とんび(実写映画)|フル動画を無料視聴【瀬々敬久監督も無料で】

とんび

親子の絆が大人にさせてくれた

映画『とんび』のフル動画を無料視聴する方法を、誰でもわかるリストアイコン形式で紹介。
今すぐ『とんび』を見るなら動画リンクをチェック。
とんび

原題:とんび / 日本(2022年) / 日本公開:2022年4月8日 / 139分 / 制作: / 配給:KADOKAWA 


(C)2022「とんび」製作委員会

動画
▼『とんび』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る フル再生

VOD2 Huluで動画を見る 鑑賞高品質

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『とんび』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの映画も見逃しているなら!
邦画の公開数は非常に多いので全部を観るのは不可能です。だからこそサブスクリプションサービスは出番が増えています。足を運ぶ必要もなく、チケットをおさえることもなく、レンタルを返すこともない、この手軽さは何よりの売りです。スマホで見る人、テレビで見る人、パソコンで見る人、そんな需要にも多彩に答えられるのも大きな利点でしょう。実写映画「とんび」だけでない、幅広い映画動画を視聴するならこれを起点に考えてみるといいでしょう。

特に面倒なことなく、無料に!
オンライン動画配信サービスには無料期間トライアルがあるって聞いたけど…そういう関心も大歓迎。そのとおりです。直木賞作家・重松清のベストセラー小説の実写映画「とんび」を無料で見られるかもしれない、この無料トライアル。そうはいっても特別な限定ということではなく、ごく普通の初回利用者特典のようなものであり、最初の一定期間だけ支払いが生じません。これは期間が過ぎると有料の通常になります。阿部寛主演の実写映画「とんび」をその無料期間のうちに観るというのも選択としてあり得ますし、悪いことではありません。

「とんび」はどこ?
北村匠海出演の実写映画「とんび」をネット動画で見る、もしくはアプリで見る、そういう希望の場合はまずはビデオオンデマンドサービスの確認からです。候補はいっぱいあります。ひとつふたつではないでしょう。しかもややこしいことにそれぞれのサービスで配信は変化していくので自分で追いかけようとするとそれだけでも疲れます。ここはフルムビバースの情報整理に頼ってください。瀬々敬久監督の実写映画「とんび」の配信場所をアナウンス。しかもアイコンなので簡単に判明します。ではそのアイコンからどれを選べばいいのか、理想的なのは自分が使用したことのない動画サービスです。薬師丸ひろ子出演の実写映画「とんび」を無料期間トライアルで視聴できる可能性がグっと増えます。もし大方のサービスを利用したことがあるときはなるべく自分の好みの映画が多いものにするといいでしょう。サブスクリプションサービスはひとつを試して次のに移り変えてと交互に利用していくのもありです。そうやってローテーションで使用している人はかなり多いですし、効果的にコストを抑えることができます。

『とんび』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『とんび』は「Netflix」で見られる?


世界的に勢いが絶好調のNetflixは昔の映画も今の日本映画も揃っています。実写映画『とんび』を見つけたいときはタイトル検索をしてください。常にそこにあるわけではないですし、配信が無い時は何も表示されません。連絡してくれるような便利機能はありません。

『とんび』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonは見放題対象作品になっているかどうかが最重要です。『とんび』でもそうなっていなければプライム会員の無料期間トライアルも意味なしです。まずはブラウザでもいいので調べてください。作品に「prime」と表示されていないでしょうか。それを目印にするのです。

『とんび』でも不正動画はダメ


不正アップロードされた動画の区別がつかないと思っていませんか。『とんび』でもそんなものは明快です。正規のサービスではない場所にある映画動画は全部不正だと思ってください。『とんび』の映画があるように見せかけているケースもあります。それはあなたの時間を無駄に使わせるだけではなく、スパムへの誘導になってしまうという怖さもあります。それを自己責任で紹介するような違法リーチサイトも当てにしてはいけません。

