HOKUSAI|フル動画を無料視聴【柳楽優弥&田中泯の主演】

HOKUSAI

絵で世界は変わるのか

映画『HOKUSAI』のフル動画を無料視聴する方法を、ストレートにアクセスできるように紹介。
今すぐ『HOKUSAI』を見るなら動画リンクをチェック。
HOKUSAI

原題:HOKUSAI / 日本(2020年) / 日本公開:2021年5月28日 / 129分 / 制作: / 配給:S・D・P 

映画『HOKUSAI』90秒予告(2021年5月28日公開)

(C)2020 HOKUSAI MOVIE

動画
▼『HOKUSAI』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 解約簡単

VOD2 Huluで動画を見る マルチ対応

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『HOKUSAI』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

気になるあの俳優の映画も!
好きな俳優がいても追いかけていく中ですべての出演作品をチェックできるわけではありません。映画館は少し面倒です。しかし、動画配信サービスなら少しどころではない、大幅にラクになります。「もう使っているよ」という人もたまには違うサービスを体験してみませんか。ラインナップも違いますし、もしかしたら自分に合っているのはこっちかもしれません。そういうものを気づいていくと人生がまた楽しくなります。「HOKUSAI」動画へ直送。

無料は複雑ではない!
ビデオオンデマンドサービスと呼ばれるこのネットサービスには無料期間が備わっているものが多いです。実際に利用者はこれを期待している人もたくさんいます。「HOKUSAI」含めた多くの映画を観ても無料なのです。しかし、問題点はひとつ。つまり、無料の時間です。その期間はサービスによって変わるので勘違いをしないでください。映画は見れても無料期間をスルーしてしまうと失望に変わってしまうかもしれません。橋本一監督の「HOKUSAI」もアリ。

違法性は擁護できない!
不正なビデオを含めたコンテンツの山は「HOKUSAI」でさえも巻き添えにしてきますが、それをどういう理由でも擁護することはできません。法律に違反している以上は提供者も利用者もアウトです。オフィシャルサービスと区別がつかないということはまずありません。「知らなかった」という言い訳は通用しないでしょう。けれども万が一ということもあります。このページでは安心できるように正規だけを紹介しています。「HOKUSAI」も健全に。

「HOKUSAI」はどこ?
「無料もわかったし、あとは登録するだけかな?」そう思ってもちょっと待ってください。どのサービスにしますか。柳楽優弥出演の「HOKUSAI」があるのはどれなのか。実は複数のサービスで扱っていてもどれでもいいわけではありません。なるべくなら他の観たい映画などと兼ね合いでチョイスをしたいところ。そこで田中泯出演の「HOKUSAI」を鑑賞できてベストなサービスをこのページではリスト化。押し付けることはしませんし、勝手にひとつのサービスだけを特化させることもしません。選択は個人の自由ですのでそれを尊重します。ここはスポンサーシップなどは関係ないフェアな紹介エリアです。気を付けたいのは配信は変動するということ。ここにあるアイコンでの表示も記事更新時点のものをインフォメーションとして整理しているだけです。「HOKUSAI」のような作品は視聴できるサービスは変わってくるものです。常にその時点の情報はサイト内で確認してください。

解約は簡単にできるけど…
もしあなたが「HOKUSAI」を見終わったほかに観る映画もないなら解約をしてもOKです。退会することは簡単にできます。ただし、解約をしたからといってすぐにサービスを利用できなくなるわけでもありません。例えば、解約日ではなく次の料金請求日まで利用可能なものもあります。そうなってくると1カ月くらいはまだ使用できることになります(その中で視聴してももちろん悪いことにはなりません)。瀧本美織出演の「HOKUSAI」鑑賞時も覚えておきましょう。

『HOKUSAI』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『HOKUSAI』は「Netflix」で見られる?


