牛首村|フル動画を無料視聴【恐怖の村シリーズ第3弾】

牛首村

全てはあの風習のせい

映画『牛首村』のフル動画を無料視聴する方法を関連作も網羅しつつ最新レコメンデーション中。
今すぐ『牛首村』を見るなら動画リンクをチェック。
牛首村

原題:牛首村 / 日本(2022年) / 日本公開:2022年2月18日 / 115分 / 制作: / 配給:東映 / 前作:『樹海村


(C)2022「牛首村」製作委員会

動画
▼『牛首村』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る フル再生

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『牛首村』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

怖くないように見ることも!
ホラー映画は苦手でしょうか。確かに映画館で鑑賞するのは暗い室内と臨場感のある音響もプラスされて恐怖は倍増するものです。でも動画配信サービスならばその怖さはいくらでもコントロールできます。明るい部屋で観るのでもいいですし、流し見という鑑賞スタイルであれば、恐怖の印象は低くなるでしょう。逆に暗い部屋で閉じこもって鑑賞すると恐怖は映画館以上に劇場するのでそれも良いでしょう。清水崇監督の「牛首村」でも好き勝手に調整してください。

恐怖も無料で試せます!
怖い映画を観るにしても有料だと現実を直視しないとまずは始まりません。でも無料だと気軽です。Koki出演の「牛首村」も無料で見たいと思いませんか。オンライン動画配信サービスではそれが実現します。トライアルを活用することで無料動画と同じ体験ができるのです。これはあくまで初回利用者だけのラッキーストライクなチャンスですが、それを手に入れるのにコストを払う必要はないです。ホラー映画「牛首村」でもどうぞ。

「牛首村」はどこ?
求めていたサブスクリプションサービスを見つける作業が次に立ちはだかります。萩原利久出演の「牛首村」の動画をサーチするのに自分でサイトをひとつひとつチェックしているとかなり面倒です。なにせ10を超えるサービスがひしめき合うのが今の世界です。そこで「牛首村」の動画を配信しているフレキシブルビデオサービスをここで調査するという作業を一発で完結させましょう。配信しているものがあるならばアイコンが表示されているはずです。シリーズ第3弾「牛首村」の動画ならそこまで限定されることもないでしょう。視聴可能性が低いということもないはずです。しかし、アイコンがないからと言っても焦らないでください。映画自体の配信は新作だと日本映画の場合は少し時間がかかります。公開日から時間が経過していないときはさすがに配信を期待するのは早すぎるかもしれません。

『牛首村』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『牛首村』は「Netflix」で見られる?


Netflixの良さは挙げだすとキリがないです。例えばユーザーの解約のしやすさもかなり手軽です。『牛首村』のように動画を再生するときの安定感もあります。配信の有無のチェックは多くのサービスと同じようにタイトル検索が便利です。それ以外の手段はオススメしません。

『牛首村』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


お買い物の味方であるAmazonは映画をデジタル鑑賞する際も頼もしいです。『牛首村』の動画でも基本は3種類。見放題になるのか、デジタルセルの単品購入になるのか、デジタルレンタルでの限定鑑賞になるのか。レンタルも安いですが、できれば見放題になりたいところです。

『牛首村』でも不正動画はダメ


ウイルスセキュリティソフトがあれば危険サイトは排除できると思っていませんか。実際は全部を防ぐことはないです。『牛首村』の違法動画あるサイトを排除できるかという点は厳しいでしょう。こういうものは巧妙に安全性を偽装しています。広告ブロッカーも役に立たないと考えるべきです。下手をするとサイトを正常に閉じることもできなくなり、それこそ相手の思うツボになってしまいます。『牛首村』の動画は正規で観るべきです。

