ライオン・キング(2019)|無料動画をフル視聴【超実写版】

キンク・オブ・エンターテイメント、ここに復活

映画『ライオン・キング』のフル動画を無料視聴する方法を丁寧にレコメンドしてご用意。
今すぐ『ライオン・キング』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Lion King(「ライオンキング実写」) / アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年8月9日 / 119分 / 制作:Walt Disney Pictures / 配給:ディズニー 


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

動画
▼『ライオン・キング』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕も

VOD2 Huluで動画を見る 吹替も

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/03時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ライオン・キング』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

味わえば魅力がわかる!
長年の間、絶大な人気を世界中で集め続けている有名作はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなドラマ性の高いダイナミックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを思いきって活用しましょう。ネット配信は映像の質が低いのではと思っているなら、それは違います。すでにDVDやブルーレイを上回るクオリティが保証されているものもあり、最高体験が約束されています。「ライオン・キング」動画へ直送。

「無料」を嫌う人はいない!
これで満足してはいけません。ファーストユーザーのあなたには無料トライアルがトッピングオーダーができます。超実写版「ライオン・キング」もどうぞ。映画は全てをDVDで揃えています…なんてハイパーリッチは人間はまずいないでしょう。図書館みたいになりますから。これがあれば初使用者に限って節約ポリシーでネット鑑賞が試用できます。「あっけなくサービス終了とかないのかな?」と不安になりますが、実際のところVODが急に使えなくなるような事態はほとんど起こっておらず、運営母体が安定しているものばかりですので、お気にせずに。「ライオン・キング」もアリ。

これは完全アウトです!
不正な動画は候補外です。それで「ライオン・キング」の視聴はダメです。恐ろしい体験談をした人は数知れず。例えば、ただ執拗な広告なんて無視すればいいと思っていてもそうはいきません。サイトにアクセスしているだけで裏では正体不明のプログラムが動作し、PCなどの機器に異常な負荷をかけてクラッシュさせてきます。法令的にも選ぶべき動画は明白です。「ライオン・キング」も健全に。

「ライオン・キング」はどこ?
満を持して公開されて映画館を賑わせたあの熱狂作も、いつの日かはネット配信でお目にかかれ、「ライオン・キング」であろうともVODの出番です。ところが、ラインナップのメンバーが1日単位で変わってしまうのが困りもの(1週間で大きく変化することが多いです)。その全容をキャッチするのは結構骨が折れます。「ライオン・キング」フル動画を視聴できるVODはどれか。VODなんて片手の指ではおさまらない数の種類があり、素人にしてみれば何から手が付ければいいのかわからないものですので、このページのVODレコメンドを参照して、きっかけにすると良いです。対応対象としてカバーしているVODの多様性はトップクラス級。大手からあまり知られていないものまで、多種多様な顔が並びます。「ライオン・キング」はディズニーなので専用サブスクリプションサービスもあります。映画館に勝るものはないというこだわりはわかりますが、VODはそのサポートも可能。鑑賞料金が割引にならないか、調べる価値はあるでしょう。

あなたはどっち派?
外国語映画ならば「字幕」か「吹替」の選択ができるものがあります。「ライオン・キング」でも大事。あなたが好きなのはどれでしょうか。字幕は映像動画に集中できない欠点がありますが、役者の声をそのまま聞けるので演技を純粋に楽しめます。吹替は誰が声をあてるかでクオリティが左右されるのですが、運よく素晴らしい声優陣に支えられていれば最高クラスの別格オリジナルなユニークさが追加されることになります。「ライオン・キング」動画にも字幕と吹替の魅力があります。

ホームシアターのススメ
構築するのは無料ではないですがホームシアターは自宅無料映画館です。「ライオン・キング」も最高級に。もちろんタダでというわけにはいきません。必要な備品は一定数あり、それはそれなりのセッティングが要求されます・プロジェクター機器も安くはありません。しかし、その価格は以前よりは相当にお買い求めやすくなっていますし、「ライオン・キング」のハイクオリティも手が届くのではないでしょうか。

『ライオン・キング』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月21日時点での『ライオン・キング』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ライオン・キング』無料動画を見る前に

『ライオン・キング』のあらすじ


アフリカの雄大な自然を背景にライオンの王子シンバの成長と冒険を描いたディズニー・アニメの名作『ライオン・キング』を、フルCGで新たに映画化。『ライオン・キング』の製作総指揮はトム・ペイツマン、ジュリー・テイモア、トーマス・シューマッハ。監督は『ジャングル・ブック』のジョン・ファブロー。ドナルド・グローバー、ビヨンセ・ノウルズ=カーター、セス・ローゲン、ビリー・アイクナー、アルフレ・ウッダード、キウェテル・イジョフォー、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ジョン・カニ、ジョン・オリバー、JD・マクラリー、シャハディ・ライト・ジョセフなどが声で参加。アフリカの広大なサバンナで、動物たちの王であるライオンのムファサの子として生まれたシンバは、いつか父のような偉大な王になることを夢見ながら成長していく。まだ体は小さいが、心は大きく、幼なじみのナラと一緒に大地を駆け巡る。しかし、ある時、王位を狙う叔父スカーの策略によって父の命を奪われ、シンバ自身もサバンナを追われてしまう。帰る場所は失って、砂漠を放浪することになるが、体力は失われていく。やがてたどりついた緑豊かなジャングルで、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンといった新たな仲間との出会いを得たシンバは、「ハクナ・マタタ」の精神を学び、過去を忘れて穏やかに時を過ごしていく。そのままたくましい大人に成長したシンバは人生を謳歌していた。一方、スカーが支配するサバンナは次第に荒れ果て、生活も苦しくなったライオンたちには存続の危機が迫っていた。そしてシンバが生きていることが伝わり…。

『ライオン・キング』の感想

フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「ライオン・キング」

・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『ライオン・キング』無料ホームシアター 
映像の質量が次元が違うと思う。邦画のCGも最近は頑張っている方だが、これと比べてしまうと桁違いすぎて、敵わないなとあっけにとられる。リアルとかそんな言葉では表現ができない。すでに本物よりも本物で、どうしてこうも圧倒的な細部まで作り込んだコンピューターグラフィックスが実現できるのか、凄まじいテクノロジーに驚愕するばかりだった。いつかはこの映画の古いとか言われるのだろうか。そんな気配はない。
●『ライオン・キング』イオンシネマ 
大地が震えるという例えが正しいかはわかりませんが、まさに劇場がサバンナになっていました。観客の誰もが口にはしないけど、映像に飲み込まれていました。まるでアフリカに行くよりも、アフリカに行った気分になり、これはドキュメンタリーを超えた、疑似アフリカ大自然体験です。なるべく大きい画面で観ないとダメです。ライオンだけではない、さまざまな動物たちが躍動する世界に飛び込めることができて幸せでした。
●『ライオン・キング』TOHOシネマズ
意外性は期待してはいけない。ライオンとキリンが手を組んでハイエナを倒すとか、ゾウの大群が現れてライオンが壊滅するとか、メスライオン同士で愛が芽生えるとか、そんな思いがけない展開はありません。すでにアニメで描いているとおりであり、オリジナルから外れることはありません。細かいシーンで違いがありますが基本は同じ。それでもこの映像大作は心が鷲掴みになるような絶景と感動で押し流される力があります。