サウダーヂ(2011)

日本社会の底辺で必死に生きる人間を描く

映画『サウダーヂ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画だけではない、さらなる魅力も。
今すぐ『サウダーヂ』を見るなら動画リンクをチェック。

8ミリ映画「雲の上」や、映画美学校のスカラシップで製作した「国道20号線」で注目された富田克也監督が、不況と空洞化の進む日本の地方都市を舞台に、移民問題の実態をリアルに描きだすドラマ。崩壊寸前の土木建築業の現場で、日系ブラジル人やタイ人をはじめとする移民労働者たちが、過酷な労働条件の下で懸命に生き抜く姿を描く。エグゼクティブプロデューサーは笹本貴之、プロデューサーは伊達浩太朗と富田智美。山梨県甲府。日系ブラジル人やタイ人をはじめとするさまざまな外国人労働者たちが働く土木建築業。そこは決して日本社会の目立つ世界ではない。しかし、ここが生き場所となる人たちが確かにそこにいる。ヒップホップグループ、“アーミービレッジ”のメンバーである猛は、建設現場で多くの移民たちと共に働き始めるが、その中には土木業ひとすじの精司やタイ帰りの保坂もいた。

原題:サウダーヂ / 製作:日本(2011年) / 日本公開:2011年10月22日 / 167分 / 制作:空族 / 配給:REALWAVE

『サウダーヂ』予告編

(c)KUZOKU – All right reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『サウダーヂ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

さまざまな葛藤や苦難を背負いながら懸命に社会で生き抜こうとする人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使えないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのも手ですが、それは最後の方法。パッケージディスクを手にしてしまったあとに配信に気づくと元も子もありません。まずはウェブサイトにアクセスして動画を見れないか事前に調べましょう。

「今、いくらだせるかな」そんなことを考えなくてもいいです。トライアルで無料期間があるのでとりあえず気にせずOK。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近の主流は仮想通貨を利用した不正な騙しテクニックです。何かと大量資産流通のトラブルを起こしている仮想通貨業界ですが、最初から相手を嵌める目的で作られたものもあります。迂闊に送金はしないでください。おカネが返ってくることはないです。どうせならちゃんと製作者に還元できる視聴をしましょう。それが応援であり、次の作品を生む原動力にもなるのです。

「早く配信にならないかな~」と待っているあなたに朗報。待ちに待った情報をゲットしてお試しにダイブです。「これはいいじゃないか!」と紹介された瞬間は記憶に刻まれますが、喉元過ぎれば熱さを忘れるというように、いつのまにか忘却してしまい、どれで配信中かもあやふやになりがち。「サウダーヂ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。配信中のVODがもしあったらアイコンでわかりやすくお知らせ中。つまり簡単な確認ができるので何度もサイトをたらい回しする心配もなく、これだと思うものに直行できます。これで時間の無駄は消えてなくなります。うんともすんとも動かない鈍い情報サイトとは違い、表示速度も速く、内容も更新されていくので、新しめの情報を得やすいのが売りです。なお、最終的な配信状態は当日しかわからないものなので、登録前にラストとして公式サイトで目視しておくのを忘れずに。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はその日のうちにページ上での取り扱いを最終確認しなくてはいけません。「サウダーヂ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

小規模サイトや個人サイトレベルのものの中には、急に広告が全体に表示されたり、勝手に別ページにリダイレクトされたり、怪しい挙動をするものが多々あり、それらはたいていは不正ウェブサイトへの誘導です。不愉快極まりない経験であり、可能であれば避けたいところ。本サイトではオールクリーンを最優先に、「サウダーヂ」視聴を妨害しません。すでに業界関係の企業や組織が議論して練り上げた広告自主規制ルールがあり、このサイトでもその決まりを守って悪質な広告形態は排除しています。だから今まさに見ている画面上の広告料が極小なのです。

『サウダーヂ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『サウダーヂ』をさらに知る

★スタッフ
監督:富田克也
脚本:相澤虎之助、富田克也
撮影:高野貴子

★キャスト
鷹野毅、伊藤仁、田我流、ディーチャイ・パウイーナ、尾崎愛、工藤千枝、デニス・オリヴェイラ・デ・ハマツ、イエダ・デ・アルメイダ・ハマツ、野口雄介、中島朋人、亜矢乃、川瀬陽太、宮台真司

★『サウダーヂ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.0???4.1
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『サウダーヂ』の感想

●映画無料夢心地
ヤンキー、土方、ラップ、ネトウヨ、そして東南アジア…社会的底辺たちの行き場のないやるせなさを、外国人排斥という形で爆発、東南アジア≒ドラッグの世界に逃避、の2パターンに分けて巧みに描いている。この視点の切り取り方はこの監督ならではの持ち味で他にはない魅力になっているので楽しい。こうした人間たちを平然と馬鹿にしている人はたくさんいるが、真面目そうに思えて内心では見下している奴の方がタチが悪いのだろうな。
●FILMAGA  
この映画で描かれているのはアンチコミュニケーションだ。夫婦間、親子間、兄弟間、仲間と、外国人と、同僚とちょっとずつ噛み合わない、気持ちが通じたようで通じてないコミュニケーションが取れてない鬱屈。世間はコミュニケーション能力が大切ですとか言っているが、その力を純粋に大切に思って実行している人はなんて少ないのだろうか。ラストシーンの田我流の顔がずっと脳裏にこびりついている。衝撃を受けた映画の1本として刻まれた。
●BILIBILI  
とにかくどこにも向けられない言葉にはしづらいモヤモヤ感、ここではないどこかに行きたい、でもどこにもそんなどこかはないのだ、という誰もが感じたことのあるであろうイライラした感情を再現している。ブラジル人とフィリピン人のハーフで日本で育った子達が故郷を思う、サウダーヂ、というときはいったいどこの土地が浮かぶのだろうか…あの家族の食事のシーンは個人的に刺さるものがあった。外国人労働者が増えていく日本はどうなるのだろう。
●DAILYMOTION  
田舎ってコワイ系の話はあるが、そこに日本という海外からの視点を入れているのがユニーク。舞台が地獄ならサウダーヂとは、地獄から脱出を夢見ることか、その先は過去なのか。登場人物が多いけれど、その誰もが独特の魅力と独特のリアルに放っていてずっと観ていられる。そして編集のリズムが周到。映像は淡々と、編集は暴力的で不可逆的に否応なくぶったぎられると、なんと清々しいのは意外な感触で。富田克也の掘り方は唯一無二の技だった。