ひらいて(実写映画)|フル動画を無料視聴【山田杏奈主演・キスシーンも】

ひらいて

好きな人の好きな人を奪えばいい

実写映画『ひらいて』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドで理解しやすいように整理整頓。
今すぐ『ひらいて』を見るなら動画リンクをチェック。
ひらいて

原題:ひらいて / 日本(2021年) / 日本公開:2021年10月22日 / 121分 / 制作: / 配給:ショウゲート 


(C)綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会

動画
▼『ひらいて』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 安定再生

VOD2 Huluで動画を見る 一時停止可

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『ひらいて』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

実写映画でも何でもあり!
動画配信サービスは今のメインストリームであり、レンタルショップよりも身近になってきた存在です。実写映画でもどういうタイプでも揃っているので観やすいのがメリット。デメリットはインターネットが必要になるくらいだと思いますが、今はたいていはネット環境があるでしょう。スマホで小さい画面で観るのでもいですし、パソコンでプライベートで鑑賞してもいいですし、テレビで大画面で満喫してもOKです。実写映画「ひらいて」はすぐそこにあります。

無料で自由にお試しあれ!
何事も初めては怖いもの。ビデオオンデマンドサービスは初心者には不安も多いです。実写映画「ひらいて」を見たくてもその心配が消えないと手をは出せません。そこで無料お試しはどうですか。これなら支払いなしでサービスをその手で確かめることができます。悪いとは思わないと思うのですが、もし自分にフィットしないとわかったらそのまま解約をしても批判されることもありませんので好きにしてください。退会は専用のページで数分で終わるものです。首藤凜監督の実写映画「ひらいて」の動画もご自由に。

「ひらいて」はどこ?
このページでは実写映画「ひらいて」の配信しているサービスをアイコンで整理しているので自分でイチイチ確認するという作業を大幅にカットさせることができます。アイコンがないときは待ってください。明日でも1週間後でもアイコンの追加を待てばいいのです。山田杏奈主演の実写映画「ひらいて」の場合はどうかはわかりませんが、配信は変動するものなので根気もいります。このフルムビバースはしっかりアップデートしていますし、配信状況を追いかけているので記事更新時点の情報を表示しています。作間龍斗出演の実写映画「ひらいて」の情報が古いままで置き去りになるという残念なことはありません。もしアイコンが複数あってどれがいいのかわからないときは基本は自分の利用したことないサービスをセレクトすればいいと思いますが、自分の環境をいろいろ考慮すると他にも判断ポイントはあるかもしれません。こればかりは個人差があります。こちらでは変に押し付けることはしませんので後は自分の判断をじっくりと熟慮してみてください。

『ひらいて』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『ひらいて』は「Netflix」で見られる?


Netflixは数多くの日本実写映画を揃えているので『ひらいて』も漏れなく配信されることはじゅうぶんに期待できます。問題はそのタイミングと把握です。それをキャッチするには当日にサイト内で検索をするのが一番。短いタイトルの場合は上手く検索できないこともあるので注意です。

『ひらいて』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonは原作を読みたい人にも便利です。『ひらいて』を探すとき映画だけを観るならプライムビデオの枠の中だけで調べてください。見放題になるのは「prime」と書かれているもののみです。不安定なことにこれはコロコロと変わってしまいます。ずっと見放題ということもありません。

『ひらいて』でも不正動画はダメ


不正をしているサイトを見分けるコツというのはシンプルです。『ひらいて』であろうと他の映画であろうともこれはスルーすることもできない問題であるのですがその知識は広く認知されていません。例えば日本語のサイトなら安全というわけではないのです。今は自然な日本で違法サイトに導くものもいっぱいあります。スパムを仕掛ける方法はいくらでもあるのです。『ひらいて』を観れるように嘘をついている動画サイトもありますし、そもそも動画サイトのふりをしている個人情報窃盗サイトも無数に存在します。

