ザ・ロストシティ|無料動画をフル視聴【字幕でも吹替でも】

ザ・ロストシティ

ジャングルに来ちゃいましたけど!

映画『ザ・ロストシティ』のフル動画を無料視聴する方法を、動画をロストしないように道案内して提示。
今すぐ『ザ・ロストシティ』を見るなら動画リンクをチェック。
ザ・ロストシティ

原題:The Lost City / アメリカ(2022年) / 日本公開:2022年6月24日 / 112分 / 制作: / 配給:東和ピクチャーズ 


(C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.

動画
▼『ザ・ロストシティ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 完全再生

VOD2 Huluで動画を見る 日本語翻訳

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『ザ・ロストシティ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !
3.『ザ・ロストシティ』動画を視聴

映画で脳内をリフレッシュ!
疲れた頭に難しい内容は入りません。なるべくお気楽安易なエンターテインメント・ムービーを流し込んでいきましょう。ビデオオンデマンドサービスにかかればそんなものはお安い御用です。文字通り安くなるだけでなく、家でも簡単に見れるという利便性があります。スマホ鑑賞でもいいのですが、パソコンやテレビなどの多岐にわたる視聴方法をカバーしてくれるのが嬉しい部分でしょう。「ザ・ロストシティ」もどうぞ。

無料はロスト無し?
どうしても無料で見れるという言葉は不信感を感じてしまいます。しかし、ハリウッドの豪華キャストがずらりと集結した笑いだらけのアクションアドベンチャー映画「ザ・ロストシティ」でも何でもいいのですが、無料動画をそうやってトライアルで見ることに関する、何かしらの鑑賞体験の損失はないです。ロストする楽しさはゼロなので、そのままフルパフォーマンスで映画をイチから満喫できるでしょう。サブスクリプションサービスは映画探しという宝物を見つける場所でもあるのです。「ザ・ロストシティ」はあなたの目の前で待っています。

「ザ・ロストシティ」はどこ?
失われた黄金都市ではなく、ここにあるのは半永久的に存在しているビデオオンデマンドサービスの情報。とは言えチェックすることは大切です。サンドラ・ブロック主演の「ザ・ロストシティ」の配信は掲載中のアイコンで調べてください。更新しているので変動はあります。チャニング・テイタム出演の「ザ・ロストシティ」であればそんなに配信視聴は困難ではないと思いますが、ずっとあると思いこむのは危険です。ダニエル・ラドクリフ出演の「ザ・ロストシティ」を観れるからとウォッチリストに保存し続けて、やがては配信が終わっていたことに後で気づくという事態になるとガッカリします。宝物は歩いてどこかへ行ってしまったのです。そうなりたくはないでしょう。

『ザ・ロストシティ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『ザ・ロストシティ』は「Netflix」で見られる?


『ザ・ロストシティ』をNetflixで観られるのか。その答えに関する公式の回答は、作品そのもののタイトルで検索するというサービス内の表示結果でしかわからないことになっています。なので「どうせあるに決まっている」という過信で行動をしないほうがいいです。

『ザ・ロストシティ』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


『ザ・ロストシティ』はよく似たタイトルの映画があるので勘違いをしないように。俳優名でチェックするように意識をするといいでしょう。もしかしたら映画は字幕と吹き替えで分離して扱われているかもしれません。吹替で見ながら字幕を表示させることができるかは仕様によります。

『ザ・ロストシティ』でも不正動画はダメ


念のためにセキュリティの基本を解説しておきます。『ザ・ロストシティ』を見るとか以前にこれは大事です。パスワードは今のアカウント保護の基礎です。間違っても使い回しをしないように。辞書に載っている単語を使う、誕生日や年号などもアウトです。完全に意味のない文字羅列にしましょう。違法動画サイトはそういうありきたりなパスワードを収拾するのが上手いです。すでに把握されていると思ったほうがいいです。なので『ザ・ロストシティ』を見るときも不正サイトは使わず、当然のようにパスも強化しておくべきです。

