ほんとうのピノッキオ|フル動画を無料視聴【イタリア映画も高画質で】

ほんとうのピノッキオ

ちょっと闇深いピノキオの世界へようこそ

映画『ほんとうのピノッキオ』のフル動画を無料視聴する方法を、悪質な広告は排除してクリーンに紹介中です。
今すぐ『ほんとうのピノッキオ』を見るなら動画リンクをチェック。
ほんとうのピノッキオ

原題:Pinocchio / イタリア(2019年) / 日本公開:2021年11月5日 / 124分 / 制作: / 配給:ハピネットファントム・スタジオ 


(C)ARCHIMEDE SRL – LE PACTE SASLE PACTE SAS

動画
▼『ほんとうのピノッキオ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳済み

VOD2 Huluで動画を見る 日本語訳

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『ほんとうのピノッキオ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

知らない映画に出会える!
動画配信サービスは未知の映画に出会う場所として利用することもできます。なんとなくラインナップを眺めているだけでも楽しいものです。ネット配信は画質が低いと思っているかもしれませんが、その認識はもう古いものです。今では高画質を普通に視聴できるシステムが揃っています。これはスマホでもパソコンでもタブレットでもテレビでも基本的には動揺なので、自由自在にあなたの満足がいくまで楽しんでください。「ほんとうのピノッキオ」動画もどうぞ。

無料お試しは魔法ではありません!
ビデオオンデマンドサービスが無料になるなんて魔法じゃあるまいし…確かにこれは魔法ではありません。実写映画「ほんとうのピノッキオ」を正規で観ることができる、きちんとした方法です。一定期間の無料トライアルなのでそれが終われば有料になります。しかしその間でも退会もできますし、継続するかの判断はあなたがしていいのです。マッテオ・ガローネ監督の「ほんとうのピノッキオ」を観た後は他の映画を観てもいいですし、別の動画配信サービスに移動しても構いません。

「ほんとうのピノッキオ」はどこ?
サブスクリプションビデオオンデマンドを活用したいと決心しても問題になるのはどこに「ほんとうのピノッキオ」があるのかという問題。これは難問でしょうか。いいえ、簡単です。このページでアイコンで整理しているのですぐに判明します。次に疑問なのはどれを使うべきか。複数のアイコンがあったとしてどれを選ぶべきかはあなたが決めてください。こちらでは押し付けしません。ロベルト・ベニーニ出演の「ほんとうのピノッキオ」を観るにあたってまだ利用していないサービスがあるなら初回利用者のメリットを活かせると思います。ありとあらゆる動画サイトでもこちらで紹介しているのはしっかりした運営で安全と安心が保証されているものだけです。リンクにはアンテナサイトやランキングサイトのようなものはありません。フェデリコ・エラピ出演の「ほんとうのピノッキオ」だけを見るのでも他の映画をプラスで観るのでもとにかく自分の動画配信サービスをセレクトしてからが始まりです。

『ほんとうのピノッキオ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『ほんとうのピノッキオ』は「Netflix」で見られる?


映画のバラエティは動画配信サービスの強みですがNetflixも多彩な国の映画が揃っています。なので『ほんとうのピノッキオ』の配信もじゅうぶんに考えることができます。タイトル検索の際は正確に入力をしてください。そうしないと配信があっても上手く表示されないこともあります。

『ほんとうのピノッキオ』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


Amazonはトップページにある映画だけが配信扱いというわけではありません。検索すればわかるのですが、他にも無数の作品があるもので、『ほんとうのピノッキオ』でも期待をできます。見放題になっているのかは話が別です。これは作品サムネイルなどに「prime」とあるかどうかでチェックできます。

『ほんとうのピノッキオ』でも不正動画はダメ


世の中には便利なサイトだけではないです。こちらに害を与えるものもあり、言うまでもなく唐突に危害を加えてくるわけで、『ほんとうのピノッキオ』の動画を鑑賞できると見せかけているだけのものも平然とあります。こういう違法性の強いものは特徴があり、基本的には不正広告が多いということが挙げられます。広告ブロックツールでも防止はできませんので自分はOKだと勘違いをしないようにしてください。『ほんとうのピノッキオ』もオフィシャル・オンリーで視聴することを強く推奨します。

