PR

アントマン&ワスプ|フル無料動画期間は?【2作目】

アントマン&ワスプ
映画『アントマン&ワスプ』のフル動画を視聴する方法を、前作もセットでミニマムに整理中です。今すぐ『アントマン&ワスプ』を見るなら動画リンクをチェック!危険な無料動画はゼロです。
アントマン&ワスプ

原題:Ant-Man and the Wasp(「アントマン2」「アントマンアンドワスプ」) / アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年8月31日 / 118分 / 制作:Marvel Studios / 配給:ディズニー / 前作:『アントマン』 / 次作:『アントマン&ワスプ クアントマニア』

動画
▼『アントマン&ワスプ』の動画リンク▼

【×】
【×】
【×】
【×】
【×】
YouTubeで予告動画を見る
メイキング動画を見る

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2023/11/15時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
dTV ▼dTV
Amazon ▼Amazonビデオ
Crank ▼クランクイン!ビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV
Disney ▼Disney+

▼『アントマン&ワスプ』の動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !
3.『アントマン&ワスプ』動画を視聴

今からでも遅くはない!
大人気マーベル作品ともなればなるべくおさえておきたいもの。しかし、関連作の多さからまずその時点で挫折しそうになります。そこで動画配信サービスです。いくつかのサービスは初回無料のキャンペーンでもらえるポイントを駆使して、マーベルのような有名作でも実質タダで鑑賞できることができます。加えて、サービスの中には、マーベルの最新作公開に合わせて特集として、一挙見放題の豪華な企画を実施していることも。これは見逃している人も多いので、あえてこのタイミングに合わせてサービスに登録するのがオススメです。さらにサービスによっては、劇場で使える割引クーポンの存在もあります。つまり、映画館でも無料鑑賞のチャンスです。「アントマン&ワスプ」動画へ直送。

アリのような一歩から!
では新作映画がネット配信されるようになったタイミングで、どの動画配信サービスで視聴できるのか。エバンジェリン・リリー出演の「アントマン&ワスプ」へもGOです。いち早く知りたければこのページで確認しましょう。配信を確認するとページ内で具体的なサービスをレコメンドします。あとは該当する動画リンクを見て実際の配信をチェックするだけです。もちろん登録は済ませましょう。サービス自体はこのように簡単に視聴できるので安心してください。字幕と吹き替えに関してはアメコミ映画のクオリティは全体的に高く、今作も心配する声はないので気にする必要はないでしょう。お好みのものをチョイスすればいいと考えられます。動画配信サービスでの視聴時はどちらも選べるので、問題はありません。ペイトン・リード監督の「アントマン&ワスプ」もアリ。

映画を観たいからといって…
イリーガルな手法での視聴は基本的とか関係なくオススメしません。それでポール・ラッド出演の「アントマン&ワスプ」の鑑賞はダメです。法的な問題以前に、そもそも見られないケースが多く、視聴環境も悪いです。ビデオオンデマンドサービスとは比べ物にならないものです。そういうので満足なんてできるわけもありません。最近はかなり悪質な広告も表示されるなど、多方面で問題がありますので、確実な手法を利用しましょう。法令的にも選ぶべき動画は明白です。マーベルシネマティックユニバース「アントマン&ワスプ」も健全に。

ホームシアターのススメ
家に映画館のスクリーンサイズを用意するのは豪邸の城に住んでいる人だけができることですが、ホームシアターなら実現は不可能ではありません。それも今ではお手頃価格になっているのです。スマホやPCなんてちっぽけな存在に思えてくる最高水準の環境。劇場に無料で通えるようなものなので、毎日が上映会。世界が一瞬で変わります。ウォルトン・ゴギンズ出演のMCUシリーズである「アントマン&ワスプ」も最高級に。こうなってくるといかにしてそのリッチシアターを組み上げるか。無料ホームシアターとはいきませんし、コストは低いわけでもありません。でも価値はあります。大型家電店に行って実際の機器を見てイメージを膨らますのもいいでしょう。2作目「アントマン&ワスプ」は絶対に大画面がグッドです。

