シン・ゴジラ(2016)|フル動画を無料視聴【シンゴジラも無料で】

日本を再び震撼させた国宝級怪獣映画の復活

映画『シン・ゴジラ』のフル動画を無料視聴する一番オススメの方法を、最速・最新・安全なスタイルで広告ゼロで紹介。
今すぐ『シン・ゴジラ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:シン・ゴジラ / 日本(2016年) / 日本公開:2016年7月29日 / 119分 / 制作:東宝映画、シネバザール / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:82.5億円



(C)2016 TOHO CO.,LTD.

動画
▼『シン・ゴジラ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 完全フル

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/02時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『シン・ゴジラ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの超話題作もネットで!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がある証拠ですが、見ていない人も安心してください。動画配信サービスであればお得に鑑賞できます。ハイクオリティな映像を楽しみたいからネット配信は向いていないと思うなら早計です。これは高画質で配信していますので、DVDと遜色のないスケールの大きい映像を、テレビの大画面でくっきり細部まで見ることができます。もちろんスマホがいいという需要にも対応しています。「シン・ゴジラ」動画へ直送。

「無料」を見逃すな!
「無料ではなく有料だしね…」そんな財布のひもが固い人にも、気持ちを緩めてくれるのがお試しの刺激的な誘惑です。驚異の大ヒットで話題騒然となった「シン・ゴジラ」もどうぞ。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「無料動画は嬉しいけどデマではないのか?」「自分が動画を見れるというのは嬉しい知らせだけど…」そういう疑いもやむを得ません。今の世の中ならなおさらです。でも公式上で問題性はないことを保証済みです。これ以上の健全性はないくらいです。樋口真嗣監督の「シン・ゴジラ」もアリ。

危険はどこまでも深く!
違法な動画サイト等はどういうリスクが想定されるかもわからないので気を付けてください。それで長谷川博己主演の「シン・ゴジラ」の再生はダメです。フィルタリングでもシャットアウトできない数多のブラックサイトは大小はあれど悪影響がいたるところに潜んでいます。本当にそれは手が付けられないものです。サブスクリプションサービスのように整理された安全環境ではありません。広告クリックを誘発させるために、動画再生画面に邪魔な画像を表示させ、閉じようとさせて別ページへ強制移動させるのは常套手段の罠です。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。「シン・ゴジラ」も健全に。

「シン・ゴジラ」はどこ?
「配信ムービーを見物しているだけで、とにかく生で見たい欲がヒートアップ!」だったら解放しましょう。國村隼出演の「シン・ゴジラ」へもGOです。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。竹野内豊出演の「シン・ゴジラ」フル動画を視聴できるVODはどれか。このページにアイコン画像が表示されてはいないでしょうか。それは配信中の可能性が高い(確認が一時的にとれた)サブスクリプションサービスです。つまりすぐに無料動画に移れるかもしれないのです。なければお預けですが。できる限り配信情報は更新されている方が良いに決まっています。こちらでは掲載中の中身がいつまでも同じなんてことはありません。石原さとみ出演の「シン・ゴジラ」でも臨機応変に対応中。ネットだけでなく劇場の大きなシアターでも映画を鑑賞するならば、それでも大きな効力を発揮するものです。シネコンの利用がお得になるサービスをセレクトするのが最善の近道です。

ホームシアターのススメ
ワールドトップクラスのホームシアターは手に入らなくても自宅環境に最適なものを構築することはそこまで不可能な難題ではありません。映像はどんどんクオリティアップで、「シン・ゴジラ」含めて好きな映画がますます好きに。実際にそれをやっている映画ファンもいて、ある程度の資金力があれば実現のハードルは多くを突破できます。これで無料気分でプライベート映画館が完成します。柄本明出演の「シン・ゴジラ」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

『シン・ゴジラ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月8日時点での『シン・ゴジラ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『シン・ゴジラ』無料動画を見る前に

『シン・ゴジラ』のあらすじ


東宝が約12年ぶりに製作した「ゴジラ」シリーズの大作。『シン・ゴジラ』のエグゼクティブプロデューサーは山内章弘、プロデューサーは佐藤善宏、澁澤匡哉、和田倉和利。総監督は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の庵野秀明。監督は『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、國村隼、柄本明、高良健吾、大杉漣、余貴美子、ピエール瀧、KREVA、小出恵介、斎藤工、塚本晋也、前田敦子、犬童一心、古田新太、市川実日子などが出演する。突如、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生。その緊急事態はしだいに混乱していき、対応に迫られる。政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。粛々と進行する政治家たちと官僚。しかし、矢口蘭堂内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、いち早く巨大生物に因している可能性を示すが、そんなわけがないと一笑に付される。ところが、事態は予想をはるかに超える前代未聞の惨劇にまで悪化し、日本は未曾有の危機に直面する。この最悪を乗り越える手段はあるのか。

・アメリカ公開時の英題は「Shin Godzilla」だが、「Godzilla Resurgence」というタイトルも使われている。

・長谷川博己「庵野監督が僕におっしゃったんです。“官僚や政治家の人たちは、一般よりも会話が速いし、そうやって即決・即断していかなければいけない職業なので、このくらい速くしゃべっているのが普通だよ”と。実際に映像を見せていただいたら、本当にあのくらいのスピードでやりとりをされていたので、自分たちもそうしたほうが、リアリティーが出るのだろうなと思っていました」

『シン・ゴジラ』の感想

フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)
「シン・ゴジラ」
●『シン・ゴジラ』無料ホームシアター 
ゴジラ映画の中でも個人的にはベストかもしれない。それくらいやられました。庵野秀明に脱帽です。話題を集めましたが日本人の怪獣魂に火をつけると同時に、これほど派手な大作でここまでの安定感はさすが。今までの子ども向けやオタク向け路線から脱し、万人が楽しい映画に仕上げたのはいいし、余計なこともしていないのもいい。恋愛とか、意味なく事務所ごり押しの俳優を入れるとかそんなことをしなくても面白い映画は作れる!
●『シン・ゴジラ』FILMAGA 
ゴジラが怖い! 街を破壊するシーンの絶望感は凄まじく、観ていて呆然としてしまいました。名シーン、名言のオンパレードです。最初の政治家たちのオロオロな感じもコメディでいいし、そこからの自衛隊の活躍もいいし、何より熱線による絶望感。たまらないですね。ゴジラがしっかり恐怖の象徴になっているのは1作目のリスペクト。やはり震災を経験した日本の中にあるトラウマを刺激できるのはゴジラしかいない。これぞエンタメ邦画の最高傑作。