シャークトパスVSプテラクーダ|無料動画をフル視聴【2作目】

シャークトパスVSプテラクーダ

驚異の対決!「シャークトパス」のシリーズ第2弾

映画『シャークトパスVSプテラクーダ』のフル動画を無料視聴する有用な方法を、広告に邪魔されずにアナウンス。
今すぐ『シャークトパスVSプテラクーダ』を見るなら動画リンクをチェック。
シャークトパスVSプテラクーダ

原題:Sharktopus vs. Pteracuda / アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年1月6日 / 88分 / 制作: / 配給: / 前作:『シャークトパス』 / 次作:『シャークトパスVS狼鯨


(C)2014 Emerald City Pictures, LLC All Rights Reserved

動画
▼『シャークトパスVSプテラクーダ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!

Videomarket ▼ビデオマーケット
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『シャークトパスVSプテラクーダ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使用できないものは薦めません!
大作や有名作ではないけれど、根強いファンを獲得しているのがサメ映画です。そんなアバンギャルドな個性派作品をたくさん見るなら、動画配信サービスは心強い味方になります。無数に同じジャンルの映画がある場合でも、このサービスなら大丈夫。一気見するのも簡単ですし、ときには特集を組んで一挙配信していることもあるので、そのタイミングを見計らえば、毎日のように映画三昧な日々をおくれます。試す価値は大いにあります。ロバート・キャラダイン出演の「シャークトパスVSプテラクーダ」動画へ直送。

「無料」で感謝!
コナン・オブライエン出演の「シャークトパスVSプテラクーダ」もどうぞ。オンライン動画配信サービスは当然有料で巣が、その動画を無料で見るという機会もあります。それは無料トライアル。これは一定の期間だけ無料になるというもので、初回利用者であればそのメリットを堪能できます。ケビン・オニール監督の「シャークトパスVSプテラクーダ」もアリ。

「シャークトパスVSプテラクーダ」はどこ?
リブ・ヒリス出演の「シャークトパスVSプテラクーダ」へもGOです。重大な問題として懸念しないといけないのは動画配信サービスのうちどれを利用するべきかということ。ケイティ・サボイ出演の「シャークトパスVSプテラクーダ」フル動画を視聴できるVODはどれなのかウロウロと気になると思います。しかし、無駄に探し回る必要性はもうありません。クレイジーな異種生物バトルが展開されるサメ映画「シャークトパスVSプテラクーダ」を無料で!という需要はわかっています。そしてここでその配信のサービスを整理しています。もう時間を浪費しなくていいのです。もし解約に不安があるなら、その心配もわかります。登録してもやめることはできないのは誰でも嫌なものです。しかし、サブスクリプションビデオオンデマンドはたいていはシンプルな解約手段になっているので、解約ができないことにはならないでしょう。

『シャークトパスVSプテラクーダ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『シャークトパスVSプテラクーダ』は「Netflix」で見られる?


サメ映画は扱いが低いと思いますか。いいえ、そんなことはありません。『シャークトパスVSプテラクーダ』含めてなかなかひょっこり配信されているものです。まずはタイトルで調べてください。変な長いタイトルであっても間違ったりしないようにしてください。サメ映画が待っています。

『シャークトパスVSプテラクーダ』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


動画としてのクオリティもじゅうぶんで、サメ映画のCGの粗さまでくっきり映るAmazonもどうですか。『シャークトパスVSプテラクーダ』はときどき不意に配信されたり、配信が終わったりするものなので、その点の安定性は保証できません。観れるときに観ることでサメ映画に人生を捧げられます。

『シャークトパスVSプテラクーダ』でも不正動画はダメ


不正な動画サイトの魂胆は見えていますが、ウイルスセキュリティソフトでそれをコントロールできるとは思わないでください。『シャークトパスVSプテラクーダ』の動画でも違法は違法であり、そんな場所にある動画はあなたを危険に沈めます。セキュリティ対策もあまり意味がありません。動画再生はアクティブな動作なので自分で実行したかたちになってしまい、結局は不正に同意したとみなされます。『シャークトパスVSプテラクーダ』でもそこは注意です。

