 / 制作:Hammer Films / 配給:アスミック・エース


(C)2010 Fish Head Productions, LLC All Rights Reserved.

動画
▼『モールス』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 日本語訳

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『モールス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画を見つける最良の手段!
独自の設定と美しいビジュアルで観客を驚かせるサプライズ満載の映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのも基本的には普通ですが、すでにネット配信はそれ以上に動画視聴スタイルとして認知されてきました。スマホ、パソコン、タブレット、テレビ、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更できるのも魅力のひとつです。「モールス」動画へ直送。

「無料」で感謝!
忘れるべきではないことが一点。あなたが初心者ならばこの無料サービスお試しを受ける絶好の権利が与えられるのです。「モールス」もどうぞ。お楽しみタイムはエンドレスで始まります。でもその前に無料お試しで、あれこれと並んでいるムービー・コンテンツを無料動画的な利用感で満喫して、その旨味の虜になってみませんか。「動画をサービス内で無料で見られるのですか?」この質問は最も頻出して寄せられるものですが、公式でもQ&Aで「大丈夫です」という回答をキッパリしているので、何かの錯覚ではないのは確かです。マット・リーブス監督の「モールス」もアリ。

映画は安全ではないと!
不正な動画は候補外です。それでコディ・スミット=マクフィー出演の「モールス」の視聴はダメです。具体的な悪い事例を頭に入れておきたい人もいるはず。例えば、一見すれば無料で見られる動画でもいきなり邪魔な広告にブロックされ、それを取り除こうとすると関係ないページに遷移し、ウイルス感染…などの極めて悪質なトラップです。自動的に注意喚起アナウンスができればいいのですが無理なので、あなたの基本の判断力と倫理だけが頼りになってきます。「モールス」も正しく。

「モールス」はどこ?
「うわー、こんな名作とか新作もラインナップにあるじゃないか!」これはもう動画を見るしかない状況でしょう。「モールス」へGO。あみだくじみたいにあとはVODを選んでもいいのですが、せっかくなら自分の見たい映画をたくさん配信しているやつを厳選したいものです。それには手掛かりが必要になります。クロエ・グレース・モレッツ出演の「モールス」フル動画を視聴できるデラックスな利便性があるVODはどれか。「一気にパパっと確認するラクチンな方法はないのか」その要望にバッチリ応えるこのページは確認手順を短縮して時間のロスを最小限に。なるべく視聴までテキパキ進むならこれがベター。むやみやたらに公式動画サービスで作品探しに明け暮れるよりも、こちらで動画配信の有無をざっくり監視する方が時短になります。「モールス」はどういうパターンでも何かの選択があるでしょう。作品配信の有無を調べるのにアカウント作成の必要はありません。いつでも誰でも自由にサイトにアクセスして目視調査できます。

見たい動画をメモしよう
あなたの好きな視聴スタイルは「字幕」ですか、「吹き替え」ですか。「モールス」でもそこを選ぶことになると思いますが、これは大きな違いです。下手をすると作品の印象をガラリと変えてしまいます。まるで2種類のバージョンがあるような雰囲気で、選択が慎重になるのも当然。「私は絶対に字幕じゃないと嫌だ」「いや、文字を追いかけるのは面倒すぎるし、吹替の方がいい!」そんな終わりのない論争も映画好き界隈では突発的によく起こります。「モールス」動画にも字幕と吹替の魅力があります。

お試し無料はいつまで?
ハピネスタイムは無料期間によってもたらされます。「モールス」でもそこは重要です。でもその期間は大事な部分であり、しっかり考えましょう。単純にまるまる1か月(31日間)だったら単純明快。考え方が変わって登録した月の最終日でおしまいですというものも。ここが重大。「クロエ・グレース・モレッツ」を眼球に刻み込む余裕もないかも。つまり有効的なスケジュール管理が必死なので、時間のマネジメントが苦手な人は事前に休暇をとれるなどの条件にタイミングを合わせると上手くいくはず。イライアス・コティーズ出演の「モールス」も満喫しましょう。

フェアにオススメします
VODフルコンプリートのチェックサイトであるフルムビバースでは、リチャード・ジェンキンス出演の「モールス」をお勧めするにしてもフェアなレコメンドを最重視。これは常に意識していることです。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「モールス」動画の有無だけではありません。

邪魔な広告は無し!
不満を堆積するべきではないです。動画内に広告ばかりでは「モールス」であっても映画を観ているのか広告CMを見ているのか、わからない状態になってしまいます。とにかくイライラさせるだけの不愉快極まりない経験を与える最低なものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「モールス」視聴を妨げません。問題視されて業界事業者が「良くない」として排除している広告というものがあります。どれもユーザーエクスペリエンスを減退し、満足度を損傷させるものばかりであり、本サイトでもそんな広告とは関わりを断っています。

『モールス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『モールス』無料動画を見る前に

『モールス』のあらすじ


スウェーデン製の傑作ホラー『ぼくのエリ 200歳の少女』を、マット・リーブス監督がリメイク。『モールス』の製作総指揮はナイジェル・シンクレア、ジョン・プタク、フィリップ・エルウェイ、フレドリク・マルンベリ。コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ、イライアス・コティーズ、リチャード・ジェンキンスが物語を彩る。学校でいじめられている孤独な少年オーウェンは、近所に越してきたばかりの少女アビーと出会う。お互いに孤独な2人はやがて心を通わすようになるが、アビーには人には言えない重大なある秘密があった。

『モールス』の感想

フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「モールス」
●『モールス』シネマトゥデイ  
印象的なシーンがたくさんある映画です。中盤あたりで、部屋に入る返事の許可がないと死んでしまいそうになるところで孤独な感情が切なすぎて泣いてしまいました。ラストの暗がりで刑事が浴室に向かうところは初見ではかなり怖かった。リメイク版を見て、スウェーデン版を見ましたが、両方とも、それぞれ違った味を持った、いい映画でした。どちらが好みかは人の感性の問題ですので、ぜひとも見比べてみてください。絶対にベストが見つかるはず。
●『モールス』DAILYMOTION 
「ぼくのエリ 200歳の少女」のリメイク作で、なかなか感動的でした。オリジナル版も良かったですが、本作も素晴らしい。ただ、ハリウッド映画となった本作、なかなか怖いです。あと、なんといってもクロエ・グレース・モレッツがかわいい。怖くて、可愛くて、なんだか不思議な体験にさせてくれる映画でした。観ていない人はぜひ鑑賞をおすすめします。クロエのファンになってしまう危険性があるのだけが、怖い部分ですが…。怖い子だよ、本当。
●『モールス』イオンシネマ 
僕のエリのリメイク版。北欧だからこその良さをどうやってアメリカ映画で演出するのかと、最初は不安しかなかったのですが、全然問題なし。まさかこの監督が今後あんな大作を手がけていくなんて。やっぱり才能があったのか。ザックリ言うと「ぼくのエリ」は詩的雰囲気が強く、「モールス」はサスペンス色が濃い感じかなと、特徴は表現できるけど、本質はしっかりリスペクトしているので、英語がいい人はこちらでOKではないかなと思います。