燃えよ剣(2021)|無料動画をフル視聴【原田眞人監督&岡田准一主演】

燃えよ剣

いかにして日本の歴史の伝説になったのか

実写映画『燃えよ剣』のフル動画を無料視聴する方法を、ダイレクトにアクセスできるように提案中。
今すぐ『燃えよ剣』を見るなら動画リンクをチェック。
燃えよ剣

原題:燃えよ剣 / 日本(2021年) / 日本公開:2021年10月15日 / 148分 / 制作: / 配給:東宝、アスミック・エース 


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

動画
▼『燃えよ剣』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高水準

VOD2 Huluで動画を見る 初心者有利

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『燃えよ剣』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画鑑賞の始まりの一歩!
映画館に行けなかった人はそれで諦めることはありません。動画配信サービスでもいいのです。邦画を観るうえでそこまで制限はありませんし、ラインナップに困ることもなし。スマホでもパソコンでもテレビでもタブレットでも臨機応変に使えるのでインターネット環境のスタンバイがあればそれで最高を保証できます。「燃えよ剣」を観るなら、まずはあなたの家で動画配信サービスを使っている人がいないかをチェックするのです。それが最初のステップになります。

無料お試しはすぐそこに!
他に身近に誰も動画配信サービスを使っていないのであれば自分で登録するチャンス。原田眞人監督の「燃えよ剣」を見るうえでもこれからは好きなように自分で利用できるということです。次に考えるべきは過去に同様のサービスを使ったことがあるのか。ないなら初回利用者ということになります。そうすると多くのサービスでは無料鑑賞の機会が待っています。お試しトライアルがあるからです。これで「燃えよ剣」を観ても悪いことにはなりませんし、しっかり正規の視聴になるので安心してください。

「燃えよ剣」はどこ?
テレビで鑑賞したいときは接続が少しいろいろあります。最新のテレビだともともとにその機能が備わっているのでそのまま鑑賞できるでしょう。しかし、そうでないときはパソコンを接続してテレビに映像を流すという方法で「燃えよ剣」を視聴することもできます。さらにテレビに専用機器を取り付けて動画配信サービスに対応させることもできます。ゲーム機器を通すというやり方でもいいです。他にも気になるのはどこで配信されているのかということですが、岡田准一主演の「燃えよ剣」の配信先はこのページで一覧にしているので一発でわかります。それでOK。確認したうえで自分が利用していないものをセレクトすると無料に最も近づけます。解約のことを考えることも多いと思いますが、どのサービスでも基本は一緒。専用ページで手続きをするだけです。1分もかからないでしょう。アプリのアンインストールでは意味がないので勘違いをしないようにしてください。「燃えよ剣」を見終わった後に退会をしても怒られることはありません。後でまた再開することもできるので気軽に使用停止してもいいのです。

『燃えよ剣』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『燃えよ剣』は「Netflix」で見られる?


日本映画を山ほど味わいたいときはNetflixでもその役割を果たします。『燃えよ剣』が配信されているときは新作であればトップ画面に告知されますが、オリジナル映画でないと目立たないままにすぐに通知は減ってしまいます。タイトルで検索をするのがベストになってくるでしょう。

『燃えよ剣』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


他に映像化もされている作品であったり、原作があるものの場合はAmazonでの検索に注意。『燃えよ剣』でもそうですが関連作品が山のように登場してしまうのでまずはプライムビデオ限定で検索をするといいです。見放題対象になるのは「prime」の表示があるときだけなのです。

『燃えよ剣』でも不正動画はダメ


現在、日本映画を対象にした不正被害は増加中です。最近はファスト映画など新しい著作権侵害のパターンも出没したりと手口は変化。しかしいつでも最悪なのは完全な違法サイトです。そういうものは『燃えよ剣』を餌にしてスパムに誘導します。アドウェアがすぐに動き出すのでアクセスしただけでその後のネットブラウジングに異変を発生させます。これはウイルスセキュリティ対策ソフトでは完璧には解決できないものになっています。『燃えよ剣』を観るなら公式の空間が何よりもベストです。

