アイ・アム まきもと|無料動画をフル視聴【アイアムまきもと】

アイ・アム まきもと
映画『アイ・アム まきもと』のフル動画を無料視聴する方法を、情報更新をしながら日々リストアップ整理中です。今すぐ『アイ・アム まきもと』を見るなら無料動画リンクをチェック!
アイ・アム まきもと

原題:アイ・アム まきもと / 日本(2022年) / 日本公開:2022年9月30日 / 104分 / 制作: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 

動画
▼『アイ・アム まきもと』の動画リンク▼

U-NEXTで動画を見る
Huluで動画を見る
TSUTAYAで動画を見る
-
-
YouTubeで予告動画を見る

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2022/10/06時点。

配信:情報確認中

▼『アイ・アム まきもと』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !
3.『アイ・アム まきもと』動画を視聴

映画でリラックスするのもいい
社会に疲れた時は一旦その喧騒から離れるのがいいです。ビデオオンデマンドサービスで見たい映画を探しませんか。もしくは「これが見たい」というものがあるならなおさら最適でしょう。日本によるリメイク映画となる「アイ・アム まきもと」のように色々な映画があると思いますが、今ではサブスクリプションサービスでの鑑賞は当たり前の行為。素晴らしい充実度なので1日を潰すどころか1カ月でも観きれないとんでもないボリュームがあなたを待っています。

無料は映画体験の始まりにふさわしい!
無料ホームシアターのような「アイ・アム まきもと」の動画視聴はVODで可能です。スマホからでもパソコンからでも登録する過程は同じ。基本はひとつのアカウントで多くのデバイスを横断利用できます。スマホで見ていて途中で停止し、家に帰ってからパソコンで視聴再開することも可能です。そして初回利用者はトライアルとして無料で始めることができるサービスも多彩で、これがビギナーにとってはうってつけのものになっています。水田伸生監督の「アイ・アム まきもと」でも見逃さずに。

「アイ・アム まきもと」はどこ?
自分で配信しているサービスを見つけようとすると何度もサイトをうろつくことになってしまい、時間の無駄です。そこで「アイ・アム まきもと」の動画の場所はここでサクっと特定してください。アイコンでリスト化しているのですぐにわかります。ここに掲載されている情報は固定ではありません。定期的な更新によって情報はアップデートされます。なので古いままということもありません。阿部サダヲ出演の「アイ・アム まきもと」を見終わった後にどうするかはあなたしだいですが、他にも多くの話題作があります。それを見ていくのもいいでしょう。解約したいときは、このサイトでは解約方法も整理済みです。しっかり公式サイトの解説に案内しているので、こちらも情報が過去のもので役に立たないということもありません。満島ひかり出演の「アイ・アム まきもと」を繰り返し観るのでも構いません。

『アイ・アム まきもと』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『アイ・アム まきもと』は「Netflix」で見られる?


Netflixは日本映画も次々と追加されています。『アイ・アム まきもと』でも観れると思うのも無理ありません。ただし、これに関しては実際の配信有無が全てです。検索しても表示されないときはそのサービス内で扱っていないと考えるのが自然なことになります。

『アイ・アム まきもと』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonはデジタル動画の全てがプライムビデオの対象というわけではありません。その中のいくつかが実際のプライムビデオ見放題となっているだけです。『アイ・アム まきもと』はどういう扱いなのかを確認しないことにはそれが無料動画になるかも言い切れません。

『アイ・アム まきもと』でも不正動画はダメ


違法動画サイトはどういう言い訳も通用しません。今の日本では不正なリーチサイトも蔓延しています。『アイ・アム まきもと』の動画が無料で見れると謳って悪質なコンテンツへと誘導するものです。もちろんそれは犯罪です。そんなものはあなたの利益にはなりません。このフルムビバースでは正規のサイトだけを案内し、安易な無駄を押し付けることはしません。『アイ・アム まきもと』の動画に速やかにアクセスできるように整理しています。

