最後の決闘裁判|フル動画を無料視聴【高画質動画を選択】

最後の決闘裁判

誰が真実か…ではない

映画『最後の決闘裁判』のフル動画を無料視聴する方法を、ハッキリ判断できるように一覧提示。
今すぐ『最後の決闘裁判』を見るなら動画リンクをチェック。
最後の決闘裁判

原題:The Last Duel(「ザ・ラスト・デュエル」) / アメリカ(2021年) / 日本公開:2021年10月15日 / 153分 / 制作: / 配給:ディズニー 


(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

動画
▼『最後の決闘裁判』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る 字幕or吹替

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『最後の決闘裁判』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

コスパの良い映画の付き合い方!
おカネにがめついわけではないのですが、映画を観るのに大金を払いたい人もいないです。そこで動画配信サービスはコストパフォーマンスが高いということは言及しないわけにもいきません。スマホでもパソコンでもタブレットでもテレビでも何でもいいので視聴するにしてもコストが増えないというのは最高です。「最後の決闘裁判」の映画をどんどんと観てもいいですし、他の気になっている映画を観てもいいのです。

フリーのトライアルはここに!
ではどうやってコストが少なくなるのか。動画配信サービスは無料お試しがあるのでそれでまずはコストダウンです。「最後の決闘裁判」を視聴していくことはそのお試し期間で可能です(配信があればですが)。登録をするだけでいいので初回利用者であるという条件を満たせば一定期間は無料になるでしょう。その条件を満たさないなら普通に有料支払いということになってくるので気を付けてください。リドリー・スコット監督の「最後の決闘裁判」もぜひどうぞ。

「最後の決闘裁判」はどこ?
こちらの映画ページでは個別に配信している動画サービスの場所を提案しています。マット・デイモン出演の「最後の決闘裁判」を観れるのはコレとコレとコレという感じでわかると思います。その中でも自分の利用経験がないものをセレクトしておくと無料になる可能性は増えるはず。アダム・ドライバー出演の「最後の決闘裁判」を高画質で観るならどのサービスでも悪いわけではありません。それよりも自分のインターネット環境の方が大事です。もし最近はネット速度が遅いと感じているならば動画も快適に見られないかもしれません。無線LANを使っているならルーターを最新のものに買い替えてみるのもいいはずです。とくに4~5年以上前のものを使っているなら購入をオススメします。ジョディ・カマー出演の「最後の決闘裁判」だけでなくインターネット体験全体が向上するので最高な気分になれるでしょう。

『最後の決闘裁判』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『最後の決闘裁判』は「Disney+」で見られる?


ディスニープラスは子ども向けのアニメなどばかりを扱っているイメージですが、大人向けの作品も「スター」の枠で扱っています。『最後の決闘裁判』はディズニー配給なので取り扱いされる可能性が高いです(Netflixでは配信しないでしょう)。チェックするにはタイトル検索をすること。キッズには表示はできません。

『最後の決闘裁判』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


大手のAmazonは『最後の決闘裁判』でも他の映画でも幅広い扱いになっていますが、見放題になっているかは別問題です。まずは「prime」表記を確認しましょう。見放題になっている作品は後でそうでなくなるケースもあります。時間の都合もあるでしょうが観れるうちに観ておくのが最善の判断でしょう。

『最後の決闘裁判』でも不正動画はダメ


危険かどうかの裁定をするまでもありません。不正サイトは『最後の決闘裁判』を巧妙に見れるかのように偽り、実際は映画動画のダミーで個人情報を盗むという仕込みをしています。アドウェアはたいしたことがないと思っているかもしれませんが、ブラウザだけでなく、機器自体に大きな悪影響を与えるものです。『最後の決闘裁判』は見れるのであれば正規の方がいいに決まっています。そういう場所はちゃんとあるのですからそっちを利用しましょう。

