シャークトパスVS狼鯨|フル動画を無料視聴【3作目】

シャークトパスVS狼鯨

陸でも大暴れ!「シャークトパス」シリーズ第3弾

映画『シャークトパスVS狼鯨』のフル動画を無料視聴する関連作込みの方法を、広告に覆い隠されることなく誰でもわかるように紹介。
今すぐ『シャークトパスVS狼鯨』を見るなら動画リンクをチェック。
シャークトパスVS狼鯨

原題:Sharktopus vs. Whalewolf / アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年1月6日 / 87分 / 制作: / 配給: / 前作:『シャークトパスVSプテラクーダ


(C)2015 Emerald City Pictures, LLC All Rights Reserved

動画
▼『シャークトパスVS狼鯨』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る ポイント動画

VOD2 Huluで動画を見る 機能充実

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/26時点。

Videomarket ▼ビデオマーケット
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『シャークトパスVS狼鯨』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使っていない人にこそ刺さる!
どんな有名監督の映画よりもコアなファンが住み着いているのがサメ映画です。そんな話題だらけの作品を可能な限りお得に観るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。レンタル店でDVDを借りる以上に簡単に動画を観れますし、なによりジャンルをまとめて表示して作品を一覧にできるものもあります。なかには一挙配信として特集を組んでいるものもあるので、浴びるように特定の映画を観たいという人ほどオススメしやすいものです。キャスパー・バン・ディーン出演の「シャークトパスVS狼鯨」動画へ直送。

「無料」より安いものなし!
予想外のクレイジーなサメバトル映画「シャークトパスVS狼鯨」もどうぞ。おカネはないですという人のために朗報もあります。それは無料期間というものであり、これは見逃しておくのはまるでマヌケな話になってしまいます。オンライン動画配信サービスはこのビギナーメリットがあるからとても順調な勢いで利用者を増やしているのです。ケビン・オニール監督の「シャークトパスVS狼鯨」もアリ。

「シャークトパスVS狼鯨」はどこ?
ジェニファー・ウィンガー出演の「シャークトパスVS狼鯨」へもGOです。躊躇うようなものは何もありません。しかし、動画配信サービスの場所だけはしっかり把握をしておいてください。キャサリン・オクセンバーグ出演の「シャークトパスVS狼鯨」フル動画を視聴できるVODはどれなのかを最優先検討事項にしつつもどうなんだと気になると思います。ここではアイコンで整理しています。つまり、文字を読む必要性さえもないということです。視覚的に一発でわかるわけですから、苦労はないと言えるでしょう。「シャークトパスVS狼鯨」を観れる場所は変わっていきます。今日と明日では違うものになっていくでしょう。そこで動画配信サービスの変動に対応するべく、こちらでも手動で丁寧に調整をしています。雑な対応にはなっていませんので、リンクミスが起きることもほぼありません。

『シャークトパスVS狼鯨』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『シャークトパスVS狼鯨』は「U-NEXT」で見られる?


サメ映画も欠かすわけにはいかないというサメ欠乏症の人にもU-NEXTはぴったりかもしれません。『シャークトパスVS狼鯨』を探すにはタイトル検索で。このサービスの場合は見放題とポイント購入の2種類が混ざって存在しているのでその違いを誤解しないようにしてください。

『シャークトパスVS狼鯨』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonはサメ映画を排除しているわけではありません。『シャークトパスVS狼鯨』を見つけるときはタイトルで調べるのですが、まずは映画だけに絞るために上部の検索で「prime video」などと限定して検索をしましょう。これで見放題作品を優先して表示するようになります。

『シャークトパスVS狼鯨』でも不正動画はダメ


言わないといけないことではないのですが、注意を繰り返すと、『シャークトパスVS狼鯨』を違法動画で見ようというのは絶対にダメなことです。これは不正ですし、法律に違反します。知らなかったというのは理由になりません。サメに襲われるよりも痛い目に遭ってしまうだけということを覚えて自覚してください。『シャークトパスVS狼鯨』はダメであるけど他の映画ならいいということも基本はありませんので肝に銘じておくべきです。

