ブラックフィッシュ / Blackfish|無料動画をフル視聴【ドキュメンタリー】

水族館の人気者はなぜ飼育員を襲ったのか

映画『ブラックフィッシュ』のフル動画を無料視聴する方法を探索してレコメンド! 紹介サイトは他よりも充実しています。
今すぐ『ブラックフィッシュ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Blackfish / アメリカ(2013年) / 日本未公開(アメリカ公開日:2013年7月19日) / 83分 / 制作: / 配給:

動画
▼『ブラックフィッシュ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高画質

VOD2 Huluで動画を見る 解約簡単

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/09/28時点。

Amazon ▼Amazonビデオ

▼『ブラックフィッシュ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

衝撃のあの作品も!
社会の奥底で人に知られることなく起きている問題にカメラを向けて解説してくれるドキュメンタリーは勉強になります。そんな知的好奇心をくすぐられる作品をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使できないか検討してみましょう。劇場公開されていない作品でもネット配信ならば扱っているものも意外に多く、チェックしてみると自分の気になる作品が見つけることができます。たくさんあるのでしばらくは時間を持てあますことはないです。「ブラックフィッシュ」動画へ直送。

「無料」より安いものなし!
利用者の生の声として目立つものは「無料お試しで思っていた以上に動画が見まくれた!」というテンション高めのもの。ドキュメンタリー「ブラックフィッシュ」もどうぞ。サービスを無料で満喫で来たら最高なのにと思っている人の願望を叶えるかのごとく、初回に限り、一定の期間を設けて無料であれこれを試せるというサポートが備わっています。「大事な瞬間に解約できないのは大問題だ!」「そういうことになったら絶望ですよ!」それはそのとおりで、お試し期間中に解約ができないまま過ぎれば結局は無料から有料になってしまい、無意味。でも解約は自由にちゃんとできます。ガブリエラ・カウパースウェイト監督の「ブラックフィッシュ」もアリ。

ダメ動画にご用心!
なお、巷に溢れる残酷に権利を貪っているイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ネイチャードキュメンタリー「ブラックフィッシュ」もダメです。「私のiPhoneはセキュリティが万全だから大丈夫って聞いた」それは嘘です。大きな勘違いだと言ってもいいかもしれません。どんなメーカーの機器でも必ず脆弱性があり、深刻なリスクの修正も間に合わないこともあり、自分のあずかり知らぬところで大ダメージを受けていることも否定できません。「聞こえますか。今、未来からあなたの脳内に語りかけています。合法な動画を見るのです。運命の分かれ道です」…戯言じゃないです。「ブラックフィッシュ」も正しく。

「ブラックフィッシュ」はどこ?
ムラムラと沸いてくる観たいという欲望を我慢するのは体によくありません。ストレスにするくらいならさっさと観ましょう。ドキュメンタリー「ブラックフィッシュ」へGO。注目してください。いきなり何か。それは動画洪水警報です。なにせ動画量は尋常ではなく、普通に漁っていると日が暮れてしまいます。そこで何かしらの支援があると便利なのですが。水族館について考えさせられる「ブラックフィッシュ」フル動画を視聴できるVODはどれか。こちらの作品情報ページに掲載中のビデオオンデマンドサービス配信アイコンはいつの時期の状態を示すのかというと、上部に記載している記事更新日時点のものです。さすがにリアルタイムでシンクロはできないのでご了承ください。類似サイトとの比較をするなら、このページではサブスクリプションサービスでもフェアレコメンドを最重視。特定のフリートライアルビデオ・オンリーで勧誘することはせず、あくまで情報提示のみです。「ブラックフィッシュ」は少し見つけにくいので気を付けましょう。ビデオ・オン・デマンド特有の映像コンテンツ(オリジナル作品)など、複合的な視点でサービスをチョイスするのもアリです。

