ナイル殺人事件(2022)|無料動画をフル視聴【字幕&吹替】

ナイル殺人事件

極上のミステリー・クルーズへ

映画『ナイル殺人事件』のフル動画を無料視聴する方法を、シンプル解決でいつでも紹介中。
今すぐ『ナイル殺人事件』を見るなら動画リンクをチェック。
ナイル殺人事件

原題:Death on the Nile / アメリカ(2022年) / 日本公開:2022年2月25日 / 127分 / 制作: / 配給:ディズニー 


(C)2022 20th Century Studios. All rights reserved

動画
▼『ナイル殺人事件』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語翻訳

VOD2 Huluで動画を見る 高画質映像

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『ナイル殺人事件』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画を見逃したあなたに!
大きなスクリーンでゆったりと席に座り、映画鑑賞を楽しむのは最高の経験。でも映画館に行けなかったら? それで諦めるのはもったいない。今度は映画鑑賞のネット体験でトライしましょう。サブスクリプションサービスはスマホ、パソコン、タブレット、テレビ、それぞれで自由に満喫できるので、個人の持っているデバイスに対応できて、取りこぼしのないエンターテインメントを提供してくれます。実写映画「ナイル殺人事件」はこれでラクラクです。

無料は謎でも何でもない!
オンライン動画配信サービスが無料になるなんて謎すぎる? いいえそんなことはありません。これはトライアルなのです。ケネス・ブラナー監督の実写映画「ナイル殺人事件」を鑑賞するのにも使える正規の方法です。あなたがもしそのサービスを初めて利用するという初回利用者であるならば、そのままラクラク進めるでしょう。クレジットカードなどの支払い情報の登録は必要ですが、一定期間は無料です(全てのサービスに無料期間があるわけではないです)。ガル・ギャドット出演の実写映画「ナイル殺人事件」もこれを機会にどうぞ。

「ナイル殺人事件」はどこ?
さっそく実写映画「ナイル殺人事件」を見る方法として配信サービスを探すところから始めましょう。探すのは自分でコツコツと調べるよりも、このフルムビバースで一気に解決する方がいいです。このページでは配信場所を一覧にしています。他とは違って扱っているサービス数も多く、しかも更新もされており、作品ごとの調整もされています。アーミー・ハマー出演の実写映画「ナイル殺人事件」が見つからないときはまだ配信が無いということです。アイコンが表示されるまで待ってください。アネット・ベニング出演の実写映画「ナイル殺人事件」は大作なのでしっかり配信対象になると思います。焦らずに配信を待ちましょう。もし他の映画も見たいときは、このサイト内の別ページで他作品情報も閲覧して、自分の鑑賞したい映画を最も扱っているサービスを特定していくのがベターでしょう。焦ることはないですが、動画配信は流動することもあるので、それだけはわかっておいてください。

『ナイル殺人事件』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『ナイル殺人事件』は「Disney+」で見られる?


ディズニーの動画配信サービスはディズニー系列の映画を扱っています。『ナイル殺人事件』もそこに含まれます。字幕で観ることはできますし、吹替がついていればそれでも鑑賞できます。子ども向け作品ばかりではないのがこのサービスの魅力であり、作品の充実度です。

『ナイル殺人事件』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


大勢が利用しているAmazonのメリットはわかっていると思いますが、プライム会員であれば『ナイル殺人事件』のような映画を揃えているかもしれないプライムビデオという動画配信サービスも楽しめます。作品が見放題になっているのかは調べないとわからないことですし、変動もします。

『ナイル殺人事件』でも不正動画はダメ


不正というものはインターネットではミステリアスでも何でもなく、あまりにも明確に拡大しており、多くの対策も虚しく、被害の遭う映画動画も頻発しています。『ナイル殺人事件』のような話題作もそうです。そんな違法アップロード動画は決して視聴してはいけません。それは日本でも法律に違反します。ダイナミックな映像が詰まっている『ナイル殺人事件』が高画質で自由気ままに見れるなんてことはそこではありません。本来の視聴場所は正規のエリアサービスだけです。

