ドリームプラン|無料動画をフル視聴【ウィル・スミス主演作も無料で】

ドリームプラン

破天荒な父の常識破りな行動の行方は…

映画『ドリームプラン』のフル動画を無料視聴する方法を、面倒な説明無しで簡潔に紹介中。
今すぐ『ドリームプラン』を見るなら動画リンクをチェック。
ドリームプラン

原題:King Richard / アメリカ(2021年) / 日本公開:2022年2月23日 / 144分 / 制作:Westbrook Studios / 配給:ワーナー・ブラザース 


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

動画
▼『ドリームプラン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕あり

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『ドリームプラン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画にいつでも参観!
夢のような映画館を自宅に作れたら嬉しいのですが、サブスクリプションサービスを利用していつでも見れるホームシアター感覚の体験を楽しむことはできます。夢心地になれるでしょう。「ドリームプラン」以外でもいくらでも映画はあるので観きれないほどです。毎日1作を鑑賞しても追いつかないのでエンターテインメントに不足するという状況は発生しないと思います。後はあなたの趣味を広げてください。

無料は夢のようだけど!
オンライン動画配信サービスは多くの場合は無料期間トライアルがあり、一定期間だけはそのまま支払い無しで使用を開始できます。世界最強のテニスプレイヤーと称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹の育成ストーリーを描く「ドリームプラン」を鑑賞するのでもいいし、他の配信映画を見てもいいです。無料というのは本当にタダということです。ただし、無料であっても最初の登録時に支払い方法を入力しないといけません。ユーザーの本人確認にもなります。レイナルド・マーカス・グリーン監督の「ドリームプラン」もどうぞ。

「ドリームプラン」はどこ?
フルムビバースはただのビデオオンデマンドサービス紹介サイトではありません。ウィル・スミス主演の「ドリームプラン」の配信しているVODを更新を交えながらリストアップしているので鮮度があります。よくある他のサイトは情報が放置されていることが多く、5年前の情報しかないということもあります。そういう事態を避けられるのがここのメリットです。アーンジャニュー・エリス出演の「ドリームプラン」はそんなに希少な作品ではないのでサブスクリプションサービスで見ることも困難ではないです。それでもどれで見るべきか悩むことはあります。ここに掲載されているアイコンを見つつ、最終的には自分が利用していないサービスを選択する方が無料動画に近づくでしょう。もし全てのサブスクリプションサービスを利用済みというならばそれは無料動画にならない可能性が高いですが、映画自体は観れます。サナイヤ・シドニー出演の「ドリームプラン」以外の映画も合わせながら検討するのもいいでしょう。

『ドリームプラン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『ドリームプラン』は「Netflix」で見られる?


Netflixは『ドリームプラン』を鑑賞できるのか。その状況は日々変動することに留意しましょう。今日と明日でも違ってきます。もっと言えば映画自体の扱いはかなり変わってしまうので常に見れるという感覚は持たないほうがいいです(オリジナル映画でない限りは難しいです)。

『ドリームプラン』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonは映画を字幕で見られるのか吹き替えで見られるのか、そこが少し面倒で、再生画面で切り替えるタイプになっていない映画もあるのです。こういう場合は映画を選ぶ時点で字幕か吹替かに分かれています。『ドリームプラン』はどちらのパターンなのかは検索すればわかります。

『ドリームプラン』でも不正動画はダメ


世界中に違法動画サイトはいくつあるのか。その数は数えきれないほどです。なので油断できません。『ドリームプラン』の不正動画は珍しくなく、それで視聴しようとするとあなたは大きなリスクにさらされます。スマホが壊れたりする程度であればまだ軽傷です。個人情報が盗まれてアカウントを乗っ取られるなどの被害になると損失は評価しきれません。『ドリームプラン』の動画は安全に正規で見るべきです。