『シャークトパスVSプテラクーダ』配信ログ

  • 2020年4月21日時点での『シャークトパスVSプテラクーダ』の動画配信
  • 「ビデオマーケット」「Rakuten TV」です。

▼『シャークトパスVSプテラクーダ』無料動画を見る前に

『シャークトパスVSプテラクーダ』のあらすじ


2010年にアメリカのSyfyチャンネルで放送されたテレビ映画「シャークトパス」のシリーズ第2弾で、人喰いザメと巨大タコが合体した「シャークトパス」と、古代翼竜プテラノドンと獰猛魚バラクーダが合体した「プテラクーダ」の死闘を描いたモンスターパニック。『シャークトパスVSプテラクーダ』の製作はロジャー・コーマンとジュリー・コーマン。監督はケビン・オニール。ロバート・キャラダイン、ケイティ・サボイ、リブ・ヒリス、コナン・オブライエンなどが出演する。シャークトパスの恐怖が過ぎ去ってから数年後。世界は脅威のサメモンスターの恐怖を覚えていたが、別の猛威に苦しむことになる。アメリカ軍が開発した軍事用合体生物兵器プテラクーダが突如として制御を失い、人間たちを襲い始めた。自分の兵器にやられる人間たち。このままでは自分たちの愚かさで死んでいくことになるという屈辱的な敗北で人類は終わってしまう。一方、海洋学者ロレーナは死滅したはずのシャークトパスの卵を発見し、その成長を見守るために秘密裏に飼育していたが、その事実が発覚してしまう。これは千載一遇のチャンス。この存在によってこの危機を脱することができるのではないか。それは新たな奇策になるのか、それとも愚かさの上塗りになってしまうのか。しかし、今の人類にはそんなことをいちいち精査しているほどの脳みそはなかった。国防省はロレーナが育てたシャークトパスに目をつけ、プテラクーダを倒すべく対決を促して送り込む。

『シャークトパスVSプテラクーダ』の感想(傑作?駄作?)

E:3.0
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)
「シャークトパスVSプテラクーダ」
●『シャークトパスVSプテラクーダ』無料ホームシアター 
上半身がサメで下半身がタコ。ゆえに「シャークトパス」。これはわかる。でも「プテラクーダ」って何?と思ったら、翼竜プテロダクティルス(プテラノドン)と魚であるバラクーダ(オニカマス)の合体なんですね。陸海空とすべての場所を制覇した最強なる生体兵器とありましたが、それって強いのか? 互いの長所を打ち消し合っているだけでは。そんな疑問を持ったあなた。ぜひこの映画を視聴してください。驚愕の対決ですよ。ウソ…ではないはず。
●『シャークトパスVSプテラクーダ』フルプテラシネマ:f00154
サメとタコの合体生物ということでおなじみシャークトパスシリーズの2作目。前回でビーチを恐怖に陥れたシャークトパスが今回は翼竜と魚の合体生物であるプテラクーダと戦うという「なぜ」が100回は頭をよぎる誰得映画。なんかモンスターが増えたせいか前回よりもCGの粗さが凄く気になるのですが、人員が足りないのでしょうか。ならなぜモンスターを増やしたんだ。とにかくどれだけたくさんツッコめるかが重要な映画ですので、こっちも勝負です。
●『シャークトパスVSプテラクーダ』フリーシャークムービー:P-12  
他のサメ映画のシリーズに較べると、笑い所が割とあるので気軽に他人にお奨め出来るタイプのサメ映画。パニック映画というよりもコメディ映画のような扱いになりつつあるのが若干の心配を誘いますが、たぶんその方向性でいくのでしょう。前作で死んだかと思いきや、子供が生存していた事で復活を遂げるシャークトパス。でも、チビシャークトパスが可愛いです。一番の謎は、シリーズを追うごとにシャークトパスに愛着を感じ始める現象ですよ。