『シャークトパスVS狼鯨』配信ログ

  • 2020年4月20日時点での『シャークトパスVS狼鯨』の動画配信
  • 「ビデオマーケット」「Rakuten TV」です。

▼『シャークトパスVS狼鯨』無料動画を見る前に

『シャークトパスVS狼鯨』のあらすじ


B級映画の帝王ロジャー・コーマン製作による人気モンスターパニック「シャークトパス」シリーズ第3弾。『シャークトパスVS狼鯨』の製作はロジャー・コーマンとジュリー・コーマン。監督はケビン・オニール。キャスパー・バン・ディーン、キャサリン・オクセンバーグ、イギー・ポップ、ジェニファー・ウィンガーなどが出演する。アメリカ軍が生んだサメとタコの合体生物兵器シャークトパスは驚異の進化を遂げ、水中という行動制限から解放されて、海から陸へと飛び出して人間界をパニックに陥れた。もはや手が付けられない進化の勢い。こんなことになると予想しなかった人間が愚かなのであるが、そもそもサメとタコが合体できるのだから何でもありである。そんな中、マッドサイエンティストの手により、クジラ科の中で最も凶暴な生物シャチとオオカミの遺伝子を人間に組み込んだ驚異の合体生物「ホエールウルフ」が誕生。シャチとオオカミがどうして合体できるのかは不明だが、人類は過ちを繰り返す生き物だった。またもや新しいバケモノで対抗を考える。シャークトパスを撃退するべくその存在に期待を寄せて、放たれるが…。

『シャークトパスVS狼鯨』の感想(傑作?駄作?)

E:2.4
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)
「シャークトパスVS狼鯨」
●『シャークトパスVS狼鯨』無料ホームシアター
今回のシャークトパスはコメディタッチ強め。ホエールウルフに至っては、ほぼアニメのCGみたい。毎度思うけど、なぜシリーズを重ねるごとにCGがしょぼくなるのか。頑張ってください、製作陣。今回は内容そっちのけでネタに走りすぎてしまってる気がするが、たぶん作り手も頭がおかしくなってきたのだろう。それにしてもなぜクジラとオオカミを合体させたのか。相変わらず理屈で考えてはダメなタイプの映画なので視聴者の耐久力を試してきます。
●『シャークトパスVS狼鯨』フルタコシネマ:f00168 
地球上最大の哺乳類クジラ。その巨体はあらゆる生物を押しつぶすのにじゅうぶんで、水中を縦横無尽に泳ぐ巨体は原子力潜水艦のようなインパクトを与える。対する、地球上で最も頭脳的狡猾な哺乳類オオカミ。一体の力は弱いものの、チーム戦での脅威は恐ろしく、相手を執拗に追い詰めて弱らせる。この2体を合体させたら、どんな生物が生まれるだろうか。その答えはこの映画にある。そして、その姿は私たちの想像を全て凌駕するのだった。
●『シャークトパスVS狼鯨』フリーパスムービー:O-15
ここまでのCGのチープさとギャグを放ってくるサメ映画は中々ないかも。特に狼鯨のデザイン可愛くしすぎだろ! 子供向けのアニメの流用を疑ったくらいだよ! 狼と鯨の融合体だから狼鯨だ!というネーミングセンスもどうなんだ! 邦題もなぜ漢字にしたのか。とりあえず狼鯨が可愛すぎるので、どこかで売ってませんかね。これが非常につまらないとかマジレスする人は、これが面白いと期待していたのですかね? 正気を疑いますよ。
●『シャークトパスVS狼鯨』シャークメタバース:K-11
あのキャスパー・ヴァン・ディーン主演。しかも酔っ払いのクズ船長役。そこだけ楽しみにしてました。相変わらず映像にマッチしない違和感満載の低レベルCG。これ以上良くする気もない開き直りぶりには関心すらしてしまう潔さ。登場人物はイカれた人ばかりですが、きっとこの世界では平均なんだろうな。シャークトパスとホエールウルフの戦いはもはや茶番。しかし、その茶番が見たいという稀有なあなたにお送りする一本なのです。