トランスフォーマー(2007)|無料動画をフル視聴【1作目】

「トランスフォーマー」シリーズ第1作

映画『トランスフォーマー』のフル動画を無料視聴する方法をストレートにシリーズ作もプラスで紹介。
今すぐ『トランスフォーマー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Transformers / アメリカ(2007年) / 日本公開:2007年8月4日 / 144分 / 制作:Di Bonaventura Pictures / 配給:UIP / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:7億900万ドル / 次作:『トランスフォーマー リベンジ

動画
▼『トランスフォーマー』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 多機能視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/07/04時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『トランスフォーマー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

興奮がおさえられない!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのが良いです。とくにこのサービスはメリットも多いのが特徴。画質を心配しなくても問題ありません。ハイクオリティな映像をDVDとは遜色のない体験で楽しめるので、満足度はじゅうぶん。テレビで見ればスケールの大きい映像を細部まで味わうこともできます。「トランスフォーマー」動画へ直送。

「無料」で感謝!
初回利用者を救済してくれるお得な体験コースを記憶しておきましょう。1作目「トランスフォーマー」もどうぞ。無料がハードルを大きく下げてくれて転びません。これはアカウント作成時点を起点に一定の期間、映画鑑賞などのサービスコンテンツをタダで試用できるもので、これといって制約もないので不自由しません。「解約したい時にできなかったら困る!」「退会というのは素直に自由にできるのだろうか」確かにそのとおりで、お試し期間中は無料でもその間に解約ができないなら半強制的に結局は有料になってしまうので意味ないです。でも任意タイミングで解約可なので大丈夫。マイケル・ベイ監督の「トランスフォーマー」もアリ。

その動画は信用できますか?
不正な動画ウェブサイトはダイナミックに飛び込めば破滅するだけなので適法性・実用性の二点で非推奨。それでシャイア・ラブーフ出演の「トランスフォーマー」の視聴はダメです。「どんな危険があるの? たいしたことはないでしょ?」そういう油断は命取り。あっさりと相手の思うツボになってしまいます。個人情報が盗まれたり、スマホがのっとられたり、そうなってしまえば人生に大きなダメージをもたらします。たかが違法動画サイトでも底なしに恐ろしいのです。肝心の動画は品質最悪なら映画の迫力は激減し、せっかくのハイクオリティも台無しになるだけで何も意味はありません。「トランスフォーマー」も健全に。

「トランスフォーマー」はどこ?
VOD配信のオープン日はその作品のデジタル配信の提供日から推察することも。「トランスフォーマー」へもGOです。これはひとつの素材になってくれます。確実性はないですが判断支援になります。しかし、そう単純にはいかせないのが、サブスクリプションサービスを展開する企業の多さであり、加えて配信作品の状態も毎日変化するという、一筋縄ではいかない複雑さです。ミーガン・フォックス出演の「トランスフォーマー」フル動画を視聴できるジャストなビデオオンデマンドサービスはどれか。「なんかこう一発で判明する方法はないのかな~」はい、ここにあります。簡易的なアイコンだけで一覧整理しているので小難しい解説文を読む必要性は全くありません。安全な動画を保証するフルムビバースは、「トランスフォーマー」でも掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。タイトル名で検索も大事です。

あなたはどっち派?
「字幕」と「吹替」に悶々とするのは時間の無駄です。それぞれの利点は確かにあるので、「トランスフォーマー」だろうとも後は自分の好みだけでチョイスするのでOK。DVDやブルーレイだけの世界でもなく、動画配信サービスにおいてもその翻訳タイプは選択できます。ネット配信が良いのはいつでも切り替えるのも簡単であるということです。中には日本語以外の選択肢もあるので学習教材の代用どころか主流になってくれることも。ジョシュ・デュアメル出演の「トランスフォーマー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、どちらかを強要するようなことはしませんし、その点でもマッチするものをじっくり議論して考慮してみるのもいいでしょう。

ホームシアターのススメ
ホームが無料映画館に変身? あなたはホームシアターを保有してみませんか。「トランスフォーマー」でも映像のクオリティはスマホやパソコンの何十倍に爆増。スクリーンなので映画館と同じ体験ができます。値段もお手頃になってきたので、今度は電機屋などで実物を見て確認するのもいいでしょう。購入意欲とイメージが湧いてきます。レイチェル・テイラー出演の大人気シリーズ「トランスフォーマー」もウルトラ級の快感で。プロジェクター機能などの詳細は各メーカーを調べてください。といってもかなり専門用語のオンパレードです。なので無理に理解しなくてもとりあえずはシネマに特化したタイプを探すといいです。

『トランスフォーマー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月24日時点での『トランスフォーマー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『トランスフォーマー』無料動画を見る前に

『トランスフォーマー』のあらすじ


1980年代から展開されてきた“変型するロボット”をテーマとする玩具・アニメーション・コミックシリーズ「トランスフォーマー」の実写映画。『トランスフォーマー』の製作はドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、イアン・ブライス。監督はマイケル・ベイ。シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、レイチェル・テイラーなどが出演する。自動車、ヘリコプター、戦闘機など地球上のあらゆるマシンの姿をトレースし、人型ロボットへ変形することができる未知の金属生命体が地球に襲来。それはあまりにも前代未聞のことで対処に翻弄される。人類に対してその驚異の能力で変幻自在に社会に溶け込んで侵略を開始されてしまい、なすすべはなかった。そんな時、先祖の探検家が南極で発見した彼らの秘密を、そうとは知らずに保管していたのはなんとごく普通の16歳の少年サムだった。何も知ることもなく、初めて買った自分の車が目の前であり得ないほどの巨大なロボットに変形して、驚愕。あまりの非現実に驚きを隠せない。そして「オートボット」と「ディセプティコン」の間で長年起きてきた激しい戦争に逃げる暇もなく巻き込まれていく。

『トランスフォーマー』の感想

フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「トランスフォーマー」
●『トランスフォーマー』映画無料夢心地
あのくそダサいアニメをハリウッドが映像にしたらこんなことになるんか!っていう衝撃を受けた一作。なんというか、ハリウッド映画化の象徴的存在になった気がする。もうその映像の完成度の高さだけで評価できる映画。車がロボットに変形する時の細部までのCGのクオリティの高さは神がかってる。この変形に全労力を注ぎ込んでいるのは作り手がよく狙いをわかっている賢さといえるでしょう。ドカンドカンと派手にビルや車を破壊するだけでもいい。
●『トランスフォーマー』FILMAGA  
止まらないインフレを見せるトランスフォーマーシリーズが始まってしまった記念すべき一作。当時は凄い映像だと驚愕したが、今、シリーズを見ていくと、一作目はだいぶ抑えられているのが信じられない。なんていったって割と見やすい! そこまで目が疲れない! 全部、相対的な比較ですが。ストーリーもまだスケールが小さく、こじんまりとしていた方です。それがあんなになっちゃうとはね。怖いな~、マイケル・ベイは。まだ監督してるもの。
●『トランスフォーマー』109シネマズ 
ストーリーはあってないようなものだが、変形シーンや戦闘シーンのカッコ良さは男子の心を揺さぶる魅力がある。人間とオートボットが力を合わせて強敵に立ち向かう、その信頼関係に興奮してしまいます。登場するオートボットもそれぞれ特徴があって頼もしいです。子どもに見せれば絶対にドハマりするので、注意です。一度観ただけでは誰が誰だかわからなくなります。でも良いのです。関係ないですから。はい、そんなものです。