PLAN 75|無料動画をフル視聴【動画配信はどこにある?】

PLAN 75

この世界は現実にあるのではないだろうか

映画『PLAN 75』のフル動画を無料視聴する方法を、年齢に限らず誰でも理解できるように簡単整理中。
今すぐ『PLAN 75』を見るなら動画リンクをチェック。
PLAN 75

原題:PLAN 75 / 日本・フランス・フィリピン・カタール(2022年) / 日本公開:2022年6月17日 / 112分 / 制作: / 配給:ハピネットファントム・スタジオ 


(C)2022「PLAN75」製作委員会 / Urban Factory / Fusee

動画
▼『PLAN 75』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る フル再生

VOD2 Huluで動画を見る 安定視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『PLAN 75』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !
3.『PLAN 75』動画を視聴

あの密かな話題作もバッチリ!
ある時期にかなり話題性があって注目度も高かった映画でも自分は見忘れてしまったということは起き得ます。そういうときはそのままスルーしてしまわないでメモなどをしておいてビデオオンデマンドサービスでの配信というセカンドチャンスに期待しましょう。これはスマホでもいいのですが、家にあるパソコンやテレビでも鑑賞できます。ネット環境はありますか。であれば今すぐにでもテレビで「PLAN 75」などの映画を視聴するスタイルが実現できます。

無料は年齢を気にせずに!
サブスクリプションサービスの多くで用意されている無料トライアル期間は基本は「PLAN 75」のような映画でも配信されているなら観れますが、その無料期間を適用できるのは誰でもです。条件があるとすれば、年齢や利用スタイルではなく、あなたが初回利用者なのかということだけ。すでにそのサービスを利用している過去があるという痕跡が残っているなら当然ながらトライアルは無しです。早川千絵監督の「PLAN 75」を見る前によく確認をしましょう。

「PLAN 75」はどこ?
とはいえ、自分が過去に利用したかどうかを覚えていないということもあります。そういうときに確認する術は基本は無いです。75歳以上が自ら生死を選択できる新しい制度が施行された近未来の日本社会を描く「PLAN 75」を見るにしても有料はどうしても嫌だという人は確実に使用経験のないサブスクリプションサービスを選択しましょう。倍賞千恵子主演の「PLAN 75」の動画配信についてはここでサービスのどれで扱っているのかをリストにしています。フルムビバースにはステルスマーケティングはありませんし、難しいステップを踏ませることもないです。他サイトでは「PLAN 75」の動画を紹介すると見せかけてアンテナサイトなどに誘導するリンクを大量に仕込んでいるものもありますが、ここにはゼロ。広告だってバナー表示はさせていません。

『PLAN 75』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『PLAN 75』は「Netflix」で見られる?


Netflixは新作映画の配信は話題作ならアナウンスをしますが、全部ではないです。『PLAN 75』がいつの間にか配信されていたということもあり得るでしょう。そういうときは迂闊に勘違いをしないようにしっかりチェックを入念にするということを徹底してください。

『PLAN 75』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonの『PLAN 75』配信の有無は少し面倒な確認を要することもあります。デジタル配信と言ってもレンタルやセルなどの形式では見放題ではないので、トライアル中でも無料にはなりません。これに関しては誤解をしないようにしてください。理解していない人もたまにいます。

『PLAN 75』でも不正動画はダメ


不正サイトを利用してしまう高齢者も案外といます。『PLAN 75』を見ようと何気なく検索すると違法サイトにアクセスしてしまうということが起きるのです。残念ながらそういう危ないサイトは簡単に検索に表示されます。大事なのは安全なオフィシャルの動画配信サービスなどを常時利用するということです。『PLAN 75』も動画に集中できるようにプランニングをしっかりして臨みましょう。

