総理の夫|フル動画を無料視聴【実写映画も無料で】

総理の夫

日本初の女性総理…の夫になりました

映画『総理の夫』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしながらいつでも並べています。
今すぐ『総理の夫』を見るなら動画リンクをチェック。
総理の夫

原題:総理の夫 / 日本(2021年) / 日本公開:2021年9月23日 / 121分 / 制作: / 配給:東映、日活 


(C)2021「総理の夫」製作委員会

動画
▼『総理の夫』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高品質

VOD2 Huluで動画を見る 安定再生

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『総理の夫』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いろいろな映画に出会える!
楽しい映画は多いですがその全てを見れるほどにスケジュールが上手くハマるとは限りません。しかし、動画配信サービスはそういう時間がない人にこそジャストフィットします。スマートフォンで鑑賞するなら事前ダウンロード機能も利用できます。テレビでの鑑賞は専用の機器を接続するか、テレビ自体がVODに対応しているか、もしくはパソコンをHDMIケーブルでテレビにつなぐか、スマホから映像を流すかのどちらかとなります。「総理の夫」動画へお送りします。

無料配信とはどういう意味?
ビデオオンデマンドサービスというのは無料配信をしているのでしょうか。確かにしているものもありますが、ここでいう無料動画を見られるというのは無料お試しの活用を前提にした方法のことです。実写映画「総理の夫」でもデジタル配信が始まれば使えます。初回者は一定期間無料になるのが普通です(それがないものもあります)。その間はフル動画を見れるし、見終われば自由に解約できる。だから無料になるというわけです。解約に関するペナルティはないので支払いが逆に増えてしまうようなことはありません。河合勇人監督の「総理の夫」以外の映画でももちろん通用します。

「総理の夫」はどこ?
映画は高画質で観たいものです。それはサービスで決まると思っていませんか。違います。一番に影響を及ぼすのはネット環境です。これは「総理の夫」を見る前に確認をしておきましょう。無線LANを使用しているならとくにです。ネット速度を計測するサイトもあるのでそれでチェックです。もし遅いと感じるなら有線で接続して改善するかをまずは調査。次にルーターの設定を変えるなどしてみるのもいいかもしれません。一番手っ取り早いのはルーターを最新の高機能のものに買い替えること。実写映画「総理の夫」を見るだけではない、あらゆるネット体験を向上してくれるでしょう。では肝心のもっと大事なこと、観たい映画はどこにあるのか。それはこのページで整理されています。サブスクリプションビデオサービスのアイコンがあればそれで見られるという目安です。「総理の夫」はたいていはどこかにあります。焦らないでください。しかし、配信は変わってしまうのでじっとしているといつのまにか状況も変化してしまうでしょう。映画は観たいときにすぐに観るのがベストです。

『総理の夫』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『総理の夫』は「Netflix」で見られる?


邦画は好きな俳優が出ていることも多く関心を持ちやすいカテゴリです。Netflixでは『総理の夫』などの日本映画も続々とラインナップに加えることに積極的です。ただし、絶対にあるとは限りません。そこで検索でチェックです。必ず公式サイト上でくまなく調べることを忘れないように。

『総理の夫』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonの良いところは原作も同時に購入したりできることです。映画は見放題でも原作まではそうなっているわけではないので。そこは勘違いをしないようにしましょう。『総理の夫』と入力すれば原作も表示されるでしょうが、映画を重点的に目を通し「prime」マークがないか確認です。

『総理の夫』でも不正動画はダメ


残念ながら日本映画であっても完璧な防御に守られているわけではないので違法性の高いコンテンツとして流布されているケースが多々発生しています。『総理の夫』もそういう被害に遭っています。こういうサイトは裏で意味のないプログラムが動いているものです。あるときは映像を見せるように見せかけて頻繁に停止させ、クリックやタップを誘発させます。『総理の夫』が見れないとイライラさせるのが狙いになっているのです。