『アントマン&ワスプ』または関連作の動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年7月27日時点での『アントマン&ワスプ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「TELASA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『アントマン&ワスプ』動画を見る前に

『アントマン&ワスプ』のあらすじ


小さいアイツに頼もしい仲間!? マーベルコミック原作で「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する映画「アントマン」のシリーズ第2作。体長1.5センチにまで小さくなることができる奇想天外なヒーローのアントマンと、同じく伸縮自在な戦うヒロイン、ワスプの活躍を描く。『アントマン&ワスプ』の製作総指揮はルイス・デスポジート、ビクトリア・アロンソ、チャールズ・ニューワース、スタン・リー。監督はペイトン・リード。ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、エバンジェリン・リリー(ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ)、マイケル・ペーニャ(ルイス)、ウォルトン・ゴギンズ(ソニー・バーチ)、ボビー・カナベイル(ジム・パクストン)、ジュディ・グリア(マギー)、ティップ・“T.I.”・ハリス(デイヴ)、デビッド・ダストマルチャン(カート)、ハナ・ジョン=カーメン(エイヴァ/ゴースト)、アビー・ライダー・フォートソン(キャシー)、ジミー・ウー(ランドール・パーク)、ミシェル・ファイファー(ジャネット・ヴァン・ダイン)、ローレンス・フィッシュバーン(ビル・フォスター)、マイケル・ダグラス(ハンク・ピム)などが出演する。元泥棒でバツイチの少し頼りないヒーロー、アントマンことスコット・ラングは、2年前にアベンジャーズの戦いに参加したことが原因で、いまはFBIの厳しい監視下に置かれ、自宅軟禁という辛い毎日を余儀なくされていた。しかし、愛する娘のためにもこの不自由に耐えて、なんとか平穏な生活に戻りたいと心に決めている。しかし、そうは上手くいかなかった。あと3日でFBIの監視から解放されるという日、スコットの前に、アントマンのスーツの開発者で彼をこの世界にいざなったハンク・ピム博士と、博士の娘のホープ・ヴァン・ダインが現れ、ある質問をする。それはスコットが体験した出来事に関係しており、2人が極秘に進行させていたある計画に協力するよう要請される。そして、そんな彼らの前に、ピム博士の価値のある研究技術を狙った、壁をすり抜けるの謎の敵ゴーストが現れ…。物語の結末は『アントマン&ワスプ』の動画からぜひどうぞ。

『アントマン&ワスプ』の感想(傑作?駄作?)

フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「アントマン&ワスプ」
●『アントマン&ワスプ』無料ホームシアター 
アントマンは見ていっぱつでわかる異色のヒーローで、それも単純、体のサイズを自由自在に変化するという、日本人であれば特撮心をくすぐる能力の持ち主です。そんな映画ですから話も単純明快。複雑な人間ドラマや壮大な国家対立、テロリズムといった暗すぎるテーマはなくして、じつに楽しいエンターテインメントに仕上がっています。2作目となるこの映画もその部分は継承しつつ、純粋にパワーアップしているので素直に楽しめるでしょう。
●『アントマン&ワスプ』ユナイテッドシネマ 
アリの男がまたもや帰ってきました。「インフィニティウォー」では姿を見かけなかった彼の存在。実はある理由がある…。ここからはネタバレになるから言えないですけど、これはかなり必見の作品です。それにシンプルで楽しい映画ですから、誰でも楽しめるのもいいですね。嬉しいところは他にもあって、日本のあのキャラクターも登場します。予告動画で出ていますが。とくに悩むことなく楽しめる作品なので、フリーな気持ちで鑑賞できます。
●『アントマン&ワスプ』イオンシネマ 
そうくるのかという内容。予想していたことは起こるし、いつものアントマン。でもそういうラストを見せるのかという捻り。さすがマーベル。本当に恐ろしい。これはどこまで狙ってやっているのか不明ですが、そうとう観客は翻弄させます。事前に色々予想はされていましたが、ここまでとは。観た方はぜひネタバレをせずに感想を広めていってほしいです。これから見る人のためにも。そうじゃないと面白さも台無しになってしまいますから。

(C)Marvel Studios 2018