モンスターズ・ユニバーシティ|無料動画アニメをフル視聴【続編】

ピクサー・アニメ「モンスターズ・インク」の前日譚

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』のフル動画を無料視聴する方法を続編でもレコメンドしています! アップデートし続ける動画情報に注目。
今すぐ『モンスターズ・ユニバーシティ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Monsters University(「モンスターズユニバーシティ」) / アメリカ(2013年) / 日本公開:2013年7月6日 / 110分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 前作:『モンスターズ・インク

httpv://www.youtube.com/watch?v=embed/rDX7lWVbmOg
(C)2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

動画
▼『モンスターズ・ユニバーシティ』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

【×】

【×】

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV
Disney ▼Disney+

▼『モンスターズ・ユニバーシティ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

賑やかに映画を楽しむなら!
自由な発想で独創的な物語をいつも見せるピクサーのアニメーションはそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのも良いです。レンタル店でDVDを借りるのも便利ですが、ネット配信はさらに役に立ちます。家にパソコンやテレビがない人でも安心。スマホを使って、お手持ちのAndroidやiPhoneで鑑賞することができ、自由です。

「無料」より安いものなし!
「なるべく支払いは後にしたい」それならばお試しできます。もちろんお金は無料です。「モンスターズ・ユニバーシティ」のような映画動画をタダで見れるのです。マネーロスを最小限に抑える上でもこのビデオオンデマンドは頼もしいパートナーになってくれます。通常の感覚で言えば劇場鑑賞1回分の料金で動画を観まくれるのですから、破格の安さではないでしょうか。「映画を観終わったら無料期間でも退会できるのかな」「ずっとい続けるわけにもいかないのだけど…」これは最も寄せられる質問ですが、その答えは「大丈夫なので安心してください」です。解約は登録したその日にでもできてしまうので、自由です。ダン・スキャンロン監督の「モンスターズ・ユニバーシティ」もアリ。

間違えるわけにも!
不正な動画ウェブサイトはどんどん取り返しのつかない勢いで悪事を働いており、適法性・実用性の二点で非推奨。ビリー・クリスタル出演の「モンスターズ・ユニバーシティ」もダメです。慢心は命取り。それは大袈裟でもなく、人命とはいかなくても、人生には癒えない傷跡を残すことになることも。個人情報流出は今ではさまざまなプライバシーと結びつき、自分ではコントロールできないくらいの激しさで連鎖反応的に他の犯罪を誘発していき、取り返しのつかないことになります。危ないものはとことん危険充満しているもので動画を見ている場合ですらないわけで、健全動画である方が100倍は安心できるのは自明です。「モンスターズ・ユニバーシティ」も正規ゾーンで。

あなたの選択は自由!
スクリーンデビューした映画もデジタル配信でのカムバックは意外に早いので、自分の頭にメモして狙い撃ちをしましょう。明日は明日の風が吹く。VODも気まぐれなもので、配信作品なんてガラリと変わってしまうことも。場合によっては1日で100作以上が配信終了になるパターンもあります。ジョン・グッドマン出演の「モンスターズ・ユニバーシティ」フル動画を視聴できるVODはどれか。ググってみても表示されるのは一部のVODのみ(YouTubeばかりが推薦されます)。このページならもっと広域にわたって配信可能性の高めなサービスをフェア精神でフリーレコメンドしており、有用性抜群です。相次ぐ新規サービスラッシュについていくのもやっとだったりしますが、フルムビバースはどこよりもバッチリと対応に積極的。2作目「モンスターズ・ユニバーシティ」のようにピクサー作品は無理だと思っているかもですが、そんなことはありません。「見慣れないサービスがあるなぁ」という人はむしろラッキーです。そういう初利用の状態ならば、特別な無料視聴のビックチャンスです。

字幕・吹替、選択は自由
ピクサーアニメーション映画「モンスターズ・ユニバーシティ」でも考えたくなる話です。「やっぱり役者さんの演技の声を聴きたいので字幕は必須だよね~」「字幕なんて省略されて翻訳されているから吹き替えの方が自然だよ」「いやいや吹き替えは芸能人起用で最悪のケースもあるし…」「どうすればいいのかな、全然わからないよ~」そんな喧々諤々のエンドレスな討論もVODには無縁です。どちらがいいかは選択可能(作品によりますが)。映画を英語字幕で見て外国語学習に応用することもできたりします。どちらが間違いということもなく、別の価値があるこそ、双方を体感してこれまで気づかなかった「モンスターズ・ユニバーシティ」の面白さの発見につながるかもしれません。

