ズートピア / Zootopia|フル動画を無料視聴【字幕&吹替】

ズートピア

巧みな脚本と世界観で批評家も絶賛!ディズニーアニメーションの新境地

映画『ズートピア』のフル動画を無料視聴する方法を、公式優遇でレコメンド。
今すぐ『ズートピア』を見るなら動画リンクをチェック。
ズートピア

原題:Zootopia / アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年4月23日 / 109分 / 制作:ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:10億2300万ドル


(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

動画
▼『ズートピア』の動画リンク▼

VOD1【×】字幕or吹替

VOD2【×】マルチ対応

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

【×】

【×】

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/24時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ズートピア』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡散中!
独自の設定で観客を驚かせるような映画は楽しいですし、そんな世界が多彩なアニメで表現されているとさらにワクワクします。そんなエンターテインメント性抜群の映画をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信の気軽さは一番です。他の人気作を観るのも容易なので積極的に利用するのも最高。家にパソコンやテレビがなくても、スマホを使えば誰でも自由に好きに観られます。ジェイソン・ベイトマン出演のディズニーアニメ映画「ズートピア」動画へ直送。

「無料」はやっぱり理想郷!
独創的な世界観と魅力的なキャラクターで大人気となったディズニーアニメ映画「ズートピア」もどうぞ。どうしても見たいのだけどおカネはあまり…という事情を抱えている人でも安心です。なぜなら動画配信サービスには無料期間というものがあるケースもあるのです。これでおカネに関しては心配はクリアということになるでしょう。1作見るだけなら些細なことで見終わることができます。こうなってしまうと後はもっと観たくなるということもあるでしょう。この無料期間中は別に制限のようなものはないので好きに鑑賞していいです。バイロン・ハワード監督の「ズートピア」もアリ。

「ズートピア」はどこ?
ディズニアニメーション作品「ズートピア」へも進みましょう。でも少し待ってください。映画はどこでもOKということではありません。映画にもよるのですが、作品ごとに扱っているオンライン動画配信サービスは違ってきます。ジニファー・グッドウィンも声で出ている「ズートピア」フル動画を視聴できるVODは見当がついているかもしれません。というのもこれはディズニー作品だからです。とりあえず知りたいという人はこのページのアイコンに目を通してください。ズラッと並んでいるアイコン、それが配信中のサブスクリプションビデオオンデマンドということになります。「ズートピア」だけではない、他にも鑑賞したい映画がいっぱいあるという人はまずはそれらを列挙しながら、自分のスケジュールと照らし合わせつつ、どれほど鑑賞できる余裕があるか、じっくり考えてみましょう。動画配信サービスは変動しますが、ここに載っている情報はしっかり更新されるものなので、ご安心を。

『ズートピア』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『ズートピア』は「Disney+」で見られる?


ディズニー作品の大ファンですという人はDisney+は必見です。『ズートピア』のような映画もバッチリ。このサービスのメリットはいろいろありますが、字幕も吹替も完備。海外のオリジナル版を観たいときはそれでも可能です。メイキングや特典映像も揃っている作品もあって飽きません。テレビ放送では絶対に味わえない特別な体験ができるでしょう。

『ズートピア』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonで『ズートピア』などのディズニー作品は見放題になることはないと考えてください。その代わりというわけではないですが、個別でデジタル配信をレンタルするか、購入することができます。無料ではないですが、これで鑑賞するのでもOKだという人は選択肢に加えるといいでしょう。映画の中身は同じです。

『ズートピア』でも不正動画はダメ


どんなに鑑賞をしたいと思ってもダメなことはあります。『ズートピア』を扱っている違法アップロードサイトです。これは動画を観れるように見せかけていますが、実際は大嘘です。再生画面のような部分をタップすると関係ないページに移動するのが頻繁に起きます。そうすると戻りたいと思うでしょうが、何度もこの現象は発生するので、しだいにストレスが蓄積され、ますます面倒なことになります。『ズートピア』の動画は全く観れないのは言うまでもないです。

『ズートピア』配信ログ

  • 2019年12月3日時点での『ズートピア』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ズートピア』無料動画を見る前に

『ズートピア』のあらすじ


動物たちが高度な文明社会を築いた世界「ズートピア」を舞台に描くディズニーの長編アニメーション。『ズートピア』の製作総指揮はジョン・ラセター、製作はクラーク・スペンサー。監督はバイロン・ハワードとリッチ・ムーア。ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン、イドリス・エルバ、ネイト・トレンス、J・K・シモンズ、ジェニー・スレイト、トミー・“タイニー”・リスター、オクタヴィア・スペンサーなどが声で参加。動物による動物のための世界「ズートピア」には、どんな動物も快適な暮らしができる環境が整えられており、無数の動物たちが共存している。動物たちにはそれぞれ厳密に決められた役割があって、自分の得意技を活かしていた。農場でニンジンを作って働くのがウサギの役割だが、小さなウサギの女の子ジュディは、サイやゾウ、カバといった大きくて強い動物だけがなれる警察官に憧れていた。その溢れ出る夢は大人になっても消えていない。ジュディは必死にトレーニングをした。小柄な存在なのでハンデは多い。それでも努力を積み重ねて、なんとか夢に近づいていく。警察官になりたいという純真な夢をかなえるため、田舎町から大都会へとやってきたジュディは、警官としての最初の仕事を迎える。初日は失敗できない。明らかに期待はされていないが、交通係という地味な仕事でも全力をだす。しかし、そこでキツネの詐欺師ニックと出会う。そのキツネは自由気ままに活動し、ジュディを翻弄してしまった。悔しさを感じるがもう今日は意味はない。けれども、ある不可解な事件を追うことになり、ひょんなことからこのキツネと手を組まないといけないことになってしまう…。

・初期の段階ではジェームズ・ボンドをモデルにした国際スパイ映画として構想されていた。

第89回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。

『ズートピア』の感想(傑作?駄作?)

E:4.1
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)
「ズートピア」
●『ズートピア』無料ホームシアター 
最初はただ動物たちがいっぱい出てくる子ども向けの作品なんだと思っていました。ですがその先入観は全くの的外れなことに観て気づかされました。この映画の動物たちは草食動物と肉食動物に意図的に分かれています。それは対等ではなく明らかにパワーバランスに偏りがあります。それだけでなく潜在的に偏見があることがわかります。それは悪役だけでなく誰にでもあるという事実。主人公さえも差別意識を持ってしまう。こんな作品はあるでしょうか。
●『ズートピア』フルズーメタバース:f00152 
ここまでパーフェクトなシナリオを見たことがない。これがディズニーのプロフェッショナルな脚本ライターたちが集結して考え出したプロットなのかと思うと、日本が敵うはずがないと思い知らされる。社会風刺を交えつつ、説教をせずに、自戒の念を込めながら、子どもたちにメッセージを送る。日本の教育機関も家庭もできないことを平然とやってのける。こんな芸当を見せられたらたまったものじゃない。レベルの高さを思い知らされた。