▼『燃えよ剣』無料動画を見る前に

『燃えよ剣』のあらすじ


新選組副長・土方歳三の生涯を描き、過去に映画化、ドラマ化もされてきた司馬遼太郎の歴史小説を、『関ヶ原』の原田眞人監督&岡田准一主演の再タッグで新たに映画化。『燃えよ剣』の製作は市川南と佐野真之、エグゼクティブプロデューサーは山内章弘と豊島雅郎。柴咲コウ(お雪)、鈴木亮平(近藤勇)、山田涼介(沖田総司)、尾上右近(松平容保)、山田裕貴(一橋慶喜)、たかお鷹(井上源三郎)、坂東巳之助(孝明帝)、安井順平(山南敬助)、谷田歩(永倉新八)、金田哲(藤堂平助)、大場泰正(七里研之助)、坂井真紀(佐藤のぶ)、山路和弘(佐藤彦五郎)、松村武(松平春嶽)、酒向芳(外島機兵衛)、新納慎也(関白近衛忠煕)、松角洋平(新見錦)、勇家寛子(八木雅)、村本大輔(山崎烝)、陽月華(深雪太夫)、月船さらら(お梅)、村上虹郎(岡田以蔵)、石田佳央(久坂玄瑞)、淵上泰史(桂小五郎)、山村憲之介(吉田稔麿)、渋川清彦(中島登)、阿部純子(糸里)、櫻井麻七(池田屋女中お菊)、三浦誠己(宮部鼎蔵)などが出演する。江戸時代末期。黒船の来航により、日本を取り巻く環境は変わった。もはや自国の中で争っている場合ではない。世界と日本の関係を考えないといけない。しかし、考え方は大きな対立を生む。外国から日本を守るために中心的な基盤となるべく幕府の権力を回復させようとする佐幕派と、天皇を中心にした新政権を目指す討幕派の対立が深まりつつあった。どちらにもそれなりの信念がある。曲げることはできない。社会はこの不穏な情勢を変える、大きな人物を欲していた。そしてそれは現れる。武州多摩の農家に生まれた土方歳三は「武士になりたい」という思いで、近藤勇、沖田総司ら同志とともに京都へ向かう。そこは日本の文化と政治が渦巻く地であり、今も歴史が動いている。芹沢鴨を局長に、徳川幕府の後ろ盾で新選組を結成。規律は厳しく、内部粛清もあるという、とても厳格な組織であった。土方は「鬼の副長」と恐れられながら、あらゆる動きを見せていく討幕派の制圧のため京都の町で自分の持てる力を振るいながら活躍を見せるが…。

・原田眞人監督「1本の映画に収めるには、物語の始まりから池田屋事件までぐらいが精一杯かなと思っていたけど、制作側からはバラガキの時代から土方の最期まで描いてほしいと頼まれ、どうまとめるかがネックでした。その解決策として『関ヶ原』でも行った回想形式を検討していたところ、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ファントム・スレッド』を見て、その意外性のある語り口にピンときました」⇒引用:城びと

『燃えよ剣』の感想(傑作?駄作?)

E:3.3,F:3.8,Y:3.64
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「燃えよ剣」
●『燃えよ剣』無料ホームシアター 
わかってはいたけどわかりにくい。かなりの玄人構成。歴史上の人物を描くため、淡々と話が進んでいくと尺が長めに感じられるので相当に我慢強く観ていかないといけないと思います。エンターテインメントなわかりやすさ重視ではないです。今回もセリフを100パーセント追うことは無理という、それで日本人を名乗れるのかという感じではあるのですが、こういう作風なのでしょうがないです。日本語って難しいなと確認できました。
●『燃えよ剣』フルシンセングミシネマ:f07616 
近藤含め新撰組4人が倒幕派27人を相手に約40分戦ったということで、睨み合いなど小休憩もあっただろうという推測も合わせてのあの映像化。でもあれはあれでいい。真実は確かではないけど、映画としてはいいと思いました。異国に侵略されそうな日本を救うために命を懸けて戦う志士達というカッコよさはいつでも日本を捉えるのか、それとも今の日本の他にやることもないダレている空気が単なる刺激を求めているだけなのか。
●『燃えよ剣』フリーバクマツムービー:M-6
当時の日本は攘夷が多くの人の感情を狂わせていくものでした。そういう時代の中を生きる人間の描き方としてさまざまなアプローチがあるのですが、これはひとりの生き様を見つめているので真面目です。土方歳三の機知に富んだ発想や組織力は面白い。司馬遼太郎なりの解釈で構成された土方の半生ではあるけど、そこに岡田准一のアクションの極みが発動して、もはやスゴイことになっていく。できればドラマでたっぷり観たいものだ。