その動画サイトは使える?
ヘレン・ミレン出演の2作目「モンスターズ・ユニバーシティ」を無料で見ようと思ったら何を考えるべきか。何でもいいわけではないのですが、こちらではダメなサイトに対する注意点を紹介したいと思います。といっても全てをリストアップできないので一部しか述べられません。例えば、「dailymotion」「Pandora」といった大手でも警戒を緩めることはできません。他にも「openload」「mixdrop」「clipwatching」などのリンクベースのサービス群はかなり厄介に増大しています。2作目「モンスターズ・ユニバーシティ」はどういう風に観れますと紹介されていても、そこは違法エリアなのであればただちに引き返してください。しっかり安全環境の場所が代わりに用意されているのですから。

『モンスターズ・ユニバーシティ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年9月2日時点での『モンスターズ・ユニバーシティ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「Disney+」です。

▼『モンスターズ・ユニバーシティ』をさらに知る

ピクサー・アニメーションの人気作『モンスターズ・インク』の12年ぶりとなるシリーズ第2作。学生時代のサリーとマイクがいかにして出会い、怖がらせ屋のコンビを結成することになったのかを描く。『モンスターズ・ユニバーシティ』の製作総指揮はジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、ピート・ドクター、リー・アンクリッチ。幼い頃から怖がらせ屋になることを夢見ていたマイクは、誰にも信念だけは負けない。努力の果てに難関を突破し、モンスターズ・ユニバーシティ怖がらせ学部に入学。そこは最高の学ぶ環境があった。しかし、怖がらせ屋になるには、見た目がかわいすぎるという致命的な欠点に悩まされる日々を送り、バカにされてしまう。これではずっと見下されることになり、夢に遠のいてしまう。そんなある時、マイクは、名家の出身で怖がらせの才能にあふれた見た目の怖さはじゅうぶんのサリーと出会う。マイクはサリーをライバル視するが、自信に充ち溢れたサリーはマイクを見向きもせず、完全に蚊帳の外。夢をあきらめないマイクは、「最恐の怖がらせ屋」を決める怖がらせ大会に思い切って出場するが…。

★『モンスターズ・ユニバーシティ』のスタッフ


監督:ダン・スキャンロン
脚本:ダニエル・ガーソン、ロバート・L・ベアード、ダン・スキャンロン
音楽:ランディ・ニューマン

★『モンスターズ・ユニバーシティ』のキャスト


ビリー・クリスタル、ジョン・グッドマン、スティーブ・ブシェーミ、ヘレン・ミレン、ピーター・ソーン、ジョエル・マーレイ、ショーン・ヘイズ、デイヴ・フォーリー、チャーリー・デイアル、フレッド・モリナ、タイラー・ラビーン、ネイサン・フィリオン、オーブリー・プラザ、ボビー・モニハン

★『モンスターズ・ユニバーシティ』の評価

IMDbRTMETA
7.379%??
映画comY!FM
3.8???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『モンスターズ・ユニバーシティ』の感想

●『モンスターズ・ユニバーシティ』シネマトゥデイ 
サリーとマイクが大学で出会い、コンビを組むまでの話。大学の描写はいかにもアメリカ的。日本では考えられないフリーダムさで、お国柄を感じます。なんでもピクサーの製作陣はきっちり大学で雰囲気などの情報収集をしたとか。でも、最終的な選択こそがこの映画の重要なポイントです。この二人がとる結末は、日本ではありえません。まさに正解はひとつじゃない。たどり着く過程よりも、結果が大事なんだというメッセージ。とても良いです。
●『モンスターズ・ユニバーシティ』CRUNCHYROLL 
落ちこぼれ達が集うサークル「ウーズマ・カッパ」が優勝に向け頑張る姿は王道のキャンパス・ストーリーで素直に応援したくなります。「遠回りしても夢を諦めなければ、いつかきっと満足するものが得られるよ」と言うべき、ポジティブなテーマ性は大人にも子どもにも刺さるもの。相変わらずシナリオづくりが上手いです。これを観ると、1作目の「モンスターズ・インク」の感動がさらにパワーアップします。この大学、どうなったのだろう…。