▼『ひらいて』無料動画を見る前に

『ひらいて』のあらすじ


芥川賞作家・綿矢りさが、高校生による三角関係を大胆に描いた小説を、山田杏奈主演で繊細に映画化。『ひらいて』のプロデューサーは杉田浩光。監督はオムニバス映画『21世紀の女の子』でも注目を集めたフレッシュな才能が光る若手監督・首藤凜。作間龍斗、芋生悠、山本浩司、河井青葉、木下あかり、板谷由夏、田中美佐子、萩原聖人などが共演する。明るく成績優秀で校内では人気者の愛は、心の中に秘めているある気持ちがあった。それはまさしく愛の感情。同じクラスのたとえに片思いをしているのだった。その相手は愛とはまるで異なり、正反対と言ってもいい。特別に何か輝いているわけではなく、目立たず、賑やかな教室でもひっそりと自分の世界だけで過ごす地味なタイプのたとえ。それがたとえの自分なりの生き方であった。どこか人と関わりを持つことを避けているように見えるので、近づきたいと思っている愛にとってはなかなか近づけずにいるという難しい存在。それでも諦めるという気持ちにはなれない。なんとかして距離を詰める方法はないものか。そんなたとえのある行動が目にとまる。誰かからの手紙を大事そうに読んでいる姿を偶然目撃したのである。そんな手紙を大切に読むということはよほど意味のあることなのか。わからないが気になるのは当然だった。そうして好奇心だけが抑えられない愛は、ある夜、悪友たちと学校に忍び込んだ際、その手紙を盗んでしまう。ダメなことはわかっていてもこの行動は止められない。その手紙は意外なものだった。糖尿病の持病を抱える陰気な少女・美雪からのもので、その相手はもちろん、内容にも驚かされる。この学校でもまるで目立たない美雪とたとえが密かに交際していることを知ったのだった。そんなことはあるだろうか。自分の片思いがこれはまるで結ばれるような気配はない。なにせ相手はもう恋を見つけているのだ。それを知ってしまった愛の思いは乱れるが、そこで諦めるような人間でもなかった。その気持ちを隠して渦中にいる美雪に近づく。それは完全に狙った行動。そこから愛と美雪、たとえの歪な三角関係が始まり、危うい手段を愛は突き進んでいく…。

・首藤凜監督「(折り鶴の木のシーンは)原作にはないんですけど、作りました。原作だと愛の一人称の小説なので、恋愛感情が直接入ってくるんですけど。(映画は)引いていて、セリフとかモノローグもないですし。その中で異常な執着をどう見せたらいいんだろうと思って」⇒引用:ガジェット通信

『ひらいて』の感想(傑作?駄作?)

E:3.6,F:3.9,Y:3.91
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「ひらいて」
●『ひらいて』無料ホームシアター 
たとえくんが好き。その気持ちは抑えられない。でもたとえくんには彼女がいる。それは事実。それならたとえくんの好きな人を奪えばいい。この歪んだ略奪愛ならぬ相手側を略奪してしまうという作戦を講じるこの主人公は共感しづらいのはわかっている。それでも目が離せないほどに魅力を感じるのはなぜだろう。高校生でここまで恋愛に積極的になれるというのも凄いが、貪欲さは凄まじいものがあり、色々な常識を覆されて唖然とする。
●『ひらいて』フルヒライテシネマ:f07623
好きな男子の恋人に手を出すというアクロバティックな愛情表現は観客さえも茫然とさせるものがある。普通に男の方を奪えばいいのに。しかしその感情は単純な恋愛ではない。私には奪えないものはないという誇示であり、ある種のコントロール。この主人公は愛という名前のとおり、愛の支配者なのである。美雪の部屋で愛がキスするシーンは素晴らしく綺麗で美しいショットだった。愛のアラーム音はかなり印象的に覚えてしまいます。
●『ひらいて』フリーリサムービー:H-11
山田杏奈さんは今後日本の映画業界の中心に立つのではないか。それくらいに魅力が爆発していました。好きな人の好きな人をロックオンする大胆不敵さでアグレッシブに攻めていく。高校生の三角関係をエキセントリックに描いていて綿矢りさの作品らしさがあちこちに詰まっている。パワフルで圧倒的な魅力を放つ山田杏奈の意志の強い眼差しに魅せられていけば、もうそれは完全に手のひらの上で踊らされていくだけになるでしょう。