バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ|フル動画を無料視聴【字幕&吹替】

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

バイオハザードの原点を描く

映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のフル動画を無料視聴する方法を、いつでも情報を安定的に揃えて紹介しています。
今すぐ『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』を見るなら動画リンクをチェック。
バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

原題:Resident Evil: Welcome to Raccoon City / アメリカ(2021年) / 日本公開:2022年1月28日 / 107分 / 制作: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 


(c) sony

動画
▼『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 和訳済み

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ゾンビが出没してもやめられない!
アクション映画で気分爽快になりたいという人は動画配信サービスで漁ってみるのも良いでしょう。「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」のみならずぴったりな映画は見つかるはずです。スマホで個人鑑賞してもいいし、パソコンで複数一斉鑑賞してもいいし、タブレットで寝そべって観てもいいし、テレビで大画面で鑑賞してもいいのです。この鑑賞体験は映画館とは比較しづらいですが画質は変わりません。

フル動画を無料で提供できる優れもの
オンライン動画配信サービスというのは中途半端な動画ではありません。ヨハネス・ロバーツ監督の「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」であっても抜かりなし。無料期間内であればその動画は無料になります。つまりフル動画をサクサクとフリーウォッチできてしまうという夢のような経験になります。「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」を観やすい環境としては最高です。

「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」はどこ?
映画をVODで見ると決めれば後は配信場所の特定だけ。カヤ・スコデラーリオ出演の「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」を鑑賞できる場所はすぐさま見つかります。このフルムビバースではアイコンで整理中。ハナ・ジョン=カーメン出演の「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」自体はそこまでレアな映画ではありません。ただし、配信は変動します。待ってくれることはありません。「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」が昨日はこのサービスにあったとしても明日はどうなっているのかは確証はないのです。

『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は「Netflix」で見られる?


Netflixは『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』を観れるのか。これに関しては関連する作品が多いので正確に検索をしないといけません。「バイオハサード」とだけ入力しても多くの映画が無数に表示されてしまうことになるでしょう。間違えないように注意です。

『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonは『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』を字幕でも吹替でも観れるという嬉しい便利さがありますが、状況によってはその字幕動画と吹き替え動画が別ファイルになっていることもあるので気を付けてください。切り替えが難しいことになっているケースもあります。

『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』でも不正動画はダメ


不正なかたちで『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の動画がアップロードされているという事例はインターネットでは無数に存在し、そういうものは無論ですが違法です。鑑賞するのもアクセスするのも法令に反することになります。そんなサイトに触れたくないときは最初からオフィシャルの動画配信サービスだけを提供することに徹しているこのフルムビバースを利用してください。

▼『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』無料動画を見る前に

『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のあらすじ


ミラ・ジョボビッチ主演による実写映画シリーズも大ヒットを記録したカプコンの人気ゲーム「バイオハザード」を、新たなキャスト&スタッフで映画化。『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の製作はロバート・クルツァー、ジェームズ・ハリス、ハートリー・ゴーレンスタイン。監督は『海底47m 古代マヤの死の迷宮』のヨハネス・ロバーツ。カヤ・スコデラーリオ(クレア・レッドフィールド)、ハナ・ジョン=カーメン(ジル・バレンタイン)、ロビー・アメル(クリス・レッドフィールド)、トム・ホッパー(アルバート・ウェスカー)、アバン・ジョーギア(レオン・S・ケネディ)、ドナル・ローグ(ブライアン・アイアンズ)、ニール・マクドノー(ウィリアム・バーキン)などが出演する。巨大複合企業「アンブレラ社」はひとつの会社としては莫大な資産を持っており、その影響力は計り知れないものだった。そのアンブレラ社の拠点があるラクーンシティは企業の恩恵によって住民の雇用が守られ、生活圏が維持されていた。そこの孤児院で育ったクレア・レッドフィールドは、ある日、不可解なメッセージを受け取る。「アンブレラ社がある事故を起こし、そのせいで街に明らかに説明不可能な異変が起きている」という警告で、普通に考えれば陰謀論のような怪しい情報だった。しかし、どうにも引っかかる。それは自分が幼い頃に見た孤児院での光景にも関係している。あのとき、何とも言えない怪しい子どもを見かけたのである。どうしても好奇心が抑えられず不審に思ってラクーンシティに戻ってきたクレア。まずはラクーン市警に勤める兄クリスに助けを求めることにする。街は陰惨としており、今はアンブレラ社の繁栄の享受していたのは昔の話になっていた。突然訪問してきたクレアから聞いたその話を大袈裟だと相手にしないクリス。ずっとここで治安を守っているが、そこまでの異常事態はまだ何も感じていないと言う。しかし、やがて2人は変わり果てた姿の住民の姿を目にし、ここでずっと進められていたアンブレラ社の秘密裏な人体実験の実態を知る。そしてすでに拡大してしまった脅威と向き合うことになる。

【タイトルミスしていませんか?】
「バイオハザード ウェルカムトゥラクーンシティ」「バイオハザド」「バイオハサード」

『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の感想(傑作?駄作?)

E:2.9,F:3.2,Y:2.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)
「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」
●『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』無料ホームシアター
カプコンのホラーゲームを実写化したSFサバイバルアクション「バイオハザード」シリーズの実写映画です。スピンオフだと勘違いをしている人もいますが、これはこれまでの映画シリーズと関係ない独立したリブート版になります。シリーズお決まりのモンスターが多数登場するなどゲームファンへの目配せが多い印象です。始まりもどこかゲームらしいスタートです。バイオハサードはすでに語り尽くされている気もするので絵は既視感あり。
●『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』フルラクーンシネマ:f07673
お馴染みのあのボスキャラが出てくるのですが本当にゲームから飛び出しましたという存在感でびっくり。ジャンプスケアばかりの恐怖演出ですが、こういうビジュアルは楽しいです。クリスとジルとウェスカーの三角関係など人間模様は本作はとにかく薄いです。複数のゲームを1本の映画に凝縮したら当然そうなってしまうのかもしれませんが、何も全員を登場させなくても良かったのではないかと思ってしまいます。せめてひとりに集中して…。
●『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』フリーシティムービー:R-8
小ネタからゲームのあの名シーンまで再現しまくり。レオンはあんなにポンコツだったかという気持ちもしますが、わりと初期はダメ人間だったと言えるのかも。ただこの元のゲームは基本的に常人離れした人間ばかり出てくるので比較するのは間違っているのかもしれないですが。アンブレラ社の事故によってラクーンシティからの脱出を迫られるという親の顔をより見飽きている展開をどこまで引っ張れるのかは謎ですが頑張ってください。