海街diary(2015)|無料動画をフル視聴で満足【実写映画】

海街diary

姉妹の交流に世界が心を動かされた名作

映画『海街diary』のフル動画を無料視聴する方法を全部抽出してレコメンド・アイコン化! アンテナサイトのリンクは全く無いです。
今すぐ『海街diary』を見るなら動画リンクをチェック。
海街diary

原題:海街diary(英題:Our Little Sister) / 日本(2015年) / 日本公開:2015年6月13日 / 126分 / 制作: / 配給:東宝、ギャガ

(C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

動画
▼『海街diary』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 初心者有利

VOD2 Huluで動画を見る 良質環境

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2022/02/15時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『海街diary』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

感動作で心動かされる!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら懸命に助け合って生きる人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今では身近になっています。まだ使っていない人でも簡単に開始できるので、初心者だからと尻込みする必要性は全くないので安心してください。実写映画「海街diary」動画へ直送。

「無料」を手にしよう!
綾瀬はるか出演の実写映画「海街diary」も鑑賞のために道は続いています。しかも、無料コースがあるかもしれません。それが各サービスに備わっている無料期間というものです。これはお試しであってもフル動画を観れるので満足度を損なうものではありません。是枝裕和監督の「海街diary」もOKなので、まずは自分がこのサービスの初回利用者であるかどうかを確認するといいでしょう。初回利用者でないならばこの無料期間を試すことはできませんし、そのまま有料でスタートすることになると思います。たいていはクレジットカードなどの情報で判断されるのでそのカードを過去に使用していないかをしっかり把握しておいてください。

「海街diary」はどこ?
広瀬すず出演の感動ヒューマンドラマ映画「海街diary」の動画はどこにあるのでしょうか。ここでは簡易的にお知らせしています。その情報にアクセスするだけなら当然無料ですし、変なコストをかけさせることはありません。夏帆や長澤まさみ出演の「海街diary」フル動画を視聴できるVODは意外にも多いかもしれませんし、最初から諦めるようなことをするべきではないでしょう。鈴木亮平出演の心を揺さぶるヒューマンドラマ実写映画「海街diary」は安心しながら選択できます。ただし、配信は変わるものという常識も忘れてはいけません。ここに掲載されている情報も記事更新時点のものでしかないので、明日や数週間後となるとそのラインナップは変化し、観たい作品を見れるかを保証できる確率は下がってしまいます。そうならないようにこまめにこのページをチェックしてください。このフルムビバースでは更新をするように意識して情報掲載がされています。

『海街diary』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『海街diary』は「Netflix」で見られる?


Netflixのいいところはユーザーに対する親切度の高さ。利便性も高く、勝手に無料期間から有料に移行したりもしないので安心です。『海街diary』を観れるかどうかをタイトルで調べてから近日中に配信終了にならないとも確認できれば利用を開始してみるのもいいでしょう。

『海街diary』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonは『海街diary』の鑑賞に使えるのか。その期待は晴れやかな答えに行き着くかもしれません。見放題でなくとも映画自体のデジタル購入やレンタルができたりするので、それで視聴できることもあります(その場合は無料扱いにはできないですが)。いろいろ模索してみるのがオススメです。

『海街diary』でも不正動画はダメ


不正動画アップロードサイトは今もしつこくインターネットの世界で繁茂しています。『海街diary』でも被害だらけです。厄介なのはこれが危険というだけでなく、その危険が強い違法性を伴っているということ。つまり、被害者は警察に相談しないのでますます悪事を働く人間が得をしてしまうのです。『海街diary』のように何でもいいので映画の再生画面風なものを表示させてそれでタップを誘導させるのが一番のよくあるケースです。こういう場合はウイルス対策ソフトも有効ではありません。

『海街diary』配信ログ

  • 2020年2月28日時点での『海街diary』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『海街diary』無料動画を見る前に

『海街diary』のあらすじ


国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写映画化。湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通し、家族の絆を丁寧なタッチで描く。『海街diary』のエグゼクティブプロデューサーは小川泰、大村信、上田太地、小竹里美。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ、中村優子などが出演する。鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。突然の父の死でも、さすがに距離がずっとあったため、上手く感情はでてこない。それでも粛々と別れのための儀は執り行われるので家族としては無視するわけにもいかない。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。そこにいる少女は自分たちと直接の縁はなくとも、血縁的には家族であった。父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、実の父を失っても葬儀の場でもそんな悲しみを感じさせないほどに毅然と立ち振る舞い、年齢のわりにはしっかりしていた。そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。さすがにこのまま放置することはできない。その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、新しい家族を少しづつ形作りながら、鎌倉で新たな生活を始める。

第39回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞を受賞。第7回TAMA映画賞で最優秀作品賞を受賞。第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞で主演女優賞(綾瀬はるか)、助演女優賞(長澤まさみ)、新人賞(広瀬すず)を受賞。

【タイトルミスしていませんか?】
「海街ダイアリー」

『海街diary』の感想(傑作?駄作?)

E:3.8
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)
「海街diary」
●『海街diary』無料ホームシアター
若いのに身近な人の死に振り回される4人の境遇に終始涙腺がゆるゆるで、心がぐちゃぐちゃになりました。すずちゃんが子供ながらに本心を隠して幸せそうにしているのを見ているのは辛いです。でも表向きは真っすぐ生きているだけ。そうするぐらいしか世の中でできることなんてない。その賢明さに観客は心が動かされます。役者の自然な演技は絶賛されるのも当然。当時はまだ無名だった広瀬すずの女優力はこの頃から見事に輝いていました。
●『海街diary』フルダイアリーシネマ:f00209
4人姉妹それぞれの演技が本当にナチュラルで、顔が似てないとかそんなことを全く気にさせないほどの説得力があります。邦画におけるダメな部分を一切排除し、良い部分を一気に凝縮したような美しい作品で何度見ても惚れ惚れします。海外でも非常に高評価で、この日本の映画の良さは決してノスタルジーや俳優の有名さではないことがよくわかります。是枝さんの綺麗な映像の中で、ただただ清らかに姉妹愛や家族愛が綴られていくのは至福です。