▼『PLAN 75』無料動画を見る前に

『PLAN 75』のあらすじ


長編デビュー作となる早川千絵監督が、是枝裕和監督が総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一編として発表した短編「PLAN75」を自ら拡張して長編化。75歳以上が自ら生死を選択できる制度が施行された近未来の日本社会を舞台に、その制度に翻弄される人々の行く末を映し出し、年齢による命の線引きという倫理観を揺るがすセンセーショナルな題材を細やかな感情の変化を表現する演出とともに描いた。初長編監督作にして第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品し、初長編作品に与えられるカメラドールのスペシャルメンション(次点)に選ばれた。『PLAN 75』のエグゼクティブプロデューサーには小西啓介、水野詠子、國實瑞惠などが名を連ねる。倍賞千恵子(角谷ミチ)、磯村勇斗(岡部ヒロム)、たかお鷹(岡部幸夫)、河合優実(成宮瑶子)、ステファニー・アリアン(マリア)、大方斐紗子(牧稲子)、串田和美(藤丸釜足)などが名を連ねる。少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。高齢者を支えるだけの基盤はほとんど成り立たなくなってしまった。そこで満75歳から生死の選択権を与える制度「プラン75」が国会で可決・施行されることになる。75歳になれば生死を自分で決定することになるという、内容はそのままのものであった。当初はそのセンセーショナルな中身ゆえに様々な議論を呼んだものの、超高齢化社会の問題解決策としていつの間にか議論はどこへ行ったのかその制度は世間に受け入れられて社会に佇んでいた。夫と死別し、ひとり静かに暮らす78歳の角谷ミチは、ホテルの客室清掃員として地道に働いていたが、ある日突然、高齢を理由にあっけなく解雇されてしまう。もはや高齢者ひとりで生きていくにはじゅうぶんな余裕はない。このまま将来の希望もなく、選択肢は乏しい。生活の基盤である住む場所すらも失いそうになった彼女は、「プラン75」の申請を検討し始める。「プラン75」くらいしか自分に決められるものはない。今も他の高齢者も多くはそうした制度を利用しているという話であった。一方、市役所の「プラン75」申請窓口で働くヒロムや、死を選んだお年寄りにその日が来るまで事務的な範囲でサポートするコールセンター・スタッフの瑶子らは、この社会で静かに常識のように根付いてしまっている「プラン75」という制度の在り方に疑問を抱くようになり、心がかき乱されていく。満75歳から生死の選択権を与えてしまった世界はどこへ行くのか。

・早川千絵監督「日本は今後、どんどん弱者を排除していく社会になるのではないかという危機感が募りました。社会に問題提起するための道具としてこの映画を作ったわけではなく、自分の心が強く動いたことを映画で表現したかったんです」⇒引用:FRaU

【タイトルミスしていませんか?】
「プラン75」

『PLAN 75』の感想(傑作?駄作?)

E:3.5,F:3.8,Y:3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「PLAN 75」
●『PLAN 75』無料ホームシアター
これほどまでに高齢者の心を惹きつけている映画はあっただろうか。映画館が高齢者で埋め尽くされていたのですが、圧巻の光景でした。同時にそんな客層がこの内容の映画を観ているのがまた不思議です。やはり高齢者が社会に黙殺どころか社会死という体裁で終焉を押し付けられるような事態にはどの高齢者も関心はあるのだと思います。今は高齢ではない人でもこの映画で描かれていることを他人事とみなせるでしょうか。無視ができるのは裕福な人だけです。
●『PLAN 75』フルプランシネマ:f07740
倍賞千恵子の演技がリアルであっけにとられた。死を選択したミチの残された僅かな時間をケアするコールセンターのオペレーターを演じる河合優実の演技も短くボリュームは少なめだがしっかりしている。この作品はエンターテインメント性はない。わかりやすいサスペンスもない。そういうお子ちゃま的な娯楽は皆無なのでこの映画を退屈と思ってしまう人はそもそもマッチしていない。無理をして背伸びしなくてもいいので今はこの映画を見なければいい。いずれ現実で直視するだろうが…。
●『PLAN 75』フリーコウレイムービー:P-15
PLAN75自体はほんとに胸が悪くなる制度としか言いようがないのですが、こういう国民の議論がままならない中で進められた仕組みというのはこの日本にはいっぱいある。たいていの国民はそもそも制度の仕組みも理解していない。マイナンバーだってそうで、なぜこれが必要で何に使われているのかはよくわかっていない。でもマイナポイントがどうとかで推奨され、マスコミもその政府の広報に忙しい。本当に国民は何もできないのだと思い知らされる。