ステーキ・レボリューション

最強の飯テロムービー! 観るときは注意!

映画『ステーキ・レボリューション』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信情報を適度にお知らせ。
今すぐ『ステーキ・レボリューション』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Steak (R)evolution / フランス・イギリス・アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年10月17日 / 114分 / 制作: / 配給:ピクチャーズ・デプト 

10.17公開『ステーキ・レボリューション』予告編

(C)2014 LA FERME PRODUCTIONS SAS et C.PRODUCTIONS

動画
▼『ステーキ・レボリューション』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『ステーキ・レボリューション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
社会の色々な深刻な問題からこじんまりとしたテーマや趣味まで幅広く扱うドキュメンタリー作品はそれだけで面白いものです。そんな話題のドキュメンタリーをたくさん見るなら、動画配信サービスを使えばお得です。レンタル店でDVDを借りるのでもいいのですが、どうしても見たいという作品でもないかぎり、なかなか手を伸ばしづらいものも多いです。ネット配信なら気軽ですし、ウェブサイトにアクセスして動画の有無をチェックするだけです。

「無料」はやっぱり魅力的!
これだけは必須で覚えてほしい部分がひとつ。それはトライアルを無料でできるという特典の導入アシストです。節約は生活の欠かせない知恵。動画鑑賞もその範疇に入ります。できれば便利なのでお試しから入りましょう。なにか制約があるのかと思うでしょうが、これは誰でも(ビギナーのみ)体験できるものです。「クレカ登録はどうしても不安だな~」その気持ちもわかりますが、不正利用が起きないように二段階認証搭載のサービスも充実しており、その点でもフルに動画視聴にどっぷり専念できるのではないでしょうか。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは高リスクです。それで「ステーキ・レボリューション」の鑑賞はダメです。ハイリスク・プロブレムは無数にありますが、例示していくと、全く消失する気配のない有害広告、文字も読めない低画質動画の雑さ、誤訳だらけのトランスレーション、情報漏洩&極大負荷のオーバーダメージなどなど、不利益の土砂降りのようなものです。映画館は綺麗で清潔な方がいいように、動画サイトもフルクリーンでフルストレートに映画を視聴できた方が断然マシ。

あなたの選択は自由!
アナログ派でなくデジタル派ならば言うまでもないですが、VODは市場流通スピードが早く、最速だったりすることも。ところがそうは上手くいかないのが、配信の作品リストで、実は各社によってかなりバラつきがあり、しかもガンガンと日の経過によって揺れ動くので全体把握は相当に骨が折れます。「ステーキ・レボリューション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ググってみても表示されるのは一部のVODのみ(YouTubeばかりが推薦されます)。このページならもっと広域にわたって配信可能性の高めなサービスをフェア精神でフリーレコメンドしており、有用性抜群です。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、これが意外に難しいもので、網羅的にスケジュール化されたものがオープンになっているわけではありません。たいていの場合は「あれ、いつのまに配信が終わっている…」という喪失感に浸る事態になることも。明確に判断しづらいですが、当サイトでは公表されている日時を一覧にまとめたページを用意しています。「ステーキ・レボリューション」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

情報の充実度はピカイチ
情報量は多いほうが良いでしょう。単純な紹介文だけではガッカリです。そこでこのサイトではかなりの情報数を完備。他サイトのレビュースコアが一覧で確認できることはなかなかありません。他にも受賞実績からインタビュー、トリビアまでマニアが喜ぶネタも揃っています。予告動画は当然のように掲載していますし、中にはあの製作裏話がわかるメイキング動画もあったり(もちろんオフィシャル提供なものです)。「フランク・リビエール」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

