キャットフィッシュ / Catfish

ネット世界の友人の正体をしっていますか?

映画『Catfish』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無関係な別サイトへの誘導は無しです。
今すぐ『Catfish』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Catfish / 製作:アメリカ(2010年) / 日本未公開(アメリカ公開日:2010年9月17日) / 87分 / 制作:Relativity Media / 配給:


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】機能充実
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『Catfish』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも普及しています!
衝撃の出来事を描くドキュメンタリーは思わず釘付けになってしまうほどのショッキングなサプライズで驚かせてきます。そんな印象にグサッと残る作品をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。どうしてもこのサービスは有名作品や大作など話題になりやすいものが注目を集めますが、実はドキュメンタリーも充実しているものがあります。見たい作品があるなら、レンタル店よりもまずはこちらで確認するのがいいでしょう。

「無料」で感謝!
プラスアルファではないですけど、無料のサービスお試しという、感謝したくなる救いの手のような利用促進特典があったりします。わかりにくいのですが、具体的には登録日から1か月など特定期間に限ってサービスを無料で試せるものです(どれくらいの期間かは各社のサービスで異なります)。「動画を見れる無料期間が数時間ってことはない?」との不安も洗い流しましょう。映画を何本も観るのにじゅうぶんな余裕のある時間があり、適しているかをあらゆる角度で評価・分析できます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「Catfish」の鑑賞はダメです。最近は巧妙化する一方です。サイト利用中に不正なプログラムを悪用し、ユーザーの使用機器をクラッシュさせようとするものから、ひたすらにしつこく広告を流すものまで、面倒なことこのうえない鬱陶しさ。不愉快極まりない気持ちになります。今日明日にでもあなたの身に危ないサイト利用のせいで危険が生じるかもしれませんので、ただちに使用停止しましょう。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「Catfish」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。手当たり次第に動画を探しまわるのは骨折り損のくたびれ儲け。いい加減に時間を無駄にするのは誰でも嫌な気分になるものです。このページさえあれば最終チェックだけにすぐに完了です。リーチサイトは特定の誘導だけを目的としたものであり、中には悪質な場合もありますが、フルムビバースは異なります。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する時に「それは簡単なのかな?」と不安を持つかもしれません。でも安心。基本的な流れはこのとおり。まずはEメールアドレスを入力。普段使っているものでも、新しく作ったものでも良いです。次にパスワード。使い回しは厳禁。続いて、名前と生年月日。正確に嘘偽りなく答えましょう。そしてお支払方法です。その後は「利用規約およびプライバシーポリシーに関する声明に同意する」にチェックを忘れないようにして、全行程がきっちりクリアです。あとは「Catfish」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「Catfish」は? ネットに不慣れな人ほど難しく考えますが、実際はシンプル明快。商品のお試しセットが届けられるようなものです。具体的には一定期間は無料です。ではどれが見られるのか。それがサービスごとに異なります。ここは重要です。確認をしないといけません。見放題であれば全部見れますが、そうでないタイプのサービスならば登録時に入手できるポイントの範囲内で視聴作品を決めないとダメです。「これなら2作品見れるな…」と自分のお目当てを狙い撃ちです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「Catfish」を観て「あぁー良かった」と自己完結するだけではもったいない。家族や友人など本当にすぐそばにいるだけの人に気持ちを語るのもいいですが、インターネットという最高の武器を使えば、簡単にあなたの熱量で全国に言葉を届けることができます。コミュニケーション促進によって映画好き仲間が無料で生まれるチャンスです。恐れず素直に語り合いましょう。

『Catfish』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『Catfish』をさらに知る

インターネットの発達のなかで匿名性の真実を問う衝撃のドキュメンタリー。あなたはインターネットの世界にいる隣人をどこまで信用できるだろうか。ニューヨークに暮らす住む映画監督と友人のもとにある日、友人が雑誌用に撮影したバレエの写真を描いた絵が届く。それは何気ないプレゼントに見えた。差出人は「Abby」という8歳の女の子で、彼の写真に感銘を受けて送ったのだと書かれていた。彼らはフェイスブックを通じて彼女と親しくなっていくが、彼女には秘密があった。

★スタッフ
監督:アリエル・シュルマン、 ヘンリー・ジュースト

★キャスト

★『Catfish』の評価

IMDbRTMETA
7.180%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『Catfish』の感想
・町山智浩が映画『Catfish』を語る 
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●FILMAGA
誰もが抱えている「こうなりたかったのになれなかった自分」という理想を虚像でも叶えてくれるFacebookに、愛はあるが苦しい人生の少しの逃げ道を託した彼女の本気の恋と、それを嗤わない彼らの誠実さに心打たれた。本当にドキュメンタリーなのか、モキュメンタリーなのかは分からないけれど、ひとまず美しい物語だった事は確か。ネタバレをせずに感想を言うのは難しい。さっぱり知識もなく気楽に見て衝撃を受けるのがちょうどいいかもしれない。さあ、クリックだ。疑わずに。
●シネマトゥデイ 
ネット上の恋愛なんて引っ掛ける方も引っ掛かる方も悪いでしょ、と思っていたけど、なんだか観ているうちにいたたまれなくなっていく。なぜ自分を偽りたくなってしまったかって、ただ現実を見つめて生きていくには息が詰まってしまう、違う自分を作り出して空想せずにはいられない、そんな状況に置かれてるからに他ならない訳で…。今や誰でもやっていることではないかと思う。この作品公開時は考えられないが、むしろキャラを作って交流するのがネットでは常識になってしまった。
●DAILYMOTION
「Facebook上だけでも夢見ていたい」という心境をバカにできなくなっていった。自作自演する方の気持ちもよく分かります。でも、それを見せられるのはキツイ。Facebookの怖さから始まりまさかあんな展開とは。ヤラセなしとは思えないけどうまく出来てるドキュメンタリーでした。たぶんこれをフェイクではと疑ってしまうのも、まさにこの作品の魔の手に影響されてしまっているからだろう。キャットフィッシュを釣ることはできない。そこにあるのは見えない沼しかない。
●FANDANGONOW
すっかりこのネットでは人を信じないのがデフォルトになっている節がある。それもそれで恐ろしいが、この作品はまだその問題性が新しかった時代のドキュメンタリーだ。といってもそこまで古いわけではないのだが。つまり急速にこの課題が浮き上がり、拡大してしまったということなのだろう。それが何よりも怖い。題材はフェイスブックだが、これは全てのウェブツールでコミュニケーションの現場で起きてしまうことだ。それでも避けるのも難しい。だからナマズを引き当てないように願おう。