▼『総理の夫』無料動画を見る前に

『総理の夫』のあらすじ


ベストセラー作家・原田マハの小説「総理の夫 First Gentleman」を、田中圭と中谷美紀の共演で映画化。妻が日本初の女性総理になったことで、自身も史上初のファーストジェントルマンとして担ぎ上げられてしまった鳥類学者の夫が、自分のいた世界とは全く違う政界という未知の世界で奮闘する姿を描いた。『総理の夫』のエグゼクティブプロデューサーは福家康孝、柳迫成彦、三輪祐見子。監督は河合勇人。貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、木下ほうか、長田成哉、関口まなと、米本学仁、国広富之、寺田農、片岡愛之助、嶋田久作、余貴美子、岸部一徳などが共演する。少数野党の党首を務めている凛子と結婚10年目を迎えた鳥類学者の相馬日和は、自分はあくまで自然相手に仕事している人間であり、政治のことは妻に任せていた。ある朝、凛子から「もし私が総理大臣になったら何か不都合ある?」と意味深な話を投げかけられ、そこまで真面目に考えていなかった本人は困惑する。なぜそんなことをいきなり聞くのか。質問の意図を探ってもはぐらかされた日和は、そのまま野鳥観察の出張に出かけ、いつものように研究に明け暮れて、ろくに電波の届かない孤島で10日間を過ごす。しかし、その間に世間は激変。政治というものは自分の知らないところで大きく動いていた。凛子が史上初の女性内閣総理大臣に選出されていたのである。つまり、自分は総理大臣の夫になってしまったということであり、一気にマスコミの注目の的になっていく。カメラが自分についてくる。政治的な質問も向けられる。何よりも妻のことに関する質問をこんなにも向けられたことはない。その騒動はまだ本人には全然理解できないもので、世間の話題性に対して自分は追いついていなかった。そのことで自動的に史上初の「総理の夫」となった日和は、微力ながらも妻の夢を全力で応援しようと心に誓うが、政治は翻弄することに関しては話題に事欠かない。今の日本は多くの政治的な問題を山ほど抱えている。予想だにしない激動の日々に巻き込まれていき、相馬日和は政治のジェットコースターに突入する。

・原田マハ「小説を読んで映画を観て終わりにせず、その先にある本当の社会に目を向けていただくためには、まずは面白くなくちゃいけない。エンターテイメントとして成功してこそ、小説も映画もいい媒介になり得ます。そういう意味でも、凛子を演じていただいた中谷さんは、素晴らしい媒介者になられていますね」⇒原田マハ公式サイト

『総理の夫』の感想(傑作?駄作?)

E:3.5,F:3.6,Y:3.44
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「総理の夫」
●『総理の夫』無料ホームシアター 
おちゃらけなシーンに少々ウザさを感じるのだけど感動はあるので悪くはないです。タイトルにコメディー系の印象が漂っているのでわかると思うのですが、原作はもっと真面目にテーマに取り組んでいるので、映画では少し逃げているようにも感じられます。映画を観た人はぜひ原作の方を観てください。映画が気に入らない人でも小説「総理の夫」は別の印象を受けると思います。映画版は良くも悪くもバラエティ番組的なノリがあるんですよね。
●『総理の夫』フルソウリムービー:f07607
総理の夫である相馬日和役の田中圭。これは実際にそうだったら大人気になってしまうこと間違いなし。愛されまくって総理以上の注目度で日々のマスコミを騒がせるマスコットになるのでは? 映画ではそんなわざとらしいキャスティングも相まって俳優の魅力はじゅうぶんです。女性が総理そして妊娠。かなりご時世を反映したタイムリーな内容になっているけど、そこまで政治に切り込めていない遠慮しているもどかしさはあります。
●『総理の夫』フリーセイジシネマ:G-24
田中圭のふにゃふにゃしたスタイルが可愛い。全部鳥に持って行かれるのもいい。国民に届くメッセージを伝えてくれるあんな首相はフィクションの中にしかいないのかな。同時期にやっている自民党総裁選では政治的な質問は避ける人ばかりで趣味の話をしていますからね。国のリーダーとして立ち上がるならやはり器がないといけない。それは性別ではなく、年齢でもなく、覚悟で決まる。日本の政治家たちには絶対にわからない世界だ。