フェアにオススメします
VODはビデオオンデマンドですが、フルムビバースはビデオオンユニバース。各社サービスを勝手に優劣つけることなく、フェアにレコメンドするのが役目です。他サイトにありがちな、特定サービスをピックアップしてそれだけを推奨することはしません。何が合っているかは人それぞれ。営利的な狙いで決めつけはしません。どれがいいのかを判断する支援に徹しています。普通の味気ない「ステーキ・レボリューション」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。定番どころだと子どもでも知っているあのサイトやこのサイトをすぐに思い浮かべることができるでしょう。ただ、これらの動画サイトは非常に身近なわりには頭の痛い問題を多数抱えています。例えば、無限大の量産されている動画の質の低さは言わずもがな、コンテンツの中にはダミーのような騙し動画もいまだにあります。さらには違法性の高いものと、欠点が山積です。VODはそれらの心配が一切ない、「ステーキ・レボリューション」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『ステーキ・レボリューション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ステーキ・レボリューション』をさらに知る

世界一おいしいステーキを探すために、20カ国、200軒以上のステーキハウスをめぐる旅を追ったドキュメンタリー作品。『ステーキ・レボリューション』のプロデューサーはフランク・リビエール、ベラーヌ・フレディアニ。監督のフランク・リビエールは、「パリで最高の精肉店」に選ばれた店のオーナーとともに、おいしい牛肉はどのようにして作られるのかを解明する旅に出る。ステーキは多くの肉好きの舌を満足させる最高級品。2年の歳月をかけ、世界中の食肉業界のキーパーソンたちに会った2人は、世界中のさまざまなステーキを食べ歩き、その中で世界一と断言できるおいしいステーキを見つけ出す。同時に、食肉の新たな市場を開拓しようとする者たちの前に、想定外の壁が立ちはだかる現実も明らかになっていき、ステーキをめぐる表と裏も見いだしていく。リビエール監督とともにステーキの旅をする精肉店オーナーは、日本でもテレビ番組に出演するなど、世界中で「肉の達人」として活躍するイブ=マリ・ル=ブルドネック。

★『ステーキ・レボリューション』のスタッフ
監督:フランク・リビエール

★『ステーキ・レボリューション』のキャスト
イブ=マリ・ル=ブルドネック

★『ステーキ・レボリューション』の評価

IMDbRTMETA
6.8??%??
映画comY!FM
2.9???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ステーキ・レボリューション』の感想

●『ステーキ・レボリューション』映画無料夢心地
あらすじには世界中のステーキを食べ比べて格付けしベスト10を決める旅とあるが、食品衛生管理と美食に焦点があてられているので単純なグルメ番組とは違う。各国の食文化にどのような歴史的背景があるのかを交えながら牛焼肉を紹介するというグルメ旅。肉の大きさ、歯応え、栄養価、うま味、何を重要視するのか。牛肉の切り身を焼くというシンプルな料理だからこそ、その独自性が見えやすい。それにしてもこれは腹が減る。勘弁してほしい。
●『ステーキ・レボリューション』シネマトゥデイ  
監督のフランク・リビエラはお気に入りの精肉店店主イヴ=マリ・ル=ブルドネックと共に、世界最高のステーキを見つける旅に出る。フランス、イタリア、スペイン、アメリカ、カナダ、日本…。2年もの間、20カ国、200を超える有名・無名のステーキハウスを食べ歩き、大胆かつエコロジー意識が高い世界中の食肉業界の革新的なキーパーソンたちに出会いながら、世界のステーキ・トップテンを決定。ところが意外な難敵がいて…という話。
●『ステーキ・レボリューション』109シネマズ  
終始よだれが出て、腹が鳴る、こんなドキュメンタリーは初めて。単なる食欲増進ムービーかと思ったら、畜産業の未来も示唆する社会派な一面も。一見気軽に見える食べログのようなランキング形式の旨いものランキングに見えて、実際はかなり狡猾であざとい構成が見え隠れする。食から国の違いも見えてくるのも面白い。和牛を食べた監督のリアクションが最高だった! 映画に出てくる人全員が牛を愛し、感謝しているのも良い姿だなと思う。