はじめてのおもてなし(2016)|無料動画をフル視聴【配信はどこか】

ドイツの映画賞で高評価を獲得! 難民受け入れファミリー・ドラマ

映画『はじめてのおもてなし』のフル動画を無料視聴する方法を回り道なくレコメンド案内! 多くの配信サイトから動画をチョイス。
今すぐ『はじめてのおもてなし』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Willkommen bei den Hartmanns(Welcome to Germany) / ドイツ(2016年) / 日本公開:2018年1月13日 / 116分 / 制作:Wiedemann & Berg Filmproduktion GmbH & Co. KG / 配給:セテラ・インターナショナル


(C)2016 WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG / SENTANA FILMPRODUKTION GMBH / SEVENPICTURES

動画
▼『はじめてのおもてなし』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 多機能視聴

VOD2 Huluで動画を見る ノイズ無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/03時点。

Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『はじめてのおもてなし』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなもあれこれと利用急増!
いろいろな悩みを抱えながら自分の思いを周囲と交錯させていく人間模様を描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く駆使しましょう。ネット配信はメリットも山ほど。外出先で見るならスマホでもOK。お手持ちのAndroidやiPhoneで自由に使えるので気ままに鑑賞することができます。テレビも使えるのでDVDと同じような感覚で使用することができます。「はじめてのおもてなし」動画へ直送。

「無料」は全て初心者のため!
心の好奇心をウキウキさせるようなことはこればかりではなく、無料トライアルで動画視聴もお試しできて充実感を得られます。パリーナ・ロジンスキ出演の感動ファミリードラマ「はじめてのおもてなし」もどうぞ。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「なかなか動画にたどり着けないのでは?」「絶対にすぐに観れる状態ではないと嫌なのですが…」と先行き不安を心配してもこのVODはノープロブレム。動画専用のサービスであるので「見れない」という事態は起こってしまえば沽券に関わるのですから。サイモン・バーホーベン監督の「はじめてのおもてなし」もアリ。

ダメサイトはあちこちに!
なお、巷に溢れる無視はできないレベルでイリーガルな動画サイトの利用には要注意。センタ・バーガー出演の「はじめてのおもてなし」もダメです。慢心は命取り。それは大袈裟でもなく、人命とはいかなくても、人生には癒えない傷跡を残すことになることも。それは見えないですが発生しています。個人情報流出は今ではさまざまなプライバシーと結びつき、連鎖反応的に他の犯罪を誘発していき、取り返しのつかないことになります。そうした悪いサイトでは映像画質もノイズだらけですから、映画の価値も激減して、観た気分にはなれません。「はじめてのおもてなし」も健全に。

「はじめてのおもてなし」はどこ?
「見ることには積極的なので、VODもガンガン使ってみようかな」そんな好奇心は満たされていくべきです。フロリアン・ダービト・フィッツ出演の「はじめてのおもてなし」へもGOです。でも、誰もが思うツッコミも。VODは多すぎるということ。その数は増えているので、名前を挙げると凄い大変です。加えて配信が流動性があってどんどん変わるのでお手上げに。ハイナー・ラウターバッハ出演の「はじめてのおもてなし」フル動画を視聴できるVODはどれか。こちらの盛沢山なページに載っている配信情報は更新日の時点のものです。なのであなたの閲覧時では変わっていることがあります。更新の日付を記載済みなので1年以上前など古すぎないか注視です。サイトコンテンツは変わらないと思っていませんか? フルムビバースは更新がされていき、「はじめてのおもてなし」であっても作品によっては過去の配信まで確認できるオマケも。配信は永遠ではありません。いつのまにか変更されています。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

『はじめてのおもてなし』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月22日時点での『はじめてのおもてなし』の動画配信
  • 「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『はじめてのおもてなし』無料動画を見る前に

『はじめてのおもてなし』のあらすじ


難民の青年を家に受け入れたことをきっかけに変化していく家族の絆を描いたドイツ発のコメディドラマ。『はじめてのおもてなし』の製作はクイリン・ベルク、マックス・ビーデマン、ミヒャエル・バーホーベン。監督は『デッド・フレンド・リクエスト』のサイモン・バーホーベン。センタ・バーガー、ハイナー・ラウターバッハ、フロリアン・ダービト・フィッツ、パリーナ・ロジンスキ、エリアス・ムバレク、ウーベ・オクセンネヒト、ウルリケ・クリーナー、エリック・カボンゴなどが出演する。ミュンヘンの閑静な住宅街に暮らすハートマン夫妻。現在は教師を定年退職して時間を持て余す妻のアンゲリカ、大病院の医長を務める夫のリヒャルトの2人暮らし。その生活は基本は何かに不自由するようなものではない。ある日曜日、子どもたちが顔を見せ、家族全員が久しぶりに集まったディナーの席でアンゲリカが「難民を1人受け入れる」と唐突に宣言。それは平穏だった家族の環境を大きく乱していくことになる。その行動に夫や子どもたちが猛反対する中、アンゲリカに押し切られる形でハートマン家にナイジェリアから来た亡命申請中の青年ディアロが住むことになる。もちろん全員が納得したわけではない。そのことによりストレスが急上昇したリヒャルトは部下に厳しくあたりちらし、職場で孤立。一方のアンゲリカは、ディアロにドイツ語を教え、庭仕事を指導するなど、どんどんとやりたいことをやっていき、かつての輝きを取り戻していく。そんな中、歓迎パーティでディアロをもてなすはずが、思わぬはずみによってアンゲリカの友達のせいで警察沙汰の大騒動へと発展してしまう。

『はじめてのおもてなし』の感想

フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「はじめてのおもてなし」
●『はじめてのおもてなし』無料ホームシアター 
テロ、難民、人種差別、現代の社会問題をコメディらしく少しオーバーに脚色しながらもコミカルに糾弾する良作。難民の青年を受け入れることへの葛藤を描くといわけではない。家族それぞれが悩みや問題を抱え、その葛藤を内面に隠し、ギリギリのテンションで保っていた偽りの均衡を、異なる価値観をもつ青年の投げかける疑問が、徐々に顕在化させていくという筋立て。つまり、外部からの刺激が停滞していた家族を後押ししてくれるのです。
●『はじめてのおもてなし』シネマトゥデイ 
テーマは難民問題だけじゃなくて、家庭、夫婦、親子、身近なこと。だから日本人でも親しみを込めて楽しめる。確かに日本の家庭も結婚や出産を機に家族の在り方が見直されることは往々にしてある。なので理解するのは難しくないだろう。複雑な社会問題を偉そうに語るのではなく、ちょっとした行き違いから起こる家族の物語へ凝縮して、もっと単純に考えようという呼びかけで優しく提案するこの映画のアプローチはすんなり受け入れられた。
●『はじめてのおもてなし』109シネマズ 
この映画を観てわかったことがあります。それは難民の受け入れは自分たちを改善するチャンスになるということです。一見円満そうに見える裕福なハートマン一家の家族問題が中心の、笑えて考えさせられるヒューマンドラマを通して、そんな思いを抱かせる素晴らしいシナリオでした。邦題の「おもてなし」が少し誤解を招きますが、どうおもてなしするかの映画ではなく、家族はどうあるべきかと投げかける話です。ユーモアと笑いに溢れた良作です。