セッション(2014)|フル動画を無料視聴したいなら【字幕と吹替に対応】

セッション

誰もが興奮した衝撃のラスト

映画『セッション』のフル動画を無料視聴する方法を、動画ゼロな状態でガッカリさせるようなことなくレコメンド提供。
今すぐ『セッション』を見るなら動画リンクをチェック。
セッション

原題:Whiplash / アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年4月17日 / 107分 / 制作:Bold Films / 配給:ギャガ / 製作費:300万ドル / 興行収入:4900万ドル


(C)2013 WHIPLASH, LLC. All Rights Reserved.

動画
▼『セッション』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/16時点。

Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『セッション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

インパクト絶大な映画を!
まさかの展開で観客に衝撃を与えるようなショッキングな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなサプライズ満載の作品をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信ならば、レンタル店でDVDを借りるよりもはるかにスピーディに映画を観ることができ、店でうろうろする必要性はゼロ。スマホで観るも良し、パソコンで見るも良し、テレビで観るも良し、あなたの好きなメディアで好きな時に体験をエンジョイできます。マイルズ・テラー出演の「セッション」動画へ直送。

「無料」は魅力的!
衝撃のノンストップ・ストーリーで観客の心を鷲掴みにする映画「セッション」もどうぞ。これは勢いのままに突っ込んでもいいのですが、無料トライアルという概念だけでなくその仕組みについてもしっかり理解しておくことをオススメします。わかっていないとトラブルの原因になります。まずはこれは初回利用者だけだと覚えておいてください。過去に使っているなら無料トライアルにはできません。そして解約をするにはアプリのアンインストールなどの削除では無理です。専用ページで手続きをしておくことで数分で完了しますので事前に把握をしておくべきでしょう。デイミアン・チャゼル監督の「セッション」もアリ。

「セッション」はどこ?
ポール・ライザーやメリッサ・ブノワ出演の「セッション」へGO。迷うことはありません。ここに掲載されているアイコンからチョイスするのでいいのです。どれを選んでも怒鳴られるようなことはありませんのでご安心を。ただし無料期間の条件はたいていは初回利用者だということは口を酸っぱくして強調しておきます。J・K・シモンズ出演の「セッション」フル動画を視聴できるジャストフィットなVODはどれかはもうわかったはず。では次の気にするポイントはあるのか。それに関しては人それぞれなのですが、ビデオオンデマンドサービスならではのキャンペーンもあるかもしれないので、公式サイト内での現在の状況をチェックするのもいいはずです。ちなみに動画配信サービスはどのスマホ、パソコンでも使えるものなのでスペックを気にする必要性はないです。「セッション」を見るからといって最上級のハイスペックが絶対に必要ということにはなりません。

『セッション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『セッション』は「Netflix」で見られる?


すぐに観られる動画配信サービスが欲しいとは思うのですが、Netflixは海外サービスらしく、かなり丁寧でユーザーフレンドリーなので利用しやすいです。『セッション』の有無については他と同じようにタイトル検索をして調べるのが手っ取り早いです。類似題名に注意をしてください。

『セッション』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


全てのビデオオンデマンドサービスが見放題になっているわけではありません。Amazonは複合型で、見放題とレンタルとデジタル購入とディスク購入ができます。『セッション』はどれでも可能性はあるのですが、自分がこれだと思うものを選びましょう。無料動画は見放題対象だけです。

『セッション』でも不正動画はダメ


違法性の高い動画の怖さは、鬼教師に怒られるよりも恐ろしいことです。『セッション』はどんどんと破壊的なことに繋がるスパムの誘い道具にされているかもしれません。動画を観れるように見せかけて不正プログラムを作動させているという罠です。これは見抜けないこともあります。「そんな簡単には騙されない」と自信を持っている人でも油断はできませんし、『セッション』を観れる場所として考えるべきではないです。

『セッション』配信ログ

  • 2020年10月18日時点での『セッション』の動画配信
  • 「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『セッション』無料動画を見る前に

『セッション』のあらすじ


Guy and Madeline on a Park Bench』『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督の名を世界に知らしめた衝撃の音楽ムービー。『セッション』の製作総指揮はジェイソン・ライトマン、ゲイリー・マイケル・ウォルターズ、クーパー・サミュエルソン、ジャネット・ブリル。マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、ポール・ライザー、オースティン・ストウェル、ネイト・ラング、クリス・マルケイ、デイモン・ガプトン、スアンヌ・スポーク、マックス・カッシュなどが出演する。世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、自分の挑戦心を燃え上がらせていたが、強烈な洗礼を受ける。それは音楽で自己表現をするような話ではなかった。伝説の教師と言われるフレッチャーの指導は凄まじい厳しさで、それは異常スレスレの精神をすり減らせるものだった。常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ、完全な音楽を求める。もちろんミスは一切許されず、その学校での指導は激しさを増すばかりで生徒はどんどん打ちのめされていくだけだった。このままではジャズドラマーになる道は遠く、精神が壊れていくのは自分でも時間の問題。そのレッスンは次第にコントロール不可能な狂気に満ちていき、いつのまにやらニーマンさえもその狂った空間に飲み込まれていく。自分にできるのはこの楽器に全てをぶつけていくだけ。この狂った音楽の先に待つのは一体何なのか…。

第87回アカデミー賞で助演男優賞、編集賞、録音賞を受賞。

『セッション』の感想(傑作?駄作?)

E:4.1
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)
「セッション」
●『セッション』無料ホームシアター  
こんな映画は音楽を愚弄している!と怒り心頭の人は本作が純粋な音楽映画に見えたのだろうか。原題は「Whiplash」(むち打ち)になっているくらいである。この映画のテーマは暴力だ。音楽を用いたバイオレンス映画なのだ。無垢な少年が既に攻撃性に目覚めている男の指導のもと最終的にはその攻撃さえも飲み込んでいく。ラストの二人は新しい狂気の覚醒の瞬間である。これは音楽家の誕生ではない。殺人鬼の爆誕の物語として解釈すべきだ。
●『セッション』フルセッションシアター:f00056
厳しい指導というよりは、鬼畜の所業ですね。最後の演奏会でも曲目で嘘をつき、アンドリューを困らせるあたりなんて、完全な私的制裁でしかないです。デイミアン・チャゼル監督は「ラ・ラ・ランド」でも周囲を一切気にしない二人だけの世界を描いていて、この監督の特徴なのでしょう。究極の師弟関係というよりは、共犯に近い絆を感じます。交通事故に遭いながら発表会に出るシーンで血にまみれになる主人公はまるで手を汚した犯罪者みたいでした。
●『セッション』フリーチャゼルムービー:S-21
音楽映画だと期待してはいけない。これは格闘技映画だ。コロッセオやリングではなく、ステージで繰り広げられる、意地と意地のぶつかり合い。とんでもなくカッコいい映画だ。音楽を楽しもうと思って視聴するのは適切ではない。フレッチャー教授の狂気は「フルメタル・ジャケット」の鬼軍曹を思い出す。リスナーの立場で観れば、ラストの壮絶な演奏の素晴らしさに感動してしまう。部外者には芸術でも、裏側では想像もつかない恐怖があるのだ。