「ブラックフィッシュ」無料動画?
ショッキングなドキュメンタリー「ブラックフィッシュ」を無料で見ようというのは考えたくなることですが、でも著作権関連まわりの法律を無視することだけはやめてください。例えば、「Pandora」「Miomio」「dailymotion」「BiliBili」「mixdrop」「clipwatching」…ざっと挙げてしまいましたが、こういうサイト群はまるで獰猛に狂暴化してしまった動物のようにコンテンツに襲い掛かり、不正サイトへと変貌し、拡散しているのです。それを知らずに「これも正規の動画かな?」と思うのは危険すぎます。もちろんYouTubeなどにドキュメンタリーなんかでは公式提供の動画があったりすることもなくはないのですが、それはレアケースなので注意です。「ブラックフィッシュ」もまずはオフィシャルを探す。これは基本のステップなのです。

『ブラックフィッシュ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年9月13日時点での『ブラックフィッシュ』の動画配信
  • 「Amazonビデオ」です。

▼『ブラックフィッシュ』無料動画を見る前に

『ブラックフィッシュ』のあらすじ


水族館で飼育中に数人を死亡させたシャチの”ティリクム”に迫ったドキュメンタリー。監督兼製作のガブリエラ・カウパースウェイトは、シャチの驚くべき生態、悲惨な飼育状況、トレーナーたちの人生と失われた命、数十億ドル規模の水族館産業が彼らにもたらすプレッシャーについて探り、その事件の裏側を解き明かそうとする。ショッキングな映像や感情に訴えるインタビューを集めたことでわかったのは、悲しい事実。痛ましく、緊張感漂うストーリーは人間と自然の関係について共存の意味を考えさせるだけでなく、高い知能や鋭い感覚を持つ身近な哺乳動物から、我々人間が何も学んでいないことを痛烈に知らしめる。

『ブラックフィッシュ』の感想

フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「ブラックフィッシュ」
●『ブラックフィッシュ』無料ホームシアター  
この事実を知らなかった自分が情けない。私たちは水族館で生き物を見るのが楽しいと勝手に満足していたけど、当の生き物たちは何を思っていたのだろうかと考えてしまう。シャチショーをシーワールドで見るのが人生の夢の一つだったけど、この映画を見て全てのシャチを自然に戻してあげたいと無力ながら思った。この問題はきっと水族館だけじゃなく、動物園やペットショップなどでも同じことだと思うし、可能な限り救いたいですよね。
●『ブラックフィッシュ』TOHOシネマズ  
公私を問わず動物たちと関わる、すべての人に観て欲しいドキュメンタリー映画であります。単に動物愛護を訴えた映画ではないので、ぜひ食わず嫌いせず見てほしいです。2010年にフロリダの水族館でシャチが女性トレーナーを食い殺した事件の全容を探る。タイトルの「Black Fish」はインディアンによるシャチの呼び名で、敬意を表すようだ。水族館のシャチの背ビレが曲がっている理由を知れば、日本のシャツだって見方が変わる。
●『ブラックフィッシュ』ユナイテッドシネマ  
観てよかったと思う。鳥肌がたった。何にも考えずにショーを観てた自分を恥じる気持ち、シャチたちに対する悲しい気持ち。そして、トレーナーの苦悩が伝わってくる。確かに普通では見れない生き物が動物園や水族館で気軽に観れるのは嬉しい。でも自分が大自然の中に入って、そこで遭遇する野生の生き物の素晴らしさと美しさ、または畏敬の念には到底勝てないし、それがあるべき姿だ。ショーは許されるべきか、答えは出ない。
●『ブラックフィッシュ』109シネマズ 
このドキュメンタリーは、シャチやイルカをショーに使うシーワールドに対して批判的な立場で、その事件の真相をセンセーショナルに掘り下げていく映画です。調教師がシャチに襲われた事件は過去に数十件もあるが、野生のシャチが人間を襲った事例は一件もないという事実が切実に突き刺さる。制作側は明らかにシーワールドを悪として描いていて、中立性を欠いているが、そもそもドキュメンタリーはそういうものですからね。