観られるかどうかで言えば可能性はあります。Netflix配信は常に一定というわけではないですが、配信が始まればすぐに動き出すでしょう。ネット配信であれば共通ですがこの配信は流動的。『HOKUSAI』であっても各作品ページに配信終了日が小さく表示されるでしょう。それでしか基本は判明しません。

『HOKUSAI』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonは配信といってもHuluのような動画配信サービスオンリーのものとは違います。見放題の他に個別のレンタルがあるほかにDVDなども販売されているので『HOKUSAI』を観る手段はいくらでも用意されています。本来の見放題で観るならばプライム会員でかつ取り扱いがないといけないのです。

▼『HOKUSAI』無料動画を見る前に

『HOKUSAI』のあらすじ


「富嶽三十六景」など生涯を通して3万点以上の作品を描き残したといわれる江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の知られざる生涯を、柳楽優弥と田中泯の主演で映画化。監督は『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の橋本一。エグゼクティブプロデューサーは細野義朗、プロデューサーは中山賢一。阿部寛、永山瑛太、玉木宏、瀧本美織、津田寛治、青木崇高、辻本祐樹、浦上晟周、芋生悠、河原れんなどが共演する。自らを画狂人と呼び、絵に全てを捧げた天才絵師。若き日に苦悩を重ねるが、苦心の末、満を持して開眼。圧倒的な画力と唯一無二の創造性でヒット作を量産。芸術家が抑圧される中で、筆で抗い続ける不屈の革命家。世界すらもその芸術を認めている。そんな人物はどうやって生まれたのか。町人文化が華やぐ江戸の町の片隅で、食うこともままならない生活を送っていた貧乏絵師の勝川春朗。後の葛飾北斎となるこの男の才能を見いだしたのが、喜多川歌麿、東洲斎写楽を世に出した希代の版元・蔦屋重三郎だった。それは日本の歴史に残る芸術の誕生を意味していたが、当人たちはまだそんなことをわかっているわけもない。今はひたすらに何を描きたいのか、そんなことを突き詰める。重三郎の後押しにより、その才能を開花させた北斎は、彼独自の革新的な絵を次々と生み出し、一躍、当代随一の人気絵師となる。圧倒的な独創性は唯一無二。その奇想天外な世界観はとどまることを知らず江戸中を席巻し、これまでにない百花繚乱を追い求める刺激好きの町人文化を押し上げることとなるが、次第に幕府の反感を招くこととなってしまう。

・柳楽優弥「一番印象に残っているのは、雨の中で泯さんが“北斎ブルー”に包まれるシーンです。あのシーンが泯さんの即興の芝居だと後から伺って、即興でこんなに素晴らしい映像を撮ることができるんだと驚きました」⇒ 引用:シネマトゥデイ

『HOKUSAI』の感想(傑作?駄作?)

E:2.8,F:3.4,Y:3.55
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「HOKUSAI」
●『HOKUSAI』無料ホームシアター
初っ端に蔦屋重三郎が営む耕書堂への強制的なガサ入れがあって、浮世絵や書物(「婦女人相十品」や「仕懸文庫」など貴重なものも)などが店の外で燃やされるという、芸術への冒涜というものがある。権力の気に入らないアートは廃棄されてしまう。そういう世界は昔の日本にもあって、それは今も続いている。今は映画館自体が政府によって潰されている。そんな時代にこの映画が公開されていることはシンクロとして完璧だ。
●『HOKUSAI』フルホクサイシネマ:f07547
描きたいものをリビドーとして叩きつけるという情熱の先にあるものを見た気がする。正史としての葛飾北斎という人のエピソードをどこまで認知しているかというポイントは大事になってくる。それを説明する描写はないに等しいのでかなり人によっては混乱するだろう。しかし、映画が訴えるメッセージはじゅうぶん伝わる。映画が心を動かすように絵画が心を動かす時代がある。だから一部の人はそれが気に入らなかったのだろう。
●『HOKUSAI』フリーペイントシアター:H-5
民は愚かで税を納める奴隷であることを望む政府・為政者の卑劣さというのは変わらぬものなのか。我が国を代表する画家の情念と反骨の人生を通しているにもかかわらず、今の日本は何とも怠惰に沈んでしまったのかと失望する。映画が企業の金儲けになってしまうという状況を見れば、作中のあの人物たちは狼狽するだろう。今は絵師という言葉も安易に多用される。本当はそこに全人生を注ぎ、大衆化しないことを良しとする存在だったのだ。