▼『アイ・アム まきもと』無料動画を見る前に

『アイ・アム まきもと』のあらすじ


皆さん、私は“おみおくり”をしたいのです。『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督と阿部サダヲが4度目のタッグを組み、2013年製作のイギリス・イタリア合作映画『おみおくりの作法』を原作に描いたヒューマンドラマ映画。『アイ・アム まきもと』のエグゼクティブプロデューサーは堤天心、志賀司、中西一雄、島本雄二、井川泉、ウベルト・パゾリーニ。満島ひかり(津森塔子)、宇崎竜童(蕪木孝一郎)、松下洸平(神代亨)、でんでん(下林智之)、松尾スズキ(平光啓太)、坪倉由幸(小野口義久)、宮沢りえ(今江みはる)、國村隼(槍田幹二)などが共演する。人間は死ねばお葬式が行われる。でも世の中には誰にも知られることなく、ひっそりとこの世から去る者もいる。小さな市役所で、人知れず亡くなった人を埋葬する「おみおくり係」として働く牧本はそんな人たちのために仕事をしていた。この仕事に誇りと自信を持っている牧本はいつも真剣に取り組んできた。すでにもういない、喋ることもできない故人の思いを尊重して汲み取るのが大事になってくる。しかし、その大切にしすぎるこだわりゆえに世間のルールより自分の考えを優先してしまい、時には暴走して空気が読めなくなり、周囲に迷惑をかけてばかりいた。それでも牧本は自分のスタンスを曲げることはなく、この仕事のことばかりを考えている。そんなある日、新任局長・小野口が「おみおくり係」の廃止を決定。さまざまな事情を考慮しての出来事だったが、牧本にとってはショッキングな決定だった。今までずっとこの仕事に捧げてきた自分の道のりもここで行き止まりになってしまうということだった。それはあまりにも悲しかった。身寄りなく他界した老人・蕪木の埋葬が「おみおくり係」での最後の仕事となった牧本は、蕪木の身寄りを探すため彼の友人や知人を訪ね歩き、最後の仕事として気を引き締めながら特別な感情を抱きつつ、この役割をこなしていく。当然ながら仕事には気を抜かず丁寧に進めていく。やがて蕪木の娘・塔子のもとにたどり着き、この仕事も無事に終えられると思っていた。ところが、蕪木の知られざる思いとともに彼の人生をたどるうちに、これまで頑なに自分を貫いてきた牧本自身にも少しずつ変化が起こり始める。それは牧本にとっても意味のある「おみおくり」となる。物語の結末は『アイ・アム まきもと』の無料動画からぜひどうぞ。

満島ひかり「こっちを見ると國村さん、あっちを見ると宮沢さん…とすごい面々なんですけど、変な緊張感はなくて自然にそこにいることができました」⇒引用:クランクイン!

【タイトルミスしていませんか?】
「アイ・アム・まきもと」「アイム まきもと」「アイアム牧本」

『アイ・アム まきもと』の感想(傑作?駄作?)

E:3.6,F:3.7,Y:3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「アイ・アム まきもと」
●『アイ・アム まきもと』動画レビュー1 
いわゆる空気を読めないという主人公。この設定にしていることは賛否があると思う。端的に言えば元の映画のタッチとは全然違うものだから。これはコメディとしての観客に最適化された面白キャラに過ぎない。その主人公がある意味では社会に適応していく。それを良いこととして描いていいのかという問題はある。日本映画らしいアレンジかもしれないが、これこそ日本が平凡な作品を生み出してしまうことの根本的な敗因ではないかと思ってしまう。
●『アイ・アム まきもと』動画レビュー2 
孤独死だったり、色んな事情があって、無縁仏になってしまった遺体はどれくらいあるのだろうか。それを丁寧に最期までお見送りする。文字どおりそういう映画です。ひとりぼっちで誰にも看取られず骨になるよりも、誰かしらに葬ってもらい、偲んでもらう方がいいだろうという発想は世界共通なのかな。阿部サダヲらしいストーリーでした。これは阿部サダヲがやらずして誰がやるのかという感じです。スタンダードな映画が観たい人向けです。
●『アイ・アム まきもと』動画レビュー3 
重く暗くなりがちなストーリーを阿部サダヲマジックで軽やかにしている。これはまさしくこの俳優の持ち味。怒鳴り散らす警官・神代との交流はユーモアたっぷりで、それでいてなんだか本質を突いている。さらに遺骨はもしかしたら誰かが引き取りに来るかもしれないという理由から自分のデスク回りに保管をしているほどにやりすぎな人間であっても、それはこの映画にはささやかなことに過ぎないのです。遺骨もただの物質ですが、不思議な物質ではありますね。

(C)2022 映画「アイ・アム まきもと」製作委員会