▼『牛首村』無料動画を見る前に

『牛首村』のあらすじ


『犬鳴村』『樹海村』に続く、清水崇監督が手がける「恐怖の村シリーズ」第3弾。坪野鉱泉など北陸地方ではよく知られた実在の心霊スポットを舞台に、不可解な出来事に巻き込まれ、身の毛もよだつ恐ろしい体験をする女子高生姉妹を描く。『牛首村』のプロデュースは高橋大典、プロデューサーは三宅はるえ。モデルのKokiが映画初出演で初主演を飾り、主人公の女子高生姉妹を1人2役で演じている。萩原利久(香月蓮)、高橋文哉(倉木将太)、大谷凜香(アキナ)、莉子(ミツキ)、松尾諭(山崎壮志)、堀内敬子(三澄風歌)、田中直樹(雨宮直樹)、麿赤兒(三澄実)、竜のり子(三澄妙子)、芋生悠などが共演する。題材のひとつとなった坪野鉱泉は、富山県魚津市・史跡「坪野城址跡」の裏に位置する温泉旅館の通称で、北陸随一の心霊スポットと言われ、旅館は1982年に倒産し、経営者は行方不明になるも建物は取り壊されることはなく、廃墟と化す。以来、プールで男児が水死した、オーナーがボイラー室で首を吊った、建物内に霊が見えるなどという噂が流れ、肝試し目的の若者や暴走族の溜り場になる。心霊現象が多く報告され、地元では坪野鉱泉から無事に帰還するためのルールが存在している。普通であればよほどの好奇心ある人間しか行かない場所。ある心霊動画に映った自分そっくりの女子高生を見て予想外の状況に驚く奏音。なぜこんなことが起きるのだろうか。映像はフェイクかもしれないが、妙に生々しさがある。動画の中の女子高生は牛首マスクを無理やり被せられ、まるで全てを吸いこんでしまうような陰湿な廃墟に閉じ込められるが、映像はそこで無惨にも途切れていた。これ以上の情報はない。ただ、じっとしているわけにもいかず、こうなってしまうと自分で行動するしかなかった。言い知れない胸騒ぎと不安に駆られた奏音は、動画の撮影地である富山県の坪野鉱泉に必死に向かう。坪野鉱泉の噂は半信半疑だった。そこで彼女は「牛首村」と呼ばれるおぞましい場所の禍々しい狂気と果てしない恐怖に襲われ、人生を狂わせていく。

・Koki「2役を演じるということで大事にしたのは、奏音と詩音の“違い”を出すことを意識するのではなく、それぞれ別々の2人の人物を演じるということ。その中で、共通点を見つけるようにして、奏音に関しては“姉妹の絆を何があっても守り抜きたい”という思いを持っているところが私と同じだなと思いました。あとは、周りから表面的にはちょっと冷たいイメージで見えるかもしれないけど(苦笑)、実は中身は結構、感情的で情熱的なところも似ています」⇒引用:映画.com

【タイトルミスしていませんか?】
「うしくびむら」

『牛首村』の感想(傑作?駄作?)

E:2.7,F:3.3,Y:1.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)
「牛首村」
●『牛首村』無料ホームシアター
村シリーズの奇怪さは好き。説明がなさすぎるという人もいるけど、説明多すぎだと萎える。これくらいの意味不明な恐怖が襲ってくる方が怖いではないか。3作共通して村というフィールドをどう活用するのかというところに尽きる。ここにある村は物理的な舞台ではないのです。村という言葉で連想する日本特有の社会の気持ち悪さを示している。そう考えたらいいのではないですか。村は怖い、村は地獄。日本の闇です。
●『牛首村』フルウシクビシネマ:f07681
謎の牛首の呪いでエレベーターに挟まれて体が真っ二つになるというエレベーター会社は真っ青な展開もあり、今作も人が残酷に死にます。死に方はすっかり村は関係ないです。「犬鳴村」「樹海村」と続いていますが、物語の関係性は気にしなくていいレベルです。Kokiの起用は一発的なウケなのかと思ったのですが、オファーをしているし、おそらくああいうカリスマ性をホラーに混ぜ合わせていきたかったのかもですね。
●『牛首村』フリーコキムービー:U-3
超時空ファンタジー化していきますが、ストーリー斬新度は過去作でベストかな。Kōkiさんのスタイルが良すぎてそのスタイルにばかり目がいくのですが、演技面は何も問題なし。むしろ上手いです。クラシカルな因習村ホラーとしてシンプルにできている方です。この映画に文句をつけている人はそもそもホラーというジャンルが嫌いでマッチしていないだけだと思います。ダークファンタジーなホラーというのもあるのに。