モービウス / Morbius|無料動画をフル視聴【字幕&吹替】

モービウス

ダークヒーローか、それとも闇の魔物か…

映画『モービウス』のフル動画を無料視聴する方法を、気軽に見られるようにリスト化で紹介。
今すぐ『モービウス』を見るなら動画リンクをチェック。
モービウス

原題:Morbius / アメリカ(2022年) / 日本公開:2022年4月1日 / 104分 / 制作: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 


(C)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

動画
▼『モービウス』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る 字幕or吹替

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『モービウス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

見逃した人の助け舟に!
エンターテインメント大作はできれば劇場のハイクオリティ保証環境で鑑賞したらいいと思います。ゆったりと席に座りながらの鑑賞は最高です。しかしそうはいかないときはどうするのか。まずそこで考えるのはオンライン動画配信サービスです。これが今の時代の定番。スマホで見るのもいいですが、可能であればテレビに接続するか大きなモニターで鑑賞していきたいところでしょう。ジャレッド・レト主演の「モービウス」を視聴するならやはり迫力は大切です。

無料の出血大サービス!
既存のサブスクリプションサービスの多くでは無料期間トライアルが設定されており、一定期間のうちはそのままサービスを無料で利用できます。もし「モービウス」を鑑賞するならそれでじゅうぶんかもしれません。この無料にデメリットはないです。無料動画と言えども画質を下げられたり、再生中に広告を強制表示するようなことはありません(一部のサービスは広告がでてくるものもあります)。ダニエル・エスピノーサ監督の「モービウス」の動画をフル体験できるのはお得でしょう。

「モービウス」はどこ?
自分の見たい映画を扱っているVODを探す時はこのフルムビバースを役に立ててください。マット・スミス出演の「モービウス」の配信も簡単にわかります。アイコン整理になっているので長いテキストを読む必要もなく、それでいて複雑なリンクをたらい回しにされることもないです。アドリア・アルホナ出演の「モービウス」の動画が見つかったら後は見るだけですが、無料でいきたい場合はなるべく自分が利用していないサービスをセレクトするべきです。そうしないと有料として通常のスタートになります。もしあなたが過去に同一のサービスを利用しているときは無料になりません。それを確認するにはまずはあなた自身が過去の利用を覚えていないといけません。しっかりメモをしておきましょう。ジャレッド・ハリス出演の「モービウス」の鑑賞が終わったら後は自由にしてください。他の映画を観るのもいいでしょう。同じ俳優の出演作を調べていけばそこから映画の関心は広がっていきます。

『モービウス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『モービウス』は「Netflix」で見られる?


『モービウス』はソニー映画であり、マーベル映画でもあるので、権利が複雑です。Netflixは歴史的に日本ではソニー作品を多数扱っていますが、それがいつまで続くかもわかりません。権利をめぐる状況は契約によって変化するものです。そうした事情を覚えておきましょう。

『モービウス』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonであれば『モービウス』を字幕や吹替で鑑賞するのもラクチンです。字幕動画と吹き替え動画が別ページ扱いになっていることもあるので、そのあたりは混乱をしないように。事前にどちらで観たいのかを決めておかないといけません。途中変更はしづらいかもしれません。

『モービウス』でも不正動画はダメ


『モービウス』は不正動画で鑑賞しようとしてはいけません。これはあらためて厳重注意をしておきます。自分は上手くやれるなどという自信過剰は大きな命取り。最悪を生むだけです。違法動画コンテンツはあなたの言い訳をどうしようともアウトなものであり、正当化できません。ファスト映画のようなものも同じです。『モービウス』の動画を正規で見られる場所だけを紹介しているフルムビバースのような公正さを遵守するサイトを頼ってください。