▼『最後の決闘裁判』無料動画を見る前に

『最後の決闘裁判』のあらすじ


ゲティ家の身代金』の巨匠リドリー・スコット監督が、アカデミー脚本賞受賞作『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレックによる脚本を映画化した重厚な歴史ミステリー。『最後の決闘裁判』の製作総指揮はケビン・ハローラン、ドリュー・ビントン、マディソン・エインリーなどが名を連ねる。マット・デイモンとベン・アフレックが出演するほか、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー、ハリエット・ウォルター、アレックス・ロウザー、マートン・ソーカス、ナサニエル・パーカーなどが共演する。1386年、百年戦争さなかの中世フランスは刺激を求める群衆に溢れていた。そして今、執り行われようとしているのはフランス史上最後の「決闘裁判」。負ければ死ぬだけではない。名誉も傷つき、人生を終える。この決闘裁判は命を賭けてどちらが正義なのかを決める場である。どうしてこんなことになったのか。始まりは2人の出会いに巻き戻る。騎士カルージュは妻マルグリットとともに幸せな生活を送っているかに思えた。カルージュは戦に出かけることで実績をあげてきたが、その評価はあまり良いものではなく、経済的にも苦しかった。マルグリットの存在はそんなカルージュにとって助けとなる。カルージュの旧友ル・グリは知り合いではあったものの、カルージュとは性格も正反対で、独自に権力に気に入られるように動いていた。そんなル・グリに苛立つカルージュ。ある日、マルグリットはル・グリに性的暴力を受けたと訴えるが、現場にはマルグリットひとりしかいないために目撃者もおらず、ル・グリは無実を公然と主張。マルグリットは真実を訴えるもそれを真に受けるものはいない。結局、真実の行方は、カルージュとル・グリによる生死を懸けた「決闘裁判」に委ねられることになってしまう。試合場では互いに武器だけで戦う。助太刀はない。死ぬまで戦うことになる。勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者は恥ずべき罪人として死罪になるが、カルージュが負ければマルグリットも死ぬ。偽証の罪で火あぶりの刑を受けることになるのだった。勝敗はマルグリットの立場などさておき、完全に大衆の見世物になってしまった。人々はカルージュとル・グリ、どちらが裁かれるべきかをめぐり、好奇心と興奮だけの感情で真っ二つに分かれる。

【タイトルミスしていませんか?】
「最期の決闘裁判」「最後の血統裁判」

『最後の決闘裁判』の感想(傑作?駄作?)

R:86,I:7.7,M:67,E:3.8,F:4.0,Y:4.22
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「最後の決闘裁判」

・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式・映画評書き起こし] 
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『最後の決闘裁判』無料ホームシアター 
強烈な映画というのは1年でいくつもあるが、この映画はまさにそれ。男と男が闘うのだから勇ましい映画なのかと思うだろう。しかし現実は違う。このバトルは正義ではない。明らかに男の自己満足になっている。本当に戦うべきは被害者であるマルグリットだが、その出番さえもない。本作はかなりの長時間を利用して訴えているのはそういうことなのである。凄まじい終盤の暴力描写は暴力しか知らない男の怖さを思い知らされる。
●『最後の決闘裁判』フルデュエルシネマ:f07619
巷の感想を観ていると「マルグリットは被害を訴えるべきではなかった」とか「性的暴行程度で大袈裟だ」とか「女が悪い」といった最低の言葉も飛び込んでくる。残念ながらこの日本もそういう男たちで溢れかえっているのである。それを知るのは嫌だがそれも現実である。決闘して殺し合いをしてくれるならいいが、リアルでは加害者と傍観者は結託している。決闘も起きない世界というのも地獄のようなものである。適切な裁判をせめて求む。
●『最後の決闘裁判』フリーケットウムービー:L-15
リドリー・スコットの強力にヘビーなインパクト演出と、脚本の巧みな構成。1幕目で通常のありきたりな物語を見せる。事件の直接的なシーンはない。次に2幕目で事件の現場を見せる。これで観客に真実はわかる(現実を無視する馬鹿でもないかぎりはわかる)。3幕目で女性の置かれている状況を徹底的に突きつける。この3弾攻撃は観客の心を揺さぶる。とくに俳優の演技も素晴らしい。凛々しさの中に怒りがあるジョディ・カマーの表情は忘れられない。