すんドめ(1作目)

シリーズ第1弾。Hな学園ドラマが始まる

映画『すんドめ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画と関係ないサイトに誘導はしていません。
今すぐ『すんドめ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:すんドめ / 製作:日本(2007年) / 日本公開:2007年11月20日 / 81分 / 制作: / 配給:ティーエムシー / 次作:『すんドめ2』

『すんドめ』 劇場予告編

(C)岡田和人(ヤングチャンピオン)2006 (C)2015「すんドめ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】多機能視聴
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『すんドめ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡散中!
日常にちょっとした刺激を見せてくれるドキドキな作品は大人向けの面白さが詰まっています。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスが心強い味方になるでしょう。このサービスはスマホでも見れるので、ひとりでこっそり楽しむなら便利。アダルトな作品を専門に扱っているものもあるので、さらなる本格的な刺激を求めているなら、そちらと併用するのも役に立つでしょう。ユーザーの欲望を叶えてくれるサービスです。

「無料」で感謝!
その通常の利点に加えて、無料お試しサービスという形式で動画視聴を含む機能を試せる、初利用者の救援サポートも用意済みです。これはアカウント登録時点をスタートに一定期間、動画視聴などのサービスコンテンツを無料で使いまわせるもので、機能が著しくセーブされることもなく自由です。「試用と聞くと何か不十分なテストのような印象を受ける」と思っている人もいるでしょう。しかし、実際は何も制約もない完全なフルサービスを試せるものなので、そんな心配は全く気にすることはないと言えます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「すんドめ」の再生はダメです。そもそも、そうした悪質なサイトにわざわざ「無料」というワードに釣られて手を出すこともありません。なぜならそれよりもはるかに優れた正規のサービスが存在するからです。デメリットしかないサイトを利用する価値は微塵もないです。タダより安いものはないですが、危険より魅力な安さというものもありません。安心を一番に選んでおきましょう。

これに決めた!
「(*^▽^*)わーい!動画の山盛りでテンション爆上がりだぞ~」そのモチベーションは体感者のみの限定特権です。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。「すんドめ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。世間に蔓延しているリーチサイトは特定の誘導だけを狙ったもので、有害な場合も多いですが、フルムビバースは違います。なお、サブスクリプションのラインナップはことさら変動しやすいです。本日の配信情報の確認は必須ですのでサイトへGOです。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「見せたくない作品があるのだけど使い分けできるのかな?」という諸事情への配慮。例えば小さいお子さんには視聴は適切ではない作品もあるでしょうし、完全な大人向け作品であればコンテンツのサムネイル一覧に並んでいるのも不適切です。また、自分の視聴履歴が他人に見られるのは不快だという人もいます。VODの中には同一料金でアカウント分けができるという親切機能を備えたものもあるので、揉め事を回避して平穏に共有することができます。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一般的に認知されているフィルタリングという手法がありますが、これであれば特定のリストアップされたサイトをブロックできます。しかし、防げるのはほんの一部に過ぎないので抜け穴だらけです。最も大事なのは適切なサービスをクローズアップして、何よりも目立つ存在にさせること。正規のものにスポットライトをあてることで困っている動画業界を支援もできるので「すんドめ」合法視聴方法を拡散しましょう。

表現規制を避けるなら
「あれれ…なんか前に観た時と内容が違っているような…そもそもあのシーンが消えている?」そういう風に思った時は規制によってカットされたかもしれません。とくに暴力的なシーンは映画には多いものですが、子どもには少々キツイ内容ですので、制限がかかるのはやむをえません。でも大人は普通に見たいものです。逆にそこを楽しみにしたいと思う人も大勢います。VODはそのような編集はないので大丈夫。ネット特性を生かしてアカウント切り分けによる対処で子どもと大人の住み分けをしています。「すんドめ」も無規制で。

海賊版サイトは無料ではありません
一部の無料で映画をずる賢く観ようとするユーザーに伝染しているのが海賊版サイトですが、そんな利用者は知らないところで損害を受けています。不正プログラムも蔓延しているので、個人情報リストがダークウェブ上で売買されていることが調査機関によってたびたび報告されています。「すんドめ」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

『すんドめ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『すんドめ』をさらに知る

同名コミックをグラビアアイドルの鈴木茜と新人・二宮敦の主演で映画化したエロティック青春ストーリー。何の希望もない毎日を、漫然と過ごしていた青年が美少女と出会い、彼女の精神的な奴隷となることで、苦痛の中にある痺れるような快感に目覚めていく姿をコメディチックに描く。プロデューサーは純春人。退屈な毎日を送る冴えない童貞高校生・英男の前に美人転校生・胡桃が現われ、一瞬でメロメロになってしまう。その無邪気に振る舞われる刺激の数々は思春期の少年にはツラすぎた。しかし、その子には裏の顔があり、なすすべもなく“オナニー禁止”を誓わせてくる。そんなキツイ欲求不満状態に陥り、サディスティックに挑発を繰り返して反論もできない奴隷と化した英男をどこまでもいたぶり続けるが…。

★スタッフ
監督:宇田川大吾
脚本:宇田川大吾、仁志原了
撮影:吉田淳志

★キャスト
鈴木茜、二宮敦、次原かな、高田健一、岩間天嗣、吉川けんじ、末野卓磨、津田耕作、冬本ジュー、広岡和樹、入江麻友子、齋木亨子、小林三四郎、温水洋一

★『すんドめ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????1.9
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)

★『すんドめ』の感想

●映画無料夢心地
内容は察しのとおり、小中学生の考えるエロいシチュエーションを盛り込んだ、どうしようもなくくだらないエッチ系コメディです。あくまでギャグなので、真面目に考えれば考える人ほど、全く恐ろしいほど向いていません。純粋無垢なエロ心を理解できる人が密かにこっそり見て楽しむものなのです。それがわからない人はすぐさまターンして帰りましょう。これは人を選ぶ、ひとつの踏み絵みたいなものであり、試練です。余裕でクリアできればOKです。
●DAILYMOTION  
男という不憫な生き物は「女子高生」というものにありえない理想を抱くもの。そんなはずはない。私の憧れるあの素敵な男性はそんなことを考えていない! そんな風に必死に擁護しても無駄である。見た目がどうであろうが、中身の欲望は同じでドロドロなのだ。男は「下心を隠すのが上手い奴」と「下心を隠すのが下手な奴」の2種類がいるだけなのだ。そんな世の中の男が懸命に隠しているモノをあっけらかんと開放していく、そんな作品がこれである。
●SHAREVIDEOS 
1.5倍速でちょっとエッチなとこだけ通常速度で見ることをおすすめします。そういう欲望丸出しな需要を満たすための映画なのですから。女性視点で見るとなんてくだらないんだと思うでしょうが、女性向けのイケメンだらけ映画も男性視点で見ればだいたいこんなノリですからね。結局は、男も女も性を願望でしか見られないものなのかな。凄いのはこの作品シリーズ、続編がたくさん作られ、リメイクも作られていること。人間の欲望は底なしなのか…。