誘拐の掟(2014)|フル動画を無料視聴【字幕&吹替】

誘拐の掟

リーアム・ニーソン主演、誘拐犯よ、覚悟しろ

映画『誘拐の掟』のフル動画を無料視聴する有利な方法を、安全性を確認できないサイトは除外して紹介しています。
今すぐ『誘拐の掟』を見るなら動画リンクをチェック。
誘拐の掟

原題:A Walk Among the Tombstones / アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年5月30日 / 114分 / 制作:Cross Creek Pictures / 配給:ポニーキャニオン


(C)2014 TOMBSTONES MOVIE HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼『誘拐の掟』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 機能充実

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『誘拐の掟』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ハラハラする体感を!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを満喫するなら映画です。そんなスリルいっぱいの作品をお得に観るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。ネット配信は、レンタル店でDVDを借りるときと違って、さまざまなメリットがあります。出演俳優で検索することも可能です。「この役者の映画をいろいろと見てみたい」そんな希望にも答えることができます。今日から好きな役者の活躍を目に焼き付け放題です。リーアム・ニーソン主演の「誘拐の掟」動画へ直送。

「無料」は全て初心者へのご褒美!
スコット・フランク監督のサスペンス映画「誘拐の掟」もどうぞ。財布の中身を心配する必要はありません。あなたが初回利用者ならばその恩恵をたっぷりと満喫することができるのです。つまり、無料期間のプレゼントです。これはそのサービスを初めて使う人だけのメリットなので、過去に使っている人は申し訳ないですが、今回は無料ということにはなりません。もしあなたが利用した時期というのが大昔の話でも、サービス内に記録が残っているので、無料動画という嬉しいお得なものを手にするのは難しいと思います。ダン・スティーブンス出演の「誘拐の掟」もアリ。

「誘拐の掟」はどこ?
デヴィッド・ハーバー出演の「誘拐の掟」へGO。ただし、そんなに超特急ということにはいかないかもしれません。というのもこれは動画配信サービスの数の問題であり、別にどれでも扱っているということでもないので、要するに特定をしないといけなくなるからです。ボイド・ホルブルック出演の「誘拐の掟」フル動画を視聴できるVODはすぐに見つかるのでしょうか。それは大丈夫。このフルムビバースであれば、動画配信サービスの多さもへっちゃら。こちらで目星をつけてアイコンにして整理をしておいてあげます。後はあなたがその中から選べばいいのです。それで何もかもが解決します。ラウラ・ビルン出演の「誘拐の掟」でも追いかけるのはビギナーであっても無理難題ではありません。そんなにレアな映画ではないので、何かしらのオンライン動画配信サービスで配信はあると思います。

『誘拐の掟』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『誘拐の掟』は「Netflix」で見られる?


観られるかどうかの判断ですが、『誘拐の掟』でもNetflixで確認するときはタイトルで検索すればいいだけ。一方で注意が必要です。まずこれは配信の有無を検証するものですが、検索をしても配信が無いことを確実に説明はしてくれません。別の作品がズラっと表示されることもあります。

『誘拐の掟』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


鑑賞できるかは神のみぞ知る…ということはありません。Amazonならば『誘拐の掟』の作品ページでわかるでしょう。見放題になっていればサムネイルあたりに「prime」の表示があるはずです。こういうシチュエーションがあればいいのですが、作品自体が存在しないこともあります。

『誘拐の掟』でも不正動画はダメ


違法性の高い危険な動画サイトの問題点は無数に挙げられます。『誘拐の掟』の動画はないのは確かです。その代わりにあるのは危険なプログラム、嘘のログインページ、フェイクの通知、偽装されたエラー、偽りのブラウザ挙動、怪しいプラグイン、強制のページ移動など。どれも最悪の結果しなく、動画を観る話ではないです。『誘拐の掟』の動画を視聴できるような雰囲気を出していても、そんな場所はすぐさま立ち去ったほうがいいのです。

『誘拐の掟』配信ログ

  • 2020年2月14日時点での『誘拐の掟』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『誘拐の掟』無料動画を見る前に

『誘拐の掟』のあらすじ


リーアム・ニーソン主演で、米作家ローレンス・ブロックによるミステリー小説「獣たちの墓」を映画化。原作は、元ニューヨーク市警の酔いどれ探偵マット・スカダーを主人公にした人気シリーズの第10作。『誘拐の掟』の製作総指揮にはナイジェル・シンクレア、ガイ・イースト、ケリー・オレント、ローレン・セリグなどが名を連ねる。監督はスコット・フランク。ダン・スティーブンス、デヴィッド・ハーバー、ボイド・ホルブルック、ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー、ラウラ・ビルン、オラフル・ダッリ・オラフソン、マーク・コンスエロス、ダニエル・ローズ・ラッセル、セバスチャン・ロッシェなどが共演する。1999年、ニューヨークでは連続誘拐殺人事件が人々を震え上がらせていた。それは常軌を逸した恐怖の事件。多くの人々の生活を脅かすものであり、平穏を望む大半の市民にとっては絶対に直面したくはないような出来事。それでもその事件は社会に深い傷跡を残し、疑心暗鬼と混乱だけが広がっていく。犯人は身代金を奪うと人質を変わり果てた姿で返すという残忍かつ狡猾な猟奇殺人鬼で、引退した刑事マット・スカダーは事件被害者からこの恐怖の犯人探しを依頼される。マット・スカダーという名はもうすでに引退した身であり、そこまで現役の刑事としての知名度はないが、少なくとも実力派あった。すぐにでも犯人を捕まえ、平穏を取り戻すべきだが、そうは上手くいかない。そんな折、新たにひとりの少女が誘拐される事態が発生。緊迫した状況の中で、スカダーは交渉不可能と思われる相手と対峙する。

『誘拐の掟』の感想(傑作?駄作?)

E:3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「誘拐の掟」
●『誘拐の掟』無料ホームシアター
リーアム・ニーソンの歳を重ねた魅力・格好良さを最大限に突き付けるようなダークでスタイリッシュな探偵モノ。猟奇殺人犯との終始重暗く静かに進む対決が見物。「殺したら、殺す」というどっちが悪役かわからないキャッチコピーのインパクトも凄いが、リーアム・ニーソンならなんとなく納得してしまう説得力があるのは理解してくれるでしょう。あと、ルシア役のダニエル・ローズ・ラッセルが物凄く可愛い美少女だったのが個人的な絶賛ポイント。
●『誘拐の掟』フルリーアムシネマ:f00146
渋い男ならこの人にお任せ。リーアム・ニーソンは「96時間」のような派手なアクション映画もいいが、このような大人っぽい映画もいい。要するに全部良いのですが。のっけから暗い感じで始まり、誘拐犯も中々のえげつなさ。しかし、ここにこの男がいる限り、誘拐犯にとって地獄しか待っていない。主人公の心情を表しているかのような色あせた風景が素晴らしく、世界観に没入させてくれる。相棒役を務める黒人少年が暗い世界観の清涼剤です。
●『誘拐の掟』フリーニーソンムービー:Y-3
ローレンス・ブロック原作のマット・スカダー・シリーズの映画化作品。原作は全く知らなかったけど、普通に楽しかった。元アル中の警察官で、モグリの私立探偵という、好きな人は涎が止まらないダメ男設定。傷を負った元警官が悪を葬るというよくある設定だが、既存の作品とは違うアイデアが盛り込まれていて、意外なほど飽きさせない。アクションが乏しいのは欠点か、それとも個性か。私としてはそれがアイデンティティになっていると思う。