聖地X|無料動画をフル視聴【入江悠監督作も無料で】

聖地X

想像を絶する悪夢が始まる

映画『聖地X』のフル動画を無料視聴する方法を、クリアなリコメンデーションでいつでも整理中。
今すぐ『聖地X』を見るなら動画リンクをチェック。
聖地X

原題:聖地X / 日本(2021年) / 日本公開:2021年11月19日 / 114分 / 制作: / 配給:ギャガ、朝日新聞社 


(C)2021「聖地X」製作委員会

動画
▼『聖地X』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 安全再生

VOD2 Huluで動画を見る 低速無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『聖地X』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あんな映画も見つかる!
劇場で毎年公開される数は膨大です。毎月でも100作を超える映画が日々登場しています。全部を見ている人はいないと思いますが、じっくりひとつを狙っていても「これも見たかったのだけど…」と思っていた人もいるでしょう。そこでオンライン動画配信サービスを活用してください。これなら見逃しの映画をスマホ、パソコン、タブレット、テレビと好きなように鑑賞することができます。これで自由気ままにフル満喫する難易度は下がるでしょう。映画「聖地X」もお楽しみに。

無料は聖地のような気分!
サブスクリプションビデオオンデマンドという代物に無料期間があるのを知っていますか。入江悠監督の「聖地X」でもそのチャンスはいつでも訪問できます。しかし、全部のサービスではないので注意。また、期間の長さはサービスごとで違うものです。それでも映画動画を観るのに有効性はじゅうぶんすぎるでしょう。なにせ無料です。動画が数分程度ということではなく、しっかりフルなので満足度は保証済みです。岡田将生出演の「聖地X」の動画に手を伸ばすのは簡単でしょう。

「聖地X」はどこ?
どうせ映画を観れるにしても「聖地X」の動画を観て、その後は解約ができないということじゃないの?…そんな疑り深い人も安心。ここのサービスは退会がしやすいです。該当アプリ(ダウンロードしたもの)のアンインストールではなく専用ページ(たいていはアカウントの設定)から手続きをしてください。川口春奈出演の「聖地X」鑑賞後でも何も問題はないですし、無料期間中でもOKです。こちらでは利用を続けるように強引に推奨したりしません。しかし、他にも映画はあるのでこれでおしまいというのはもったいないことも多いでしょう。渋川清彦出演の「聖地X」が逃げることはないですが、配信が無かったり、変わってしまうということは起きます。なのでこのフルムビバース内の作品ページ(ここのことです)で掲載しているアイコンに注目してください。

『聖地X』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『聖地X』は「Netflix」で見られる?


Netflixは映画の聖地みたいなものでそれだけの数があちこちにあれば映画ファンでなくても満足度はあがるものです。『聖地X』でも期待するでしょう。タイトルで検索すればそこで配信されているかはわかります。もし無い場合は新作配信のタイミングを待つというのもありでしょう。

『聖地X』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


多くの人々がマーケットとして利用しているショッピングサイトのAmazon。『聖地X』でも配信しています。ただし、ブラックフライデーのようなお得な期間でもデジタル映画が安くなるということはあまりありません。ポイントもデジタル商品には利用できないことは多いので注意です。

『聖地X』でも不正動画はダメ


自分には安全のための知識があるから…。そういう認識は大きな命とりになることがあります。『聖地X』を観れますよと不正サイトが言っていてもその手招きについていっていけません。呪いよりも怖い惨劇が待っているだけです。不正なプログラムはその地に潜む悪しき呪縛のようなもので、こちらで足掻いてもあまり効果はなし。そうしているうちに動画からは遠ざかり、最悪の場合は地獄のような経験をして帰るだけになります。『聖地X』の動画を観るならそれだけの使いやすい公式があるのですから、そちらにしましょう。

