PR

パディントン|危険な無料動画は使わずに!【1作目】

パディントン
映画『パディントン』のフル動画を視聴する方法を、安心整頓で示しています。今すぐ『パディントン』を見るなら動画リンクをチェック!危険な無料動画はゼロです。
パディントン

原題:Paddington / イギリス・フランス(2014年) / 日本公開:2016年1月15日 / 95分 / 制作:ヘイデイ・フィルムズ、スタジオカナル / 配給:キノフィルムズ / 製作費:5500万ドル / 興行収入:2億8800万ドル / 次作:『パディントン2』 

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2024/02/06時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『パディントン』の動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !
3.『パディントン』動画を視聴

それは誰でも使える手段!
独自な設定で観客を魅了し、世界で高い評価を得たファンタジードラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は同じです。ウェブサイトにアクセスして動画を見るだけ。ネット配信ならば、スマホでも見れるので外出先にちょっと時間があいたら観るのもOK。家でスケールの大きい大画面で鑑賞するのもOKです。1作目「パディントン」動画へ直送。

おもてなしは任せてください!
動画配信サービスの多くには無料視聴可能なトライアルが用意されています(無いものもあるのでそこは忘れないでください)。エモーショナルな笑いもたくさん詰まっている「パディントン」でも鑑賞可能ですが、これはつまり無料期間であれば扱っているサービス内の動画が見れるということ。そもそも扱っていない場合は観れませんのでご了承ください。ポール・キング監督の1作目「パディントン」を探すうえでの話は以下の部分で詳細に解説をしています。

「パディントン」はどこ?
まず「パディントン」を探すための手順ですが、こちらの作品ページでアイコンをチェック。それだけでいいのです。後は配信されているものの中から自分の好みのサービスをチョイスしましょう。ここでは変に推薦することはしません。誘導のようになってしまうからです。あなたの判断を尊重します。サリー・ホーキンス出演の「パディントン」だけでいいならそれでOKですが、他の映画も観るならその部分も考慮してください。配信情報は変動しますのでここでも情報をアップデートしています。しっかり役に立つように日々考えています。ここのレコメンド文章も大きく変更されることがあるのはユーザーの最も欲しているサービス案内に合わせて調整をしているからです。ジュリー・ウォルターズ出演の「パディントン」は高画質が最高ですが、ビデオオンデマンドサービスはそこも抜かりありません。

『パディントン』または関連作の動画を探すには上記のリンクへ

『パディントン』は「Netflix」で見られる?


配信されていたことはあるので、たとえ今は配信終了していてもNetflixで再び見られるようになることもあるでしょう。『パディントン』を確認するときは続編もあることを忘れないようにしてください。2作目から見てしまうと世界観をゆっくり楽しめないのでぜひ1作目から入るといいです。

『パディントン』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonはクマでも使いこなせるほどに魅力的なサービスだと思いますが、『パディントン』探しは少し苦労するかもしれないです。配信は見つかってもそれが見放題なのかレンタル購入なのかの区別が初心者にはわかりにくいのです。こうなってしまわないためにも初歩は理解しておきましょう。

『パディントン』でも不正動画はダメ


違法性の高い動画はもう壊滅していると思っているなら大間違いで、『パディントン』であろうともしっかり狙ってくる狡猾さです。こういうものは無知を餌にしており、まんまと騙すためなら何でもしてきます。美味しい話をぶらさげることもあるので動画を観れないかと焦っている人はとくに引っかかりやすいのです。それを防止するには最初からオフィシャル以外を利用しないという慎重姿勢で解決できます。『パディントン』もぜひそうしてください。

『パディントン』配信ログ

  • 2019年12月24日時点での『パディントン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『パディントン』動画を見る前に

『パディントン』のあらすじ


ロンドンにやってきました、クマです。1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化。『パディントン』の製作総指揮にはロージー・アリソン、ジェフリー・クリフォード、アレクサンドラ・ファーガソン、オリビエ・クールソンなどが名を連ねる。監督はポール・キング。ヒュー・ボネビル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ピーター・キャパルディ、ニコール・キッドマンなどが出演する。真っ赤な帽子をかぶった小さな熊が、ペルーのジャングルの奥地からはるばるイギリスのロンドンへやってきた。その理由は故郷の家が壊れてしまったことであり、新しい新天地での生活を夢見ていたのであった。そこは紳士の場所で、みんなが優しいと信じているこの熊は純真。さっそく駅にたどりつくも、意外と人は冷たく、自分のことを気にしてもいない。しかし、家を探し求める彼は、親切なブラウンさん一家に出会い、駅名から「パディントン」と名付けられる。珍しいものがたくさんあり、目移りしてしまうが、その発見よりも温かい家の存在が安心感を与える。ブラウンさんの家の屋根裏に泊めてもらうことになったパディントンは、近所の人と挨拶をしながら、この地での生活の拠り所を見つけるためにあれこれと動いていく。まずは仮住まいから安定の住処を見つけないといけない。いろいろなトラブルの中でもかつての親しい人の記憶を頼りに、早速家を探し始めるが、初めての都会暮らしは毎日がドタバタの連続。しかも、自分を狙ってくる謎のハンターまで現れて、事態はとんでもない大騒動へと発展していく。物語の結末は『パディントン』の動画からぜひどうぞ。

【タイトルミスしていませんか?】
「パデントン」「バディントン」「ハディントン」

『パディントン』の感想(傑作?駄作?)

E:3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「パディントン」
●『パディントン』映画無料夢心地
想像してた以上にパディントンが可愛い。行動のいちいちが若干アホなのだけど、そこがまたキュート。ちょっとくまのプーさんっぽいですね。ファミリー向けの映画には違いないけれど、ちょっとしたというかガッツリパロディが入っていたり、無茶苦茶なクマやニコマンにニヤニヤする大人も楽しめるよい作品です。ドタバタしたピタゴライッチシーンもごちゃごちゃせず割と把握出来るし、かなりこの監督の腕が光っていました。
●『パディントン』TOHOシネマズ
小さい頃読んでた本がこうやって映画になるってだけでもすごく興奮する。毎回思うけど、やっぱジュリーウォルターズって演技の幅広いなぁ。パディントン可愛すぎ。犬抱いてエスカレーター使うシーンは悶えるほど。家族が1つになっていくのも素敵。ロンドンの名所シーンも多くて良い。日本人としてはなじみが薄い移民・難民問題が比喩的に表現されているけど、異種動物に置き換えたことで、目線を少し引いて考えられた。
●『パディントン』109シネマズ  
キッズ向けという表面上の看板を掲げつつも、実際は移民問題を扱っている巧みな作品です。パディントンは完全に外国からやって来た移民ですから。それを偏見もなしに温かく迎え入れる家庭と、そんなパディントンが慣れない異国の地で必死に信頼を得て、前を向き、進もうとする姿。まさに今の欧米全体の縮図になっています。そういう意味ではとても教育的で子どもに見せたい作品でもあるわけです。ウェルカム精神と助け合いこそが大事。

(C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited