マスカレード・ナイト|フル動画を無料視聴【2作目】

マスカレード・ナイト

正反対バディがホテルからまた登場

シリーズ第2弾の映画『マスカレード・ナイト』のフル動画を無料視聴する方法を、シリーズ復習もプラスで一気に整理中。
今すぐ『マスカレード・ナイト』を見るなら動画リンクをチェック。
マスカレード・ナイト

原題:マスカレード・ナイト(「マスカレードナイト」) / 日本(2021年) / 日本公開:2021年9月17日 / 129分 / 制作: / 配給:東宝 / 前作:『マスカレード・ホテル』 


(C)2021 東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

動画
▼『マスカレード・ナイト』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る フル再生

VOD2 Huluで動画を見る 安全環境

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『マスカレード・ナイト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

エンタメは豊作です!
人生の退屈タイムが少し多い時は映画でエンターテインメント成分を増量します。動画配信サービスはそういうときのエネルギー飲料。元気になれる便利なツール。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、お好きな視聴を実現。アンケート調査によれば今では動画配信サービスの利用者はどんどん増えており、すでに普及率はじゅうぶん。あとは自分のベストを見つけるだけになってきています。「マスカレード・ナイト」動画へ直送。

無料はどんどん利用しよう!
無料のトライアルがあるならそれを放置することはできません。というよりもスルーしてしまうと無料になれません。2作目「マスカレード・ナイト」を観るだけでもいいですし、他の映画でもいいのです。その無料期間は映画をフル動画で鑑賞できます。制約はないです。ペナルティもありません。これはちゃんとしたサービスで用意されているものなのでズルではないのです。鈴木雅之監督の「マスカレード・ナイト」も好きなようにしてください。

「マスカレード・ナイト」はどこ?
勢いに乗ってくるとビデオオンデマンドサービスの配信が気になってしょうがなくなるのですが、木村拓哉出演の「マスカレード・ナイト」はいつもあるわけではないです。タイミングがあります。サブスクリプションサービスは一定のラインナップがあるわけではなく、変動するのです。そこでこのページでは配信サービスを整理しているので、ちょっとした参考に使えます。その利用は無料ですし、迷惑な広告もありません。最近はスマホなどは広告がうざいと思う人もいるでしょうが、ここにはそんなものはゼロ。長澤まさみ出演の「マスカレード・ナイト」を観ること・探すことに集中できるのです。どういうわけか映画というものはインターネットになると画質が下がるのではないかと思うかもしれません。でもビデオオンデマンドのフルサービスはクオリティもじゅうぶん。そもそもよほどの口うるさいビデオマニアでない限りは気にすることでもないのです。小日向文世出演の「マスカレード・ナイト」も快適に観れるでしょう。

『マスカレード・ナイト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『マスカレード・ナイト』は「Netflix」で見られる?


Netflixは日本映画がないと思っている人は認識をアップデートしないといけません。すでに状況は変わりました。『マスカレード・ナイト』含めていろいろな映画を揃えるのが動画配信サービスの勝ち残る秘訣。このサービスも例外ではないのです。まずは調べてみましょう。

『マスカレード・ナイト』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonで検索する際はプライム対象になっているかはよく確認をしてください。観れるにしてもプライム会員ではないと見放題にならないわけで、しかも扱われていないといけません。レンタル購入でもいいのであれば、話はそこまで複雑でもないかもしれませんが、チェックは大事。

『マスカレード・ナイト』でも不正動画はダメ


きっと誰にもバレない? そんなものは気休めにもなりません。『マスカレード・ナイト』の違法動画にしろ、そういうものは明白です。不正サイト動画は痕跡が残りますし、あなたは潔白を偽ることはできません。これは日本でも法律に反するのです。逮捕者も出ています。しかも自分の個人情報まで危険にさらすとなると、もはや最悪を超えて無言になるしかない絶望さです。そうなりたくないのであれば、『マスカレード・ナイト』を見るときには正規エリアを重視するのは当然でしょう。

▼『マスカレード・ナイト』無料動画を見る前に

『マスカレード・ナイト』のあらすじ


東野圭吾のベストセラー小説を木村拓哉と長澤まさみの共演で映画化した「マスカレード・ホテル」のシリーズ第2弾。原作小説のシリーズ第3作をもとに、ホテル・コルテシア東京に再び潜入した刑事・新田浩介と優秀なホテルウーマン・山岸尚美が難事件に挑む姿を描く。『マスカレード・ナイト』のエグゼクティブプロデューサーは臼井裕詞、プロデューサーは若松央樹、和田倉和利、日高峻。監督は鈴木雅之。小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、中村アン、田中みな実、石黒賢、沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子、高岡早紀、博多華丸、鶴見辰吾、篠井英介、石橋凌、渡部篤郎などが共演する。いつでもどこでも犯罪は起きるかもしれない。警察に届いた1通の匿名ファックス。それは警察に緊張感を走らせる。その内容は、都内マンションで起きた殺人事件の犯人が、大みそかにホテル・コルテシア東京で開催されるカウントダウンパーティ「マスカレード・ナイト」に現れるというショッキングなものだった。もし事実であればかなり危険なことになる。しかし大騒ぎすることで社会を混乱させて、加えて犯人を逃すということもしたくない。そこで警察は大きな網を張るしかないという結論に至った。パーティ当日、捜査のため再びフロントクラークとしてホテルに潜入した警視庁捜査一課の刑事・新田浩介は、コンシェルジュに昇進した山岸尚美の協力を得て捜査を進めていく。ところがこのパーティは普通に内容ではなく、500人の参加者は全員が仮装して顔を隠していた。つまり相手の顔はわからない。もし紛れ込んでいるにしてもそれを判断する手段は限られてしまうのである。そうはいってもホテルの立場もあってゲストを全員チェックするような失礼な態度はとれない。一方で犯人は今もこの瞬間にどこかに潜んでいる。限られた時間の中、素顔のわからない殺人犯を捕まえるべく奔走する彼らだったが…。

・石黒賢「氏原は、ホテルマンの権化のような、非常にストリクトな人物で、ホテルマンとはかくあるべしという信念を持った人ですね。ですから、お客様の前では常に微笑みを絶やさず、できないということは言わず、立ち居振る舞いも非常にエレガント。人前に出て、人から見られる緊張感を持っているといった意味においては、俳優とも相通ずる部分があるのかなと感じています」⇒引用:フジテレビュー!!

【タイトルミスしていませんか?】
「マスカレド・ナイト」「マスカレート・ナイト」「マスカレエド・ナイト」「マスカレード・ホテル2」

『マスカレード・ナイト』の感想(傑作?駄作?)

E:3.6,F:3.8,Y:3.46
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「マスカレード・ナイト」
●『マスカレード・ナイト』無料ホームシアター 
犯人の殺害動機や背景がやや薄いというのはいつもどおりです。この映画は基本ははいゆうのゴージャスさを楽しむだけに特化しているのでそこを文句言ってもしょうがないのです。警察もテキトーですから。今作は割と刑事側の話が比重大きめになっているのですが、キムタク成分はかなりのボリュームになっているのでは? ミステリーとサスペンスの合わせ技としてのインパクトは想定の半分くらいではあるのですけど。
●『マスカレード・ナイト』フリーナイトシネマ:f07603
続編モノですが過去作の説明はほぼなく、とんとんと進みます。前作はそこまで必須のものではないです。複数の場面がホテル内で多面的に進んでいく撮り方はホテルものでは定番ではあるのですが、日本キャストの安定感もあってそこにぐらつきはありません。犯人の予想はついても動機までは予想つかないだろうとは言えます。でもあの動機でいいのかとは思いますけど、映画がそこで考えさせずにスイスイと終わっていきます。
●『マスカレード・ナイト』フルホテル映画館:H-22
今作も多数の豪華俳優さんたちを起用。あの人も出てくる。前作を観ているからこそ、少しこの映画のパターンが分かってしまう面もあるのだけど、お約束を満喫している感じはあります。全体的にはコメディパートとサスペンスパートの配分がちょうどいいバランスだとは思いました。やりすぎるとダメですからね。中村アンとのダンスを見せられるのは踊れるアピールだけだったのか。そこだけは永遠のミステリーなのです…。