▼『ほんとうのピノッキオ』無料動画を見る前に

『ほんとうのピノッキオ』のあらすじ


ディズニーの名作アニメーション「ピノキオ」でも有名な児童文学「ピノッキオの冒険」を、『ゴモラ』『五日物語 3つの王国と3人の女』『ドッグマン』などで知られるイタリアの鬼才マッテオ・ガローネ監督が、美しくも残酷なビジュアルで彩りながら映画化したダークファンタジー。『ほんとうのピノッキオ』の製作総指揮はアレッシオ・ラッツァレスキ、ピーター・ワトソン、マリー=ガブリエル・スチュワート。ロベルト・ベニーニ(ジェペット)、フェデリコ・エラピ(ピノッキオ)、ロッコ・パパレオ(ネコ)、マッシモ・チョッケリニ(キツネ)、マリーヌ・バクト(妖精)、ジジ・プロイエッティ(人形劇一座の親方)、アリーダ・バルダリ・カラブリア(妖精;幼少期)、マリア・ピア・ティモ(カタツムリ)、マッシミリアーノ・ガッロ(カラス)、ジャンフランコ・ガッロ(フクロウ)、ダビデ・マロッタ(バッタ)、テコ・セリオ(裁判官)などが出演する。貧しい木工職人のジェペット爺さんは豊かではない生活の中で今日もなんとか仕事を得ようと頑張っていたがそう上手くいくものではなかった。そこでたまたま見かけた人形劇一座からアイディアをもらい、自分も人形を作ってみようと思いつく。そこで丸太から人形をさっそく作っていく。それは子どもくらいの見た目の人形。しかし、不思議なことにその人形は命を吹き込まれたようにしゃべり始め、しかも歩くこともできた。この奇跡にジェペット爺さんは大はしゃぎするが、ピノッキオと名付けられた、そのやんちゃな人形は世間を知らず、常識もわかっていないので好き勝手な行動をとることが多い。学校へ行くこともなく、ピノッキオは人形劇を見物するが、そこでトラブルを起こしてしまう。ジェペットのもとを飛び出し、導かれるように人里離れた森の奥深くへと分け入っていってしまったのが問題だった。さらにはなんだかよくわからない怪しい2人組にそそのかされてやってはいけないこともやってしまう。ピノッキオには善悪の区別はわからない。「人間になりたい」と密かに願うピノッキオは、人間が何なのかという疑問の答えを手に入れることもできないままにただ出会いを重ねる。道中で出会ったターコイズブルーの髪を持つ心優しい妖精の建設的な言いつけも、おしゃべりコオロギの人生のためにあるはずの忠告にも耳を貸さず、ひたすら思うがままに冒険を続けるが…。

第93回アカデミー賞では衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネート。

【タイトルミスしていませんか?】
「ほんとうのピノキオ」「本当のピノキオ」「本当のピノッキオ」「ほんとうのピノッチオ」

『ほんとうのピノッキオ』の感想(傑作?駄作?)

R:83,I:6.2,M:64,E:3.7,F:3.7,Y:3.25
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「ほんとうのピノッキオ」
●『ほんとうのピノッキオ』無料ホームシアター
アニメの方は子ども向けになっているからどことなくおどけた感じで可愛らしさもあり、歌でノリノリにさせてくれるというバランスになっているけど、この映画にはそんなものはゼロである。幻想性の中にダークなテイストが広がり、不気味さは強烈。でも不思議なことにそこまでホラーにはなっていない。それはこの映画には優しさがあるからなのだと思う。私たちは物語からそういうものを学びとっている。この童話も同じことなのである。
●『ほんとうのピノッキオ』フルピノキオシネマ:f07633
ゾクゾクするような映像センス。カタツムリのあれはもはやホラーに見えるのですけどすぐに笑いに変えられてしまうという面白さもあってその映像は禍々しさを上手くコントロールしている。あの後半の人食い巨大鮫も本当に恐ろしい化け物であるが、その後に出会う人面魚のシュールさで相殺されるので絶妙だ。妖精だけがどんどんと成長していく中でピノッキオだけが取り残されていく孤独感が強調されているのも上手いと思う。
●『ほんとうのピノッキオ』フリーガローネ映画館:P-4
マッテオ・ガローネ監督の映画が好きなのですが、これはベストでした。もう最高です。美術としての才能が完璧に構築されているのでこれだけでもそこらへんの美術館見学以上の価値はあります。童文学「ピノッキオの冒険」はもともと暗めの話になっているのですけど、これは別の方向で光を照らしてくれたのだと思います。ラストのエンディングまわりも好きで、あそこで溢れる温かさに胸がいっぱいになってきます。良い映画です。