キャタピラー(2010)

忘れさせない、戦争の姿

映画『キャタピラー』のフル動画を無料視聴する方法を、ユーザーフレンドリーでわかりやすさ第一のモットーでご提供中です。
今すぐ『キャタピラー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:キャタピラー / 日本(2010年) / 日本公開:2010年8月14日 / 84分 / 制作: / 配給:若松プロダクション、スコーレ 

「キャタピラー CATERPILLAR」 予告編

(C)若松プロダクション


▼『キャタピラー』の動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】初心者有利
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『キャタピラー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなであの話題作も!
人間の業が詰まった負の歴史である戦争を痛烈に描いた話題作はそれだけの強烈なインパクトをもたらします。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信ならばレンタル店でDVDを借りるときに作品探しに苦労するといった面倒なことはありません。中にはマイナー作品すぎて見つからないディスクもありますが、デジタルならその心配はなし。あっさりウェブサイトで動画が見れます。

「無料」で感謝!
ありがたさはここからが本領発揮。初心者を救いだす理想の導きのような無料サービスお試しが完備しているものが多数です。動画配信サービスは作品数に対する値段の安さが魅力で、かなりコストを抑えられるものですが、それでもなるべく負担は少なくしたいものです。この無料は喉から手が出るほど魅惑的でしょう。「登録の難易度が自分には難しそうだ」「すぐに躓いてしまって挫折してしまうのではないか」と気分が乗らない人も、物は試しにやってみるといいです。デメリットはないですし、入力する内容もシンプルで拍子抜けすると思います。若松孝二監督の「キャタピラー」もアリ。

危険動画はそこにある!
違法な動画サイト等にはリスクたっぷりで根深いので気を付けてください。それで寺島しのぶ出演の「キャタピラー」の再生はダメです。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。茫然とするだけで終わってしまうこともあります。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。なので、やはり公式に勝るものはないです。クリーンな健全性120%の映画体験に身も心も捧げましょう。

使うべきはどれ?
「友達もみんな使っているみたいだし、この映画いいよって勧められたし…」だったらもう足踏みすることもないでしょう。ところが「無料ホームシアターサービス感覚で観たい作品を視聴だ!」という熱意を興ざめにしてしまいかねない難点があり、それがどれで配信しているかの判断問題です。大西信満出演の「キャタピラー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは見られる可能性の高いVODをこのページで要チェック。手当たり次第に登録するよりも、まずはおおよその配信状態を頭に入れておくと「動画がない!」という事態を防止できます。その名のとおり、フルムビバースでは映画(ムービー)がたっぷり(フル)と共存空間(ユニバース)を構築しています。外に出ることなく安全に無料ホームシアター的な体験ができる、言葉にできないハッピータイムな最高の幸せ。休みの日は自由に映画三昧で楽しむのが最良の選択肢です。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。大慌てになってしまってパニックになることも。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。吉澤健出演の「キャタピラー」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら使用中の該当機能を無効化してみましょう。

パスワードは大事
まるでバイキングのように食べ放題感覚で満喫できるVODですが、その動画ディナーを楽しむ前に必須なのがパスワード設定です。これはさっくり片づけるのもよくはありません。もしかしたらかなり雑な感覚で決めている人はいませんか。それは今すぐにやめましょう。いとも簡単に悪意を持った他人に乗っ取られます。とくにパスワードを流用してしまうと、芋づる式に別のサービス不正攻撃を引き金に酷い目に遭うことになります。使い回しをせず、個別に固有の設定にしておけば盤石です。安全な粕谷佳五出演の「キャタピラー」動画体験をするには重大で大事な基礎ルールです。

悪いサイトを追い出すために
違法動画を追い払う手段がにわかに海外では注目を集めています。フィルタリングはドメイン変更で回避できてしまうし、ブロッキングは検閲になりかねないために慎重にならざるを得ません。そこでVODです。安価でアクセシビリティに優れているサービスはネットユーザーを違法なダークゾーンから引っ張り出すことができます。しかもコンテンツ知的財産権を持つクリエイターや企業にお金が入るので、動画再生されるだけで正しい利益が蓄積。苦境に立つ映画業界を救済できるでしょう。「キャタピラー」合法視聴方法を正しい目的で拡散しましょう。