▼『モービウス』無料動画を見る前に

『モービウス』のあらすじ


スパイダーマンの敵役として登場するマーベルコミックのキャラクターであるモービウスを実写映画化し、『ヴェノム』を含むソニーズ・スパイダーマン・ユニバースのシリーズに連なる一作。『モービウス』の製作はアビ・アラドとルーカス・フォスター。監督は『ライフ』のダニエル・エスピノーサ。血に飢えたバンパイアと人々の命を救う医師という相反する2つの顔を持つ主人公マイケル・モービウスを、オスカー俳優のジャレッド・レトが演じる。マット・スミス(マイロ)、アドリア・アルホナ(マルティーヌ・バンクロフト)、ジャレッド・ハリス(ニコラス)、アル・マドリガル(アルベルト・ロドリゲス)、タイリース・ギブソン(サイモン・ストラウド)、マイケル・キートン(エイドリアン・トゥームス)が共演する。天才医師のマイケル・モービウスは、幼い頃は孤独だった。血液の難病を患っていたため、ずっと病院のベッドで過ごすしかなかったのである。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロは、そんなマイケルにとっては数少ない話し相手であり、同じ病気の人が次々と命を落としていく中、自分たちはなんとか健康を取り戻したいと願っていた。今や医師となったマイケルにとって治療法を確立するのはなおも難しく、頼みの綱となるのはある手段だけ。それはとあるジャングルの洞窟で発見されたコウモリを用いた血清であった。この血清の危険性はわからない。しかし、血清を投与する以外に道はない。やむを得ず自らの肉体を実験台にして試験することにするが、その影響は計り知れないものだった。なぜかマイケルの肉体は激変し、驚異的な素早さで移動し、容赦のない暴力性を発揮する。さらには飛行したり、周囲の状況を察知するレーダー能力まで身につき、たったひとりで傭兵部隊を壊滅できるほどだった。しかし、その大きな代償として血を飲みたいという欲求が止まらなくなり、この体の維持に苦労する。病気の苦しみからは解放されたが、別の苦しみが肉体を蝕む。これでは治療とは言えない。人工血液を飲み、薄れゆく人間としての意識を保つマイケルは苦悩していた。しかし、マイロの反応は違った。何でもいいのでこの不自由から解放されたいと願っていたマイロはその血清を投与してほしいと希望し、強引にその能力変化を手に入れ、しだいに狂気に沈んでいく。それは殺人を発生させ、マイケルは自分が犯した取り返しのつかない悲劇と向き合い、友人に牙を向けないといけなくなる。

【タイトルミスしていませんか?】
「モービス」「モウビウス」「モビウス」

『モービウス』の感想(傑作?駄作?)

E:3.3,F:3.6,Y:3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)
「モービウス」
●『モービウス』無料ホームシアター
「ノーウェイホーム」からのマルチバースでMCU(マーベルシネマティックユニバース)とフワフワしつつも密接になってきましたね。次回はアメイジングスパイダーマンなのか、それはわかりませんが、期待はしたくはなります。今回はそれ以上の接続は無いのでそこまで複雑ではありません。そういう意味ではかなり視聴はラクです。あれも鑑賞しておかないといけないということもなく、スッキリしてこのダークヒーローに向き合えます。
●『モービウス』フルモービシネマ:f07702
私は「ヴェノム」よりも好きだったかな。こういうダークサイドな作品が好きな人はハマる。アクションシーンのエフェクトがカッコよく、ヴィランもわかりやすい、例えるならスパイシーなスナックみたいなものであり、パクパク食べられる。ちなみにそんなにバイオレンスではないので、血とか見たくない人でも平気です。主人公は血を飲んでいるのですが、残酷な描き方はあんまりないです。輸血パックから飲んでいる律儀さですよ。
●『モービウス』フリーレトムービー:M-15
コウモリのDNAがコンセプトだから音波とか波形で状況を探れる。この人、ライブ会場とかにいったらどうなるんだろうと思ったけど、それは気にしないでおこう。主演のジャレッド・レトは年齢を感じさせない麗しさを拝むのです。絶対にこの人は手術はしないよねっていうくらいの長髪ヘアで歩いてます。これでも医者ですが、こんな医師に治療してもらうのは怖い。見るからにダークなオーラを放っているし、夜行性という感じがするし…。