▼『とんび』無料動画を見る前に

『とんび』のあらすじ


直木賞作家・重松清のベストセラー小説を、阿部寛と北村匠海の共演で実写映画化。『糸』『護られなかった者たちへ』の瀬々敬久監督がメガホンをとり、幾度途切れても必ずつながる親子の絆を描き出す。『とんび』のプロデューサーは天馬少京、ラインプロデューサーは田辺正樹、アソシエイトプロデューサーは中治人。薬師丸ひろ子(たえ子)、杏(由美)、安田顕(照雲)、大島優子(幸恵)、麻生久美子(美佐子)、麿赤兒(海雲)、濱田岳(広沢)、宇梶剛士(尾藤社長)、尾美としのり(萩本)、田中哲司(島野昭之)、豊原功補(編集長)、嶋田久作(出版社守衛)、村上淳(村田)、吉岡睦雄(葛原)、宇野祥平(トクさん)、木竜麻生(泰子)、井之脇海(健介)、田辺桃子(美月)などが共演する。昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。温かく平和な日本のどこにでもあるような環境。そこに普通の幸せに些細な喜びを感じている男がいた。運送業者のヤスは愛妻の妊娠に嬉しさを隠しきれず、姉貴分のたえ子や幼なじみの照雲に茶化される日々を充実したように過ごしていた。子どもが生まれるのは嬉しいのも当然かもしれないが、幼い頃に両親と離別したヤスにとって、自分の家庭を築くことはこの上ない幸せだった。今度は自分がしっかり家族を作っていくことができるのである。やがて息子のアキラが誕生し、周囲は「とんびが鷹を生んだ」とその祝福とともに騒ぎ立てる。ところがそんな矢先、妻が事故で他界してしまい、父子2人の生活が始まる。妻の事故死によって脆くも打ち砕かれる家族の平穏。親の愛を知らぬまま父になったヤスはこの状況に困惑してしまう。せっかく家族として幸せが待っていると思っていたのに…。何とか必死に仲間たちに支えられながら、不器用にも息子を愛し自分なりに育て続ける。時は流れ、高校3年生になったアキラは、東京の大学を目指し、苦労の末に合格を勝ち取る。だが、別居の寂しさを素直に伝えられないヤスは「一人前になるまで帰って来るな!」と不器用で粗暴な態度でアキラを突き放す。そして昭和63年、久々に再会したヤスと大人になったアキラだったが、そこで真相が明かされる。

・阿部寛「ヤスが歌うシーンがあるのですが、撮影時は、少しシーンの内容と歌詞に皆が正直違和感を感じていたんですが、実際の映像を見ると、その違和感を皆が補おうと助け合ったからこそ出る連帯感が何ともほのぼのとしたシーンになった。ほかにも結構そういうシーンがあり、それが映画に程よいバランスを生んでいる」⇒引用:映画.com

【タイトルミスしていませんか?】
「トンビ」「鳶」「とんひ」

『とんび』の感想(傑作?駄作?)

E:3.7,F:3.8,Y:3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「とんび」
●『とんび』無料ホームシアター
昭和だ。これを昭和の一言で共有できてしまうのは日本人の武器だ。きっと何十年後かはその昭和の意味もわからなくなるくらいに世代が変わってしまっているだろうけど、今はそういうことで片付けておこう。主演の阿部寛が頑固一徹オヤジそのもので、愚直に前に進んでいく。クサい話を、ここまでクサく描くと、なかなかサッパリスッキリしてくるのではないかと思うし、こういう汗臭さも周りにいないなら無害ではあるので呑気でいられる。
●『とんび』フルトンビシネマ:f07707
薬師丸ひろ子は目を合わせない演技で最高だった。北村匠海は天性の声で魅せてくれる。昭和親父っぷりが突出していてアキラの存在感が薄くなっているのは欠点かもしれない。昭和ノスタルジーの親父ファンタジーであり、現実味はない。理想化されすぎているところはある。テレビドラマのようにエピソードで綴る昭和の人情ものなので、映画らしさや豪華さを期待するべきではないかもしれない。そういうスケールはないのです。
●『とんび』フリービントムービー:T-4
携帯もスマホを持たない頃の日本人の生活の濃さは逆に新鮮で、それはそれで苦労や楽しさが詰まっている。個人的にはもっと観ていて身を切られるような痛みや苦さがあるのかと思っていたけどわりとそんなに重くない。ちょっとセリフや行動が芝居がかっているので、これはクセとして受け止めるしかないと思う。これを映画で成立できるのは今の日本だけであり、すでに孤立している感じはする。10年後には存在しない映画かも。