その動画サイトは使える?
増田恵美出演の「キャタピラー」を無料で見たい人が大勢いるのも承知です。その要望者が目にするトンネルの多さも理解しています。「dailymotion」のような老舗か、「Pandora」「Miomio」「BiliBili」のようなチャイナリソースか、「openload」「vidia」「clipwatching」「mixdrop」「cloudvideo」のような増発するアップロードサイトか。そんなサービスを提示するページも検索すれば出てきますが、それは有害誘導であり、安全な動画へと行き着かないので警戒してください。気を付けるだけでなくブロックするくらいの拒否をした方がいいです。

『キャタピラー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月20日時点での『キャタピラー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『キャタピラー』をさらに知る

映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』など独特の視点で問題作を発表し続ける若松孝二監督が、戦争の愚かさと悲しみを描いた反戦ドラマ。プロデューサーは尾崎宗子。第2次世界大戦中の日本。シゲ子の夫・久蔵にも赤紙が届き、勇ましく戦場へと向かったが、その結末は悲しいものだった。戦争から戻った久蔵の顔は無残にも焼けただれ、四肢を失っていた。もはや普通の暮らしをできる状況ではない。村中から奇異の目で見られながらも、多くの勲章を得た久蔵は「生ける軍神」として崇められ、変わり果てた存在になっていく。シゲ子は戸惑いながらも久蔵の尽きることのない食欲と性欲を埋めていく。やがて日本に敗戦の影が色濃く迫り、久蔵は自ら戦場で犯した悪行に苦しみ始める。

★『キャタピラー』のスタッフ
監督:若松孝二
脚本:黒沢久子、出口出
撮影:辻智彦、戸田義久

★キャスト
寺島しのぶ、大西信満、吉澤健、粕谷佳五、増田恵美、河原さぶ、石川真希、飯島大介、地曵豪

★『キャタピラー』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『キャタピラー』の感想

●FILMAGA
過去の日本男児は、手も足もない芋虫となって帰ってきました。芋虫は軍神様と讃えられ、村人達はバケツリレーにひたすら精をだす。戦争により、人は、国は、ここまで滑稽に狂える。そして、跡継ぎと勲章にしか価値を見いだすことができない軍国主義を、勇ましいDV男の軍神様が体現しています。芋虫となった軍国主義の日本に、義務として仕えた当時の日本女性の気持ちが、シゲ子の怒りと侮辱から感じとることができました。
●シネマトゥデイ 
「戦争が終わった」と聞いて満面の笑みを浮かべるシゲ子と、肉塊でしか存在できない軍神様の絶望死。女性の解放と家父長制の終わり。この作品は、愚かな戦争を招いた「男社会(家父長制)」に従属させられた女性や死んだ女の子からの怒りと恨みを代弁しているようでした。ひたすら地獄を味わった戦争が終わり、平和が訪れる…なんてことはない。そこにあるの残った絶望。これが戦後の実態ならば、私の信じているそれは嘘だったのだろうか。
●BILIBILI 
変わり果てた姿で戦地から帰ってきた夫を初めて見たときの困惑。誰も助けてくれない孤独な日々がずっと続いていくことに対する絶望。夫を憎み、愛し、軽蔑し、哀れみ、感情の起伏がどんどん大きくなっていき、次第に理性では抑えられなくなっていく。現代の介護やシングルマザーの育児も似たように苦しくて孤独な、どうすることもできない状況なんだろうなぁ。忘れてはいけないなんて、戦争体験を気軽に言うけれど、当人は忘れたいのかも。
●DAILYMOTION
「この日々がいつまで続くんだろう」っていう先の見えない不安と焦燥感に、いつの間にか蝕まれて壊れていく。そう考えてみると、戦時中の映画という感じがしない。これは今に持続している恐怖の名残。第二次世界大戦がなかったら今の日本はない。しかし、それは安直な未来の放棄。戦争の肯定はできない。でもそれで暮らしてきた、従事してきた人を否定もできない。国のために生きるなんてことではない。結局はこの時代に生きただけなんだ。