アナザーラウンド|無料動画をフル視聴【デンマーク映画も無料で】

アナザーラウンド

飲んで飲んで止まらない!

映画『アナザーラウンド』のフル動画を無料視聴する方法を、良い気分になれるように明快な整理で紹介。
今すぐ『アナザーラウンド』を見るなら動画リンクをチェック。
アナザーラウンド

原題:Druk / デンマーク(2020年) / 日本公開:2021年9月3日 / 115分 / 制作: / 配給:クロックワークス 


(C)2020 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa Sweden AB, Topkapi Films B.V. & Zentropa Netherlands B.V.

動画
▼『アナザーラウンド』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る フルサイズ

VOD2 Huluで動画を見る 字幕あり

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『アナザーラウンド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

酔っぱらってもいいけど!
映画はたくさんあります。それこそ観きれないほどの多さです。でも映画を簡単に観れるならその見逃しも抑えることができます。動画配信サービスの良いところは身近で便利ということ。レンタル店は利用できる人は恵まれています。世の中には家から離れられない人もいますし、都合があります。そこでビデオオンデマンドサービスを活用しましょう。これで映画を見ることは劣ったことではありません。デンマーク映画「アナザーラウンド」動画へもスイスイと送り込みます。

無料お試しはどんどん活用を!
これは知っておくべきです。無料トライアルは初回利用者だけのメリット。もしサービスをすでに使い始めていて、「アナザーラウンド」を見るためにまた登録し直しても意味はありません。本当に初回だけです。これは一定の期間は無料になるのでフル動画をタダで楽しめることになってきます。これはとても大事なことで、あなたにとっても数百円のお得さに思えるかもしれませんが、新しいサービスへの不安の解消にもなるのですから意味はじゅうぶん。トマス・ビンターベア監督の「アナザーラウンド」もお探しください。

「アナザーラウンド」はどこ?
映画を配信で観るなら場所を特定しないといけません。難しい話ではありません。このページでは「アナザーラウンド」を見れるサービスをアイコンで整理。情報はどの作品でも一緒というわけではありません。完全にパーソナルで調整されています。しかも情報更新ありです。なのでいつまでも古いままということもゼロです。マッツ・ミケルセン主演の「アナザーラウンド」がどこでもあるわけではないので、常に映画の配信変動は気にしないといけないですが、こちらにお任せください。高画質で映画を見れるサイトだけですので安心。クオリティの低いサービス、信用できない運営母体のサービスなどはオススメしません。字幕はもちろんあります。そうではないと意味がありません。トマス・ボー・ラーセン出演の「アナザーラウンド」字幕動画を見れないということになればそれは日本語利用者にはあまり価値がないことになってしまいます。

『アナザーラウンド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『アナザーラウンド』は「Netflix」で見られる?


高評価を獲得している映画は動画配信サービスの最大手であるNetflixにも揃っています。北欧の作品というのはなかなかに珍しいと思っているかもしれませんが、しっかり配信があるので大丈夫です。『アナザーラウンド』を検索する際は間違えたりしないように細心の注意で入力をしてください。ミスすると正確に調べられません。

『アナザーラウンド』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


あなたはプライム会員でしょうか。プライム会員というのは大きなサービスの中でも会員費を支払っているケースです。そうなってくると「prime」と表示されている映画やドラマなどの作品動画を見放題になることができます。『アナザーラウンド』でも該当すれば大丈夫。その配信対象数はかなりの数であるので満足できるでしょう。

『アナザーラウンド』でも不正動画はダメ


知っているかどうかは関係ありません。これに関しては無知は言い訳にはならないのです。何かといえば『アナザーラウンド』でも無縁ではない不正動画問題です。世界中のインターネットは複雑に絡み合っており、インターネット界隈にあるのは正規の動画だけでありません。スパムありの危険な動画もあります。再生すればそういう怖いプログラムが動き出すのです。それは間違いなくアウトな存在です。『アナザーラウンド』を見る際も要注意で、危険を避けてください。