▼『聖地X』無料動画を見る前に

『聖地X』のあらすじ


『22年目の告白 私が殺人犯です』『AI崩壊』『シュシュシュの娘』の入江悠監督が、岡田将生と川口春奈の共演で描いたホラー映画。劇作家・演出家の前川知大が主宰する「劇団イキウメ」の同名人気舞台を映画化し、オール韓国ロケで製作された。『聖地X』のエグゼクティブプロデューサーは飯田雅裕と紀伊宗之、プロデューサーは小出真佐樹と小杉宝。渋川清彦、山田真歩、薬丸翔、パク・イヒョン、パク・ソユン、キム・テヒョン、真木よう子、緒形直人などが共演する。夫との生活に嫌気が差した要はここにはいられないと日本を飛び出し、兄・輝夫が暮らす韓国の別荘を訪れる。輝夫は父親が遺した別荘のある韓国に渡り、誰にも邪魔されない悠々自適の引きこもりライフを満喫中だった。突然の来訪に驚く輝夫だったが、要の夫のだらしなさを聞き、結婚生活に愛想をつかした妹の心の傷が癒えるまで一緒に過ごすことを決める。しかし、奇妙な出来事に遭遇する。韓国の商店街で日本に残してきた夫の滋を見かける要。そんなことはあり得ないはずなのになぜか目の前でそれが起こっている。その後を追ってたどり着いたのは、巨大な木と不気味な井戸を擁する和食店。その雰囲気は明らかに異様で、まるでここにいてはいけないような恐れさえも感じる不気味さ。そして無人のはずの店内から姿を現したのは、パスポートはおろか着の身着のまま、記憶さえもあやふやな滋だった。状況はかなり深刻であることはわかるが、説明のしようがないので困惑するしかない。そんな兄妹は「聖地X」と呼ばれる、奇妙な力の宿った未知の土地に、知らずに足を踏み入れてしまっていたのだが、まだその事態をよく理解はしていない。そこに入った者は精神を蝕まれ、謎の死を遂げていくという。その死に抗う方法を求めて多くの人が苦労をしているが、有能な祈祷師も太刀打ちできず、恐怖が伝染していく悪夢はひたすら続く。忌々しい土地に根付く“約束された死”から逃れるべく奔走する輝夫と要だった。終わりなき負の連鎖を断ち切るため、強力なムーダン(祈祷師)がお祓いを試みるも、封印された“気”の前には太刀打ちできない。このままでは自分たちも簡単にこの恐怖に飲み込まれてしまう。この地に宿るのは神か、それとも悪魔か。彼らはここで繰り返されてきた数々の惨劇から逃れ、果てしなく増幅し続ける呪いから解放されることはできるのか。

・岡田将生「現場では日本とは少し違う空気感があって、入江監督がこの作品の撮影場所を日本ではなく、韓国を選んだ理由がわかった気がしました。作品にマッチしていて、少し重々しいんです。また、日本のスタッフの方だけではなく、韓国のスタッフの方が入ることで、いい緊張感も出ますし、いい経験をさせていただいたな、と思っています」⇒引用:シネマトゥディ

【タイトルミスしていませんか?】
「聖地エックス」「整地X」

『聖地X』の感想(傑作?駄作?)

E:2.8,F:3.4,Y:2.58
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)
「聖地X」
●『聖地X』無料ホームシアター 
なんだこれ…が正直な最初の感想でした。みんなそう思うはずです。だって…形容しがたいストーリーじゃないですか。ホラーをベースにコメディ、ミステリー、アクションとジャンルがころころ変わるという七変化であり、どこをどうセットしておけば観客の気持ちは安定するのか、それもわからなくなる。なるほど舞台っぽい作品だなと理解できるくらいには狭いロケーションで上手く話が進むようになっており、舞台劇の映画らしいです。
●『聖地X』フルエックスシネマ:f07642
劇団イキウメの原作なので「太陽」の時に近いです。全編韓国ロケで描かれる韓国摩訶不思議体験物語はなかなかに韓国要素は遊び程度ではあるのですが、ちょっと邦画ではみられない雰囲気を出せてはいたと思います。抽象的に暈した表現の中で過程や変化を咀嚼していくのがこの原作の味なので、その点ではこの映画はそういうスタンスを崩していませんし、しっかり映画化しようという意気込みを感じられました。人は選ぶのは確かです。
●『聖地X』フリーセイチムービー:X-10
ドッペルゲンガー現象を解釈できるのかという挑戦。いや、これはもはや無謀なチャレンジか。女の子にハイパーラジオ体操みたいなのをやらせるのは完全な監督の趣味なのだろうか。川口春奈のプールサイドでの謎踊りが最大の見どころであるのは言うまでもなく、これしか印象に残らないと言われても無理はないだろう。狙っているとしか思えないからである。監督がただ単に韓国ノワール・ホラーが好きだからというあたりもバレバレだ。