▼『ナイル殺人事件』無料動画を見る前に

『ナイル殺人事件』のあらすじ


ミステリーの女王として名高いアガサ・クリスティによる名作「ナイルに死す」を、同じくクリスティ原作の『オリエント急行殺人事件』を手がけたケネス・ブラナーの監督・製作・主演で映画化。ベルギー訛りの英語と口ひげがトレードマークの頭脳明晰な探偵ポアロ役を、前作『オリエント急行殺人事件』同様にブラナーが自ら演じた。『ナイル殺人事件』の製作総指揮にはマーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ、マシュー・ジェンキンスなどが名を連ねる。ガル・ギャドット(リネット)、アーミー・ハマー(サイモン)、トム・ベイトマン(ブーク)、アネット・ベニング(ユーフェミア)、ラッセル・ブランド(ウィンドルシャム)、アリ・ファザル(アンドリュー)、ローズ・レスリー(ルイーズ)、エマ・マッキー(ジャクリーン)、ソフィー・オコネドー(サロメ)、ジェニファー・ソーンダース(マリー)、レティーシャ・ライト(ロザリー)、ドーン・フレンチなどが共演する。エジプトのナイル川をめぐる豪華客船が出発する。そこで行われていたのは美しき大富豪の娘リネットとの結婚祝賀会。盛大で華やかな祝いの場だったが、そこには複雑な感情が渦巻いていた。実はリネットの結婚相手は当初はリネットの友人であるジャクリーンと婚約を予定していたのだったが、リネットに乗り換えたのである。結婚相手を奪われたかたちのジャクリーンは納得しておらず、このナイル川の船にまでやってきて、怒りの執念を燃やしていた。そんなとき、何者かにリネットが殺害される事件が発生してしまい、船内は騒然とする。普通に考えればジャクリーンが犯人のように思えるが、彼女は元結婚相手を錯乱して撃ってしまい、ずっと部屋で介抱されていたのでアリバイがあった。つまり容疑者は絞られ、彼女の結婚を祝うために集まったここにいる乗客全員ということになり、その手がかりはどこかにあるはずである。たまたま居合わせた名探偵エルキュール・ポアロは事件の真相に迫り、怪しい人物を特定しようとする。そんな謎を追っている中で、第2の犠牲者がでてしまい、事態はますます困惑に包まれ、一刻も早い解決が求められるが…。

【タイトルミスしていませんか?】
「デス・オン・ザ・ナイル」「ナイル殺害事件」

『ナイル殺人事件』の感想(傑作?駄作?)

E:3.4,F:3.7,Y:3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「ナイル殺人事件」
●『ナイル殺人事件』無料ホームシアター
ガラス張りの解放的な空間。清潔で上品な内装。優雅な快適サービス。こんな豪華な船に乗ってみたい。これでエジプトを観光できるなんて羨ましい。しかしそうも言っていられないというショッキングな事件が起こる。船はミステリーの定番のフィールド。殺人が起こってしまう運命なのか。それでも犯人はどこかにいる。船を下りられる状況にはない中で、この犯人捜しは思わぬ人物の過去に繋がっていくのでした。
●『ナイル殺人事件』フルナイルシネマ:f07686
真犯人はあっさりしているし、そこを推測できることは難しくないと思います。でもだからつまらないというのは浅はか。この映画の見どころはそもそもの主人公であるポアロの人生です。実は今回の映画化はそこを深くピックアップしていてアレンジが増しています。ポアロはこの事件をとおしてどんな気持ちになったのか。どのような過去をフラッシュバックしていくのか。それを理解するとあの推理シーンの感動は増すでしょう。
●『ナイル殺人事件』フリーポアロムービー:N-22
アガサ・クリスティの作品はどれもポアロの解決として鮮やかではあるけど、この「ナイルに死す」はもともとが恋愛悲劇なところもあり、感情に訴える展開が多い。男女の痴情のもつれではないかと言えばそれまでだけど、三角関数の歪さはまるでピラミッドのように綺麗なかたちをしている。これは死者というものへの弔いなのか、呪いなのか、そのあたりもエジプト文化のミイラ状態である。ポアロはそれを発掘するのである。