▼『アナザーラウンド』無料動画を見る前に

『アナザーラウンド』のあらすじ


デンマークを代表する人気実力派俳優のマッツ・ミケルセンが、アカデミー外国語映画賞にノミネートされた『偽りなき者』のトマス・ビンターベア監督と再タッグを組んだ主演作。『アナザーラウンド』の製作はシーセ・グラウム・ヨルゲンセンとキャスパー・ディシン。トマス・ボー・ラーセン、マグナス・ミラン、ラース・ランゼ、マリア・ボネビー、ヘリーヌ・ラインゴー・ノイマン、スーセ・ウォルドなどが出演する。冴えない高校教師のマーティンと3人の同僚は、人生に退屈を感じていた。日々の授業は生徒以上につまらないものに思えていたし、家に帰っても家族との関係は悪かった。妻とも折り合いが悪く、子どもとも冷たい空気が流れる。それに耐えられるわけでもなく、同時に改善するための考えが浮かぶものでもない。時間だけが過ぎていく虚しさがある。4人で集まって食事をしたとき、ノルウェー人の哲学者が提唱した「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論の話題が持ち上がる。それはバカバカしいことのように思えたが、追い詰められた状態ではそれが希望の光なのではないかと思えてしまう。実際にその理論を証明するため、実験をすることにする。アルコールを飲むだけ。それで人生が変わるならじゅうぶんに意味がある。変わらないならいつもと同じ。朝から酒を飲み続け、常に酔った状態を保つといつもは退屈でしかなかったあの授業も楽しくなり、口数も増えて雰囲気も明るくなり、毎日がエネルギーに溢れて生き生きとするマーティンたち。生徒たちとの関係も良好になり、人生は良い方向に向かっていくと思われた。家族との関係さえも最高の状態になっていく。しかし、実験が進むにつれて次第に制御がきかなくなり、アルコールへの依存は深まっていく。それを止めることもできたが、自分ではアルコールに頼るしかないような感覚が増していくばかり。そしてついに取り返しのつかない悲劇へと突き進んでいくことに…。

第93回アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞。第78回ゴールデングローブ賞で最優秀外国語映画賞にノミネート。

『アナザーラウンド』の感想(傑作?駄作?)

R:92,I:7.8,M:79,E:3.7,F:3.9,Y:3.55
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「アナザーラウンド」
●『アナザーラウンド』無料ホームシアター 
人生は変わる。思っているよりも簡単に。ほろ酔い状態の教師と盛り上がっていく生徒たちとの異様な同調。酔いが伝染していくようなエモーションの連鎖反応。そしてそれが冷めてしまうことの恐怖。そこからの高揚感への依存。全てがこの映画に詰まっており、観客はその中にぶちこまれていくことになる。酒を通した人生讃歌であり、急激な人生を変える魔法の薬はないのだけど、人はそれを求めてしまうという性が悲しくもあり。
●『アナザーラウンド』フルラウンドシネマ:f07602
おじさんたちの馴れ合いがたっぷり描かれていく。アルコールをどんどん飲んでいくだけではあるのだけど、それがつまらない飲んだくれの映画にならないところがスゴイ。日本だったらこうはいかないと思う。日本は汚いみすぼらしい飲酒になってしまうけど、マッツ・ミケルセンはかっこいい。大袈裟抜きでクールすぎるのである。ちょっとクラクラするくらいであり、これはもマッツ・ミケルセン映画の大幅な更新になってしまった。
●『アナザーラウンド』フリーアルコールムービー:D-14
国の事情もあるのだろうけどアルコールへの認識が違うのか。かなりアルコールへのハードルは低い。一方で公私混同はしてはいけないし、アルコールを飲む場はどこでもいいわけでもない。そんな国の違いもありつつ、アルコールに逃げる本心はどこでも同じなのだろうと思った。確かに気持ちいいというハイになる感触は忘れられない。しかしその顛末は考えたくない。その現実逃避はエンディングで観客にまで酒堕の穴に落とすのだ。