▼『ドリームプラン』無料動画を見る前に

『ドリームプラン』のあらすじ


ウィル・スミスが主演を務め、世界最強のテニスプレイヤーと称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を世界チャンピオンに育てあげたテニス未経験の父親の実話を基に描いたドラマ。『ドリームプラン』の製作にはティム・ホワイト、トレバー・ホワイト、ウィル・スミスが名を連ねる。監督は『ジョー・ベル 心の旅』のレイナルド・マーカス・グリーン。アーンジャニュー・エリス(オラシーン・ウィリアムズ)、サナイヤ・シドニー(ビーナス・ウィリアムズ)、デミ・シングルトン(セリーナ・ウィリアムズ)、トニー・ゴールドウィン(ポール・コーエン)、ジョン・バーンサル(リック・メイシー)、ミケイラ・ラシェ・バーソロミュー(タンディ・プライス)、ダニエル・ローソン(イシャ・プライス)、レイラ・クロフォード(リンドリア・プライス)、ディラン・マクダーモット(ジョージ・マッカーサー)などが共演する。リチャード・ウィリアムズの情熱を捧げる目標はふとしたことから見つかった。見事に優勝したテニスプレイヤーが4万ドルの小切手を受け取る華々しい姿をテレビで見たのである。自分たちは黒人である。そう簡単に夢が叶うようなことはない。それでもこうやってスポーツで実績をあげることで世界は有無を言わせずに自分たちを認めるに違いない。そして自分の子どもを一流のテニスプレイヤーに育てることを決意する。しかし、テニスの経験がない彼にできることはそんなにない。なんとか必死にテニスのあれこれを覚え始め、独学でテニスの教育法を研究して78ページにも及ぶ計画書を作成し、これに基づいて娘たちを育成することを考えつく。ギャングがはびこるカリフォルニア州コンプトンの公営テニスコートがその練習の場であった。来る日も来る日も練習をする。さらに向上するためにベテランのコーチにアピールする。最初は半信半疑だった業界人もその娘たちのスキルを見て見直し始める。周囲からの批判や数々の問題に立ち向かいながら少しずつ目標に近づくべく奮闘する父のもと、自由に育てられた姉妹はその才能を徐々に開花させていく。

第94回アカデミー賞で主演男優賞を受賞し、作品賞・助演女優賞・脚本賞・編集賞・主題歌賞にノミネートされた。

【タイトルミスしていませんか?】
「キング・リチャード」「キングリチャード」「ドリーム・プラン」

『ドリームプラン』の感想(傑作?駄作?)

E:3.8,F:3.9,Y:4.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「ドリームプラン」
●『ドリームプラン』無料ホームシアター
普通に非常識な行動ばかりのイカれた親父であるのだが、同時に普通ではないだけで、常識ではないだけで、そんなに普通や常識というものは大事なのかとも考えてしまう。この映画の中では娘たちのテニスプレイヤーとしての意思はあまり描かれないのでわかりにくいが、その行動がなんにせよ娘のやりたいことを後押しはしてくれている。それにしてもあの状態からの才能が伸びていくというのはよほど持っているものがあったのだろう。
●『ドリームプラン』フルプランシネマ:f07710
テニス未経験の父親がいかにして娘2人を世界のトッププレイヤーに育て上げたのかというひとつの疑問に答えを出す。面白いなと思うのはこの父親はテニスに詳しいのかというとそれほどでもない。熱血なのかというとそうでもない。かなり微妙なバランスで成り立っている。歪さを評価しろというわけではなく、こういう父の在り方を理想としているわけでもない。もしすべてが結果で決まるとしたらやはりこれは成功なのだろうか。
●『ドリームプラン』フリーテニスムービー:D-17
観る前はもっと独善的に振舞っているのかと思ったら娘の遊びを許すなどおおらかな側面もある。それよりもスポーツ育成の環境施設の方がよほど管理にうるさい。ああいうプログラムって本当にスポーツ・アスリートの育成になるのか、ちょっと疑問だなと思う。リチャードの利己的とも言える振る舞いを裏付ける理由が明かされるシーンはいろいろあるのだが、そこには人種差別もあるので日本人がとやかく言えることでもないだろう。