▼『ザ・ロストシティ』無料動画を見る前に

『ザ・ロストシティ』のあらすじ


サンドラ・ブロックが主演とプロデュースを手がけ、ハリウッドの豪華キャストが集結した笑いだらけのアクションアドベンチャー。『ザ・ロストシティ』の製作総指揮はJ・J・フック、デイナ・フォックス、ジュリア・ガン、マーガレット・チャーニン。チャニング・テイタム(アラン/ダッシュ)、ダニエル・ラドクリフ(アビゲイル・フェアファックス)、ダバイン・ジョイ・ランドルフ(ベス・ハッテン)、オスカー・ヌニェス(オスカー)、パティ・ハリソン(アリソン)、ボーウェン・ヤン(レイ)、ブラッド・ピット(ジャック・トレイナー)などが共演する。恋愛小説家のロレッタは、何を考えても思いつかないほどにスランプに陥っていた。それでも仕事は待ってくれない。新作であるロマンティックな冒険小説の各所をめぐる宣伝ツアーに強引に駆り出され、気分はうんざりだった。しかも、頭痛の種はさらに追加されてしまう。作品の主人公である男性を演じるセクシーなモデルのアランの軽薄で余計な行動が多い態度にいら立ちを募らせるばかり。アランはこのツアーの宣伝ステージでも作者よりも目立っており、ロレッタの居場所は全くない。ファンの女性たちはこのアランに歓声をあげており、作者の自分はお払い箱みたいになっている。そんなテンションも下がりっぱなしのロレッタの前に、謎の大富豪でやたらと仰々しいフェアファックスが出現し、ロレッタに自分が虜になっているものを饒舌に語りだす。フェアファックスはロレッタの小説を読んで彼女が伝説の古代都市の場所を理解したうえであの本を書いていると確信しているようで、そんなのはあり得ないのだが、フェアファックスはフィクションというものを全く整理できていなかった。そして、彼女を薬で眠らせて南の島へとあっさり連れ去ってしまう。その現場を目撃したアランはロレッタを救うべく自分も島へ向かう。ひとりでは助けられないのでプロフェッショナルを呼んだ。それはナイスガイなハンサムで、アランは彼女をその頼れる助っ人と共に発見し、ともに脱出を目指すが、最悪の事態が発生。大自然の過酷な環境の中で思わぬトラブルに次々と見舞われ、追っ手が迫る中でサバイバルをしないといけなくなり…。

【タイトルミスしていませんか?】
「ザロストシティ」「ザ・ロスト・シティ」

『ザ・ロストシティ』の感想(傑作?駄作?)

E:3.1,F:3.4,Y:3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「ザ・ロストシティ」
●『ザ・ロストシティ』無料ホームシアター
俳優の無駄遣いで遊ぶ映画です。チャニング・テイタムのセクシーさが魅力的ながら、そこにブラッド・ピットがバカを加え、ダニエル・ラドクリフが大盤振る舞いで悪役としてふざけ、サンドラ・ブロックは洗濯機の中に入れられた靴下のように手も足も出ずにぐるぐる回っているだけ。こうなってくるとこの映画はジェットコースター。間違ってもアクションアドベンチャー映画ではないので勘違いをしないようにしてください。
●『ザ・ロストシティ』フルテイタムシネマ:f07744
バカバカしくて微笑ましいから嫌いじゃないし、なんだか優しさもある。ブラピ演じるトレーナーのトントン拍子な大活躍も結果的にはフリでしかなく、本命はチャニング・テイタムの純真さである。筋肉だけでは森では生きられないということをその身で体現しつつ、でも心の素直さで人間関係を切り開いていく。お宝さがしとか、ミステリーはどうでもいい要素になっているので、そこを期待せずに、俳優のマヌケさを眺めてほしい。
●『ザ・ロストシティ』フリーサンドラムービー:C-14
この作品でまたブラッド・ピット株爆上がりではないか。ああいう役をできるのはこの人しかいない。どのキャラクターも良いけどロレッタを心配して島まで助けに言っちゃうベスとか、かなり仕事をちゃんとしている人のサポートもあり、創作とかはひとりでするものじゃないというのがよくわかる。ダニエルのこういう変な役をイキイキやってる姿が観られるというのもいい。映画はときには羽目を外さないといけないのである。