アリータ バトル・エンジェル

瞳に映るのは圧倒的な映像表現

映画『アリータ バトル・エンジェル』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『アリータ バトル・エンジェル』を見るなら動画リンクをチェック。

木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」を、同作の映画化を長年にわたり熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作により、ハリウッドで実写映画化したアクション大作。製作総指揮はデビッド・バルデス。数百年後の未来。人類は変わってしまった。スクラップの山の中から奇跡的に脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女は、サイバー医師のイド博士によって新たな体を与えられ、アリータと名前を与えられて目を覚ます。しかし、彼女は、自分の過去や今いる世界の常識など、持っているはずの一切の記憶が失われていた。それでもひとつひとつの発見によって少しずつ世界を認識していく。やがてアリータは、自分が300年前に失われたはずのロスト・テクノロジーを搭載した最終兵器として作られたことを知り、自分の力に気づく。それは実は多くの者が欲しがる、魅惑的な武器でもあった。そんな兵器としての貴重な彼女を破壊するため、次々と凶悪な殺人サイボーグが送り込まれ、周囲の人間も巻き込み戦いへと進んでいく。身近な人を守るには武器を手に取るしかない。アリータは、あどけない少女の外見とは裏腹の驚異的な格闘スキルをもって、傍若無人に迫り来る敵たちを圧倒していくが…。

原題:Alita: Battle Angel(「アリータ バトルエンジェル」) / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年2月22日 / 122分 / 制作:20th Century Fox / 配給:20世紀フォックス 

映画『アリータ:バトル・エンジェル』本予告【天使降臨】編2019年2月22日(金)劇場公開
ALITA BATTLE ANGEL Behind The Scenes Clips & Bloopers

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『アリータ バトル・エンジェル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

大胆な映像スケールでビジュアルを徹底して仕上げた映画はそれだけの魅惑的な面白さがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。劇場公開作を観たいときはもちろんスクリーンが一番ですが、見逃してしまったり、監督や主演の関連作を観てみたい気持ちになったりします。そんなときのフォローアップのためにこのサービスを駆使すれば120%で映画をエンジョイできます。

ユーザー応援価格なんてものじゃない、最高の無料期間お試しはサービスに少しだけ顔を覗かせる感覚で背中を優しく押してくれます。モノを買えばカネを出すという資本主義&通貨システムの基本ですが、その当然性の例外となるのが初回登録時のお試しなのです。タダで試用しながら自分にマッチできるか試着する気分。「退会させないトラップじゃない?」それはありませんと明言できます。某評判の悪いアレと違って解約にかかる手間はほぼないので、始めるのもやめるのも再開するのもかなり個人の好き勝手にできます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。Webブラウザは定期的に脆弱性を修正するアップデートをリリースしていますが、セキュリティレベルに関係なく、こうした不正サイトを自らの意志で能動的に使用してしまうと、どんな無敵に見えるパーフェクトな対策もクズ同然で、無料動画どころではないです。これらアンダーグラウンドなサイトが安全になることはあり得ないので、素直に使用をストップするのが吉です。

ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。「アリータ バトル・エンジェル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの作品情報ページに掲載中の配信アイコンはいつの時期の状態を示すのかというと、上部に記載している記事更新日時点のものです。さすがにリアルタイムでシンクロはできないのでご了承ください。「とにかくこのVODだけ使っていればいいんだ!」とうるさく押し付けることはしません。ユーザーの気持ちを第一にフラットに情報整理しています。「やっぱり映画はスクリーンがベストだね!」という人は、鑑賞料金の割引につながったり、チケット入手を支援するVODを最優先にすると良いです。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。「アリータ バトル・エンジェル」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「アリータ バトル・エンジェル」の動画が数秒おきに停止する、映像がカクカクと動いて滑らかではないなどという劣悪な再生状況が起きたりも。そういうときはネットが遅いせいかもしれません。無線LANの速度は早ければいいので一度家庭の電波状態をチェックすると良いかもしれません。ルーターは他の電波を発するモノの近くに置いたりせずに、なるべく遠くまで届くように高い位置に設置しましょう。

『アリータ バトル・エンジェル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月11日時点での『アリータ バトル・エンジェル』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『アリータ バトル・エンジェル』をさらに知る

★スタッフ
監督:ロバート・ロドリゲス(関連作品:『シン・シティ 復讐の女神』)
脚本:ジェームズ・キャメロン、レータ・カログリディス、ロバート・ロドリゲス
撮影:ビル・ポープ
音楽:トム・ホルケンボルフ

★キャスト(キャラクター)
ローサ・サラザール(アリータ)、クリストフ・ワルツ(イド)、ジェニファー・コネリー(チレン)、マハーシャラ・アリ(ベクター)、キーアン・ジョンソン(ヒューゴ)、エド・スクレイン(ザパン)、ジャッキー・アール・ヘイリー(グリュシュカ)、エイザ・ゴンザレス(ニシアナ)、ラナ・コンドル、エル・ラモント、マルコ・サロール、キーアン・ジョンソン、デリック・ギルバート、ジョージ・A・ヒメネス、ジョージ・レンディボーグ・Jr、ビリー・ブレア

★『アリータ バトル・エンジェル』の評価

IMDbRTMETA
7.659%??
映画comY!FM
3.9???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アリータ バトル・エンジェル』の感想

●無料ホームシアター 
ただただ映像美。アリータが医者のイドに拾われて最強レベルに覚醒していくなかでのバトルがたまらぬ、アリータのサイボーグの映像かどこまでが実写でどこからがCGなのか境目が全くわからないぐらい、アリータがぶっちぎりで強くて美しくて見惚れるほどにかっこいい。この空間を存在感で一気に掌握するだけの魅力と可能性を秘めているので、これは続編を作っていかないとファンは納得できないと思う。こんなにも期待を煽るラストもないのだから。
●シネマトゥデイ 
確かにジェームズキャメロンが得意そうな題材。ローササラザール演じるアリータの全てが新たな映画の表現の可能性を心に刻み込むように感じずにはいられない。細かな表情の変化や大きな目の動き、キレッキレなアクション、美しいとさえ言えるサイボーグビジュアル、心は見えないけど見えてくる。心臓はポロンと出してアピールするくだりはキュート。ここまでの観客の心を文字通り鷲掴みするキャラクターはなかなか見られるものじゃない。
●ユナイテッドシネマ 
冒頭や合間合間でアリータの純粋な心を丁寧に描いているというピュアな映画でした。超絶アクロバティック、神速でパンチ、ぶっ飛んで頭蓋骨にキック、敵の攻撃を軽々と躱し腕をへし折るぶん投げるという、アクション面も真っ先に目を奪うでしょうが、実は内面の描き方にフォーカスしていく。銃夢という題材をこんなにも愛してくれた製作陣に日本は感謝しないといけない。だって邦画なら悲惨になる